FC2ブログ
洋楽の歌詞をAAで表現 オムニバス編Vol.01


色々なバンドの曲を詰め込んだオムニバス編。
本来はこの4倍の長さの予定だったけど、
とりあえず完成していたヤツをアップした。
久しぶりのアップだから緊張するなぁ。
スポンサーサイト



テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

【2011/02/05 07:54 】
洋楽翻訳 | コメント(4) | トラックバック(0)

by a

面白かったです!続きもあれば見たいです!

by 順之助

ありがとうございます!
続きはいつか公開します。
でもまだ構想の段階です!!

by a

この前コメントしたものです。順之助さんの動画のおかげでsparksとqueenのアルバムを買いました!素敵なバンドを知ることができてとても嬉しかったです!有難うございました!
私的なことをコメントしてすいません。

by 順之助

僕の動画のおかげで
元曲のファンが増えるというのは嬉しいですね。
作った甲斐があるというものです。

これからも私的なコメントお待ちしております。

コメントを閉じる▲
Queen “You And I”
暗闇に響く音楽
揺れるランタン
影がゆらゆら
胸がドキドキ
君と二人きり

今夜はダメ
明日にしよう
明日は素晴らしい日になるよ
ダメダメ
明日にしよう
だってこれから月光を待つんだよ
月の光を浴びながら歩いていこう
月に照らされた散歩さ

暗闇に響く笑い声
過ぎ去る日々を懐かしむ人々
君と一緒だと時間を忘れる
しばらくいてほしいな

未来がどうなるかなんてわからないよ
人生がどうなるかなんてわからないよ
でも僕らはずっと一緒だよね?
これからどうなるの?
教えてよ
わからないんだ

今夜はダメ
明日にしよう
明日のほうがうまくいくよ
待っていれば
きっと明日は
今夜みたいな幸せな気持ちになれるよ
月の光を浴びながら歩いていこう
月に照らされた散歩さ

暗闇から音楽が聞こえてくるよ
僕らは優しく包みこまれる
心配ないさ
今夜は楽しもう
君と二人きりなんだ
君と二人きりなんだ




45分14秒より “You And I”

翻訳について
・「People drinking for days gone by」を直訳すると
 「過ぎ去った日々に乾杯する人々」となる。
 「過ぎ去った日々」に「乾杯」する理由は懐かしいからだろう。
 したがって「過ぎ去る日々を懐かしむ人々」と訳した。
 「過ぎ去った」ではなく「過ぎ去る」にしたのは単に語感の問題。

動画について
・エウレカAAを使ったのは「とぅるとぅるとぅるとぅるぅ」をやりたかっただけ。
・作った後で月光つながりだと知った。
・個人的にはエウレカセブンよりホモホモ7の方が好き。

コメント
・この曲を取り上げたのは「とぅるとぅるとぅるとぅるぅ」をやりたかっただけ。
・ジョンらしい優しい曲。しかもQueenらしい。
 こういうのを隠れた名曲と呼ぶのだろう。



翻訳したQueenの曲一覧

閉じる

テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

【2010/10/11 09:23 】
洋楽翻訳 | コメント(1) | トラックバック(0)

by Who are you?

The Loser In The Endの歌詞の良さがわからんとはお子様ですなぁ

コメントを閉じる▲
祝☆10000再生


ついに再生数が10000を越えた。
他の投稿作品と比べてもケタ違いだ。
それだけ好評なのだろう。
とても嬉しいことだ。

コメントも楽しく読ませてもらっている。
突っ込みどころ満載の動画だからこそ、
突っ込みコメントが嬉しい。

みんな、アリガトウ!

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:サブカル

【2010/04/29 15:07 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
Queen “Another One Bites the Dust”
あいつは慎重に道を歩く・・・・・・
周りには目もくれない・・・・・・
足音しか聞こえてこない・・・・・・
待ち受けているのは暴力・・・・・・

覚悟は・・・・・・覚悟はできているのか・・・・・・?
まだ自分の地位にしがみついているのか・・・・・・?
外に出れば戦場だ・・・・・・
命がけなんだ・・・・・・

まだ誰かが死ぬ・・・・・・!
まだ誰かが死ぬ・・・・・・!
また誰かが・・・・・・誰かがいなくなる・・・・・・!
まだ誰かが死ぬ・・・・・・!
おい・・・・・・お前も道づれだ・・・・・・!
まだ誰かが死ぬんだ・・・・・・!

あんたがいなくなっても・・・・・・
オレはうまくやっていけるだろうか・・・・・・
お前等はオレの全てを奪い去り・・・・・・
オレは居場所を失った・・・・・・

あんたは幸せか・・・・・・?
満足しているのか・・・・・・?
あとどれくらい耐えられるんだ・・・・・・
外に出れば戦場だ・・・・・・
命がけなんだ・・・・・・

まだ誰かが死ぬ・・・・・・!
まだ誰かが死ぬ・・・・・・!
また誰かが・・・・・・誰かがいなくなる・・・・・・!
まだ誰かが死ぬ・・・・・・!
おい・・・・・・お前も道づれだ・・・・・・!
まだ誰かが死ぬんだ・・・・・・!

