FC2ブログ
ウッーウッーウノウノ
急におからを食べたくなるときってあるよね。
僕は今年それがやってきた。
しかしおからってなかなか売ってないよね。
産業廃棄物だからかな?

しかし乾燥おからを100均で見つけた。
これだから100均はあなどれない。

20080927-01.jpg

乾燥おからは小麦粉の代わりに使ったり
水に戻して普通のおからとして使うらしい。
今回は水に戻して使った。
すると、



20080927-02.jpg

おっきくなっちゃった!
四倍に戻るようだ。

これでおふくろの味「卯の花」を作った。
一度も作ってくれたことないけどな!

20080927-03.jpg

そうそう、これこれ。
甘辛くパサパサしてるのが卯の花・・・だったよな?
煮汁が足りなかったかな?

閉じる

スポンサーサイト



テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

【2008/09/27 17:56 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
冷蔵庫の残り物でシチューを作った。
シチューは材料の栄養をそのままとることができると
くるくるまゆげのコックさんも言っていたぞ。

もちろんルーは使っていない。

20080926.jpg



以下、シチューにぶち込まれた残り物を紹介する。

牛乳:飲めないくせに料理用に買っていたら賞味期限が昨日までだった。
玉子:一人暮らしなのに安いからと2パック買っていたら賞味期限が昨日までだった。ゆでた。
玉葱:先々月に5kg分買っていた残り。外側が腐っていたので排除。
生鮭:はるか昔に買っていた半身の残りが冷凍庫の奥深くより発掘された。

んっん~。
歴戦の老兵達によって円熟したハァモニィが奏でられている。
いつ買った忘れた鮭うめー。

閉じる

【2008/09/26 11:28 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
チーズはどうした
イタリアンレストランにて
どのパスタにするか悩んでいるときは、
カルボナーラにするべきである。
なぜなら、パスタの中で最も大味であるため、
失敗することが少ないからである。

というわけで作ってみたぞカルボナーラ。

20080925.jpg



失敗した。
あれー?

味が弱すぎるぞ。
大味どころか小味すらしやしねぇ。
ペーコンの塩気で持ちこたえてる感じだ。
やっぱチーズと生クリーム使わないとダメなのか。
でもウチにはそんなもん置いてないぞ。
あと細麺すぎて焼きビーフンみたいだぜ。
やっぱカルボナーラはお店で食べるべきだね!



さて二人前作ってしまったがどうしたものか。
・・・醤油かけると美味いぞ!!

閉じる

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

【2008/09/25 12:37 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
スコーン
20080922.jpg

スコーンを作った。
外出先で食べておいしかったので自分でも作ってみようと思ったのだ。



小麦粉・牛乳・バター・砂糖・塩・ベーキングバパウダーを
まぜまぜして、こねこねして、型にとって焼けばOK。
特に変わった材料を使うわけでも
時間をかけて作るわけでもないお手軽お菓子だ。
ちなみに僕はケチってバターの変わりにマーガリンを使った。
まさに外道!

なかなか綺麗な形に焼きあがったと思う。
写真奥のクリーチャーはご愛嬌。
ちゃんと外はサックリ、中はふんわり焼けたので成功したといえる。

今回作ったのはプレーンスコーンなので味がほとんどしない。
そこで伝家の宝刀“オリゴ糖”をかける。
なんてヘルスィでスウィイトなんでせう。
あー、ミルクティー(できればロイヤル)があればなー。

現在午後六時。
さて、晩御飯の準備でもしようか。

閉じる

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

【2008/09/22 18:26 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ファミコン風The Who


ファミコン風○○は数あれど、
The Whoで作られているのは見たことが無かった。

ネタも細かいし、ファンが作ったんだろうなぁ。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【2008/09/22 09:38 】
音楽日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ゆっくり読んでいってね!
20080921-01.jpg

キモ!!

可愛い絵柄が好きな僕でも、
ここまでキモいのは放っておけない。
そんな絵本、「トマトさん」の紹介だ。

キモ可愛い?
いいや、単にキモいだけだね!



暑い夏の日、
トマトさんはその重い体のために
自力で川まで行くことができなかった。
そこで、虫やトカゲ達が協力してトマトさんを川まで運ぶことになった―。

これがおおまかなあらすじ。
あからさまな友達賛歌が伝わってくるので
物語的には苦手な絵本なのだが、
僕を惹きつけて止まないのは
全ページにわたって描かれるキモいトマトさん。
こんなの小さい子に読ませていいのだろうか。


20080921-02.jpg
うつろな目



20080921-03.jpg
頼むからその顔はやめてくれ



こうしてみると、
あの絵(?)を思い出してしまう。
生首なところも同じだし。



20080921-04.jpg
ゆっくり転がっていってね!



よくある話だけど、あまりにもインパクトある絵は一度見たら忘れられない。
オススメしないけど、一度は読んでみて欲しい絵本だ。
あ、トマトさんはツンデレだよ!

・・・ってコレほんとに子供向けの絵本なのか!?


閉じる

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

【2008/09/21 13:23 】
絵本紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
そして私は妖精になる
20080918.jpg

マレーク・ベロニカ作「もしゃもしゃちゃん」。

彼の作品では「ラチとらいおん」が有名だと思う。
僕もこの作品で彼を知った。



このお話は、もしゃもしゃ髪の女の子、通称「もしゃもしゃちゃん」が主人公だ。
決して「立て、立つんだ!」とかいわれるボクサーだったり、
「悪いな、これ二人用なんだ」とかいうお金持ちのお話ではない。

乱暴に内容を説明するなら「子供版白雪姫」。
といっても時間制限は無い。
つまり、「小汚い女の子が綺麗になっちゃった!」というわけだ。
英題が“The Ugly Girl(醜い少女)”だし。
でもこのタイトルは直球的すぎてひどいと思う。

20080918-02.jpg



マレーク・ベロニカの絵本は、
わかりやすい内容でありながら
ちゃんと作者のメッセージが込められていることに特徴がある。
(本作では傘地蔵的要素が含まれている)
メッセージ性の強い絵本は無粋だけど、
さりげなく表現されているのはいいよね!

そして彼の絵本のもう一つの特徴、
それは「絵がお洒落で可愛い」ということ。
それもそのはず、この本が描かれたのは1965年。
あの時代特有のポップさがこの絵本に詰まっている。



読んで楽しい見て楽しい、
子供が読んでも大人が読んでも楽しめる。
そんな理想の絵本を描くマレーク・ベロニカ。
絵本に興味があるけどよく分からない、そんな人に彼の作品はオススメ。
でも最近の作品は可愛くないんだよなぁ。



閉じる

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

【2008/09/18 19:19 】
絵本紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
モダンなやつら
20080916125714
久しぶりにAMAZONで買い物。

The Whoの“My Generation”のUKモノラル盤と、
Small Facesの“Ogden's Nut Gone Flake”の紙ジャケ版だ。

どんだけブリティッシュ・ロックが好きなんだよっていう、
マニアックなチョイスでございます。

これでマイジェネがバージョン違いで三枚になってしまった。
The Whoさいこー。
【2008/09/16 12:57 】
音楽日記 | コメント(2) | トラックバック(0)

by Simon@KobeCity

私も中学のころからブリティッシュ・ロックのマニアでした(今もですが)。世代が離れたブログ管理人さんと音楽の好みが重なるとは不思議なものです。やはり良い音楽は時代を超えるということでしょうか。
ちなみに息子(中三)は、私のLP、CD、DVDコレクションには全く興味を示さず、J-POPばかり聞いています(私の教育が不十分だったのか?)。
スティーブ・マリオットもソウルフルで迫力満点!!!日本でももっと評価されるべきと昔から思っていました。

by 順之助

今でこそUKロックを好んで聴いていますが、
中学のころはジャーマンメタルにはまっていました。

しかし歳をとれば(まだ20代だけど)趣向も変わるようで、
今ではフレンチ・ポップやテクノも聴いています。
もちろん今でもメタルは好きです。
邦楽でのお気に入りは平沢進とアルフィーとピチカート・ファイブです。