まだ誰かが死ぬ・・・・・・!
まだ誰かが死ぬ・・・・・・!
まだ誰かが死ぬ・・・・・・!
まだ誰かが死ぬ・・・・・・!

黙れ・・・・・・!

人を痛めつけて・・・・・・
地に這わせる方法などいくらでもある・・・・・・
玩具のように扱って・・・・・・
壊れたらサヨナラってか・・・・・・

だがオレには・・・・・・オレには覚悟ができている・・・・・・
自分の足で立っているんだ・・・・・・
外に出れば戦場だ・・・・・・
命がけなんだ・・・・・・

まだ誰かが死ぬ・・・・・・!
まだ誰かが死ぬ・・・・・・!
また誰かが・・・・・・誰かがいなくなる・・・・・・!
まだ誰かが死ぬ・・・・・・!
おい・・・・・・お前も道づれだ・・・・・・!
まだ誰かが死ぬんだ・・・・・・!

決戦だ・・・・・・!




41分39秒より “Another One Bites the Dust”

翻訳について
・「bite the dust」とは、「土ぼこりを噛む=負ける、死ぬ」という意味。
・後述の理由により固有名詞を訳さなかったり意訳したりしている。

動画について
・動画作成当時、実写版「カイジ」の公開が近かったので思いついた。
・鉄骨渡りでは人が死にまくっているので曲のイメージと合う。
・ベースもある意味ざわざわ。
・でもカイジを知らないとサッパリな動画。
・第三の爆弾というイメージが強いが、あえてジョジョネタにはしなかった。

コメント
・ここからジョンのターン。
・アメリカで最も売れた曲。
 でもこの曲の成功で調子に乗って「Hot Space」なんか作っちゃった。



翻訳したQueenの曲一覧

閉じる

【2010/04/01 19:20 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
Queen “Sheer Heart Attack”
お前さぁ
まだ17じゃん
ただ消えてしまいたいだけじゃね
お前の頭がカラッポってことじゃん
お前のやり方じゃ全然ダメだわ

デオキシリボ核酸のせいじゃん
遺伝のせいでこうなったんじゃん

お前に、お前に、お前に
俺の気分が分かるのか?
お前に、お前に、お前に
俺の気分が分かるのか?

なんかぁ
心臓麻痺なんだけどぉ
なんかぁ
心臓麻痺なんだけどぉ
マジでぇ
心臓病っぽくね

苦しくて・・・
息が・・・息が・・・息が・・・息が・・・
息が・・・息が・・・息が・・・息が・・・
できねぇ・・・

なんてゆうか、なんてゆうか、なんてゆうか
麻痺ってるカンジ
別に、別に、別に、別にビビってねーよ
テレビつけたんならずっと観とけよ

デオキシリボ核酸のせいじゃん
遺伝のせいでこうなったんじゃん

お前に、お前に、お前に
俺の気分が分かるのか?
お前に、お前に、お前に
俺の気分が分かるのか?

なんかぁ
心臓麻痺なんだけどぉ
なんかぁ
心臓麻痺なんだけどぉ
マジでぇ
心臓病っぽくね

苦しくて・・・
息が・・・息が・・・息が・・・息が・・・
息が・・・息が・・・息が・・・息が・・・
できねぇ・・・

俺の気分が分かるのか?
お前に、お前に、お前に、お前に
俺の気分が分かるのか?

お前に、お前に、お前に
俺の気分が分かるのか?
お前に、お前に、お前に、お前なんかに
俺の気分が分かるのか?

なんかぁ
心臓麻痺なんだけどぉ
なんかぁ
心臓麻痺なんだけどぉ
マジでぇ
心臓病っぽくね




38分13秒より “Sheer Heart Attack”

翻訳について
・「Sheer heart attack」を訳すと「マジで心臓発作」となると思われる。
・若者言葉で訳されているのはそのため。
・どんな状況の歌なのかは不明。だってロジャーだし。

動画について
・ガリガリいってる曲なので、ダディがガリガリ文字を書くAAを採用した。
・ジョジョ的には第二の爆弾なのだが、分かりづらいので不採用とした。
・「心臓発作=デスノート」というイメージがあるけど合ってるのかな?

コメント
・ロジャーの70年代唯一の名曲。
・“Sheer Heart Attack”が収録されているアルバムは、
 「Sheer Heart Attack」ではなく、「News Of The World」である。
 ここをしっかり理解できればキミも立派なQueenファンだ!



翻訳したQueenの曲一覧

閉じる

テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

【2010/02/19 19:51 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ
ブログランキング・にほんブログ村へ