というわけで、
息子さんもいつかはジャンルにとらわれず
「良いものは良い」と感じるときが来るのではないでしょうか?
僕もガキの頃は「邦楽なんて」とか思ってたクチですから。

コメントを閉じる▲
ランチ(笑)
20080914133854
今日のランチは、
路地裏の家庭的イタリアンレストランで
ラザニアを食べたの(笑)。

財布がロンリネスだからスイーツは我慢!
【2008/09/14 13:38 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
ところで湖はどこだね
本日松本に帰還。
18きっぷが今日までだったのだ

現在米原を越えたあたり。道程の半分といったところか。

米原で駅弁を買った。
停車時間があり中間地点でもあるので
駅弁、を買うにはもってこいだ。

米原駅で売られている井筒屋の駅弁が美味しくて、
寄ったときは買うようにしている。
往路では売り切れで買えなかったっけな。

駅弁は電車内で食う。
これぞ旅の醍醐味。

僕は左利きなので、
弁当を逆向きに持つ。
(左利きにはご飯とおかずの配置が逆なのだ)
そして窓を右手にいただきます。

しばらくして、
隣に人が座った。
左利きだから当たっちゃうな、
とか思ったり思わなかったりしながら食べる。

すると、
隣の人がおもむろにペンを取出したではないか!
隣に座る青年よ、
左利きの左側に右利きが座って、
両者が同時に利き腕を使ったらどうなるかわかっておるのか!?
二人の肘がつんつんしちゃうではないか!

僕は慣れっこだから
気にせずご馳走様だけどな!

まだ大垣か…
【2008/09/10 16:01 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
私は常連だった
無くなったと思ってた行きつけのラーメン屋が
移転して続いてたと知ったときは嬉しかった

どんなに恰好が変わっても僕のことがわかる店のおばちゃん

昔から常連だったけど、
これからも常連でいようと思う
【2008/09/01 19:35 】
日記全般 | コメント(2) | トラックバック(0)

はじめまして! by Simon@KobeCity

はじめまして。
私は学生時代に福山に4年半住んでいました(草戸町に下宿していました)。広大生物生産学部の専門課程と大学院修士課程を過ごしました(大学があった場所はきれいな公園・施設になっていますが、当時の面影ゼロで寂しいですが)。
懐かしさのあまり初コメントです。いい街ですよね、福山って(音円盤というレコード屋は健在ですね。関学出身の店長のはじめさんガンバレ!)。
ちなみに私はフーやエアロ、ストーンズのコピー等で勉強もせずにロックしていた現在は神戸在住オッサンです。当時のバンド名はマジックバスでした!
偶然に貴ブログにたどり着きました。
学生時代は貴重ですよ!大事に過ごしてくださいね!!!
フーのコンサートの感想を報告願います(悲しいかなオリジナルメンバーの二人しか残ってないが)。

こちらこそはじめまして! by 順之助

コメントありがとうございます。
夏休みを利用して福山に帰省しているところです。
地元の者からしても福山はかなり変わったと思います。
繊維ビルがなくなるなんて高校生の頃は思ってもなかった…。

福山とフーという不思議な組合せでウチにいらっしゃったとは、
ネットってすごいと感じます。

フーのライブは楽しみです。
奮発して二日行っちゃいます。
前回やらなかったから今回やるかな、マジックバス?
最近更新が滞りがちですが、
ライブの感想は書くつもりです。
たいした事書けそうにないですが、
十一月をお楽しみに!

コメントを閉じる▲
| ホーム |
ブログランキング・にほんブログ村へ