FC2ブログ
やる夫で学ぶ「Sparks“Amateur Hour”の歌詞」
Sparks - Amaterur Hour


Sparksという変な兄弟ユニットがいる。
通好みというか、なんつーかそんな感じ。
キワモノという点ではQUEENに通じるものがある。
特に初期のSparksはQUEENっぽくて
(正確には逆で、フレディの歌い方がラッセル(弟)っぽい)、
にわかQUEENファンに
「KIMONO MY HOUSE」はQUEENのアルバムなんだぜ
って言って騙せるくらいだ。

Sparksの“Amateur Hour”はどう考えても童貞ソングなので、
童貞の鑑やる夫で表現してみたい。

以前の記事の段階ではQUEENやろっかなーなんて思ってたけど、
気が変わってSparksをやることにした。
あんまテキトーなこと書くもんじゃないね!



----------
Lawns grow plush in the hinterlands
It's the perfect little setting for the one night stands
Now the drapes are drawn and the lights are out
It's the time to put in practice what you've dreamed about

She can show you what you must do
To be more like people better than you

Chorus:
Amateur Hour goes on and on
When you turn pro you know she'll lets you know
Amateur Hour goes on and on
When you turn pro you know
She tells you so

Girls grow tops to go topless in
While we sit and count the hairs that blossom from our chins
Our voices change at a rapid pace
I could start a song a tenor and then end as bass

Choose your partners everyone
If you hesitate, the good ones are gone

(Chorus)

Dance, laugh, wine, dine, talk and sing
But those cannot replace what is the real thing
It's a lot like playing the violin
You cannot start off to be Yehudi Menuhin

----------



  !、.:::::::::....,,........::.......;;;;;;;;.........;;;;........::::::::::::::........;;;;.........;;;;;;;;.
(::::::::....;;;;.....:......  ::";;;;;;;;....::::.....::::!、........::........ノ::::.....::::....;;;;;;;;
 ノ:::::::::......... ,..::::. ..........:::::::::.....:,',;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;,',:.....:::::::::..........  ソ''r....:........::::....::....;;;;;;;;.;;;;........;;;;;;;;....::::..::::....;;;;;;;;........;;;;.;;;;;;;;....::
 jWw.....;;;;...........゙i゙''';:,ノ.y;wリ゙W゛jリ从jwwj从リj"W゙リw;y.ノ,:;'''゙/..........
 ~''r::::::....;;;;;;;;;;;;;,.,!、i;:''::゙i........ト ;i:iii;::iii::iiiiii::;iii:i;wj从リjイ/::'':;iノ,.
  ``Wj゙ハ'w,.......,,...゙i:;i::.゙゙ヽ(. | ..;;;ii;:''::;;:;;:;;::'':;ii;;;.. | .)ヾ゙.::i;:/...,,.
     ソ:リハw;::;;;j;;;;wi゙i;iiii;:ソ,゙゙゙:;i;:゙゙゙゙::iiii::゙゙゙゙:;i;:゙゙゙,ソ:;iiii;/iw;;;;j;;;::;
       ``Wj゙ハ'w,゙i:i;;i ;;゙゙゙:;;;;::.;;::;;;::;;;::;;.::;;;;:゙゙゙;; i;;i:/,w'バjW´`
              ゙i;ii:ii:;i::.゙;;゙゙..;i;::::;i;..゙゙;;゙.::i;:ii:ii;/
              ''r゙゙゙''';:,;;.:;:.:;ii;;ii;:.:;:.;;,:;'''゙゙゙r''
               |;;;;..:;;;::゙゙゙... :: ...゙゙゙::;;;:..ヾ|
                |. :;ii;::.゙゙,゙゙::;ii;;ii;::゙゙,゙゙.::;ii;:.|
               |.ii゙:;''゙;.:ii.;::;i_i;::;.ii:.; ヾii.;;|、
               ,〉;.li;;;::.;ii;.. ; ;; ; ..;ii;.::;il.;|l
               `l゙゙゙゙, ; i;,,;ii;;iiii;,,;i i;::゙゙,; ,゙〈
               .ノ;;゙゙゙:;i;;;i::iii;;i;;i;;iii::i;;;i;:゙゙゙;;ヾ.
            ..,ヽ ;ヘ..::i;i;;;;;;iiノ;;ii;;ノiiii;;;;;;i;i::..ヘ; ヽ,..
 
               草木も生い茂る田舎町










|__|  |__||__|  |__||__|  |__||__|::::::| |/
      _____________,           |
,,____|_NUKINUKI __CLUB__|______,,   |    /
                              \::::::|  /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛::::|/
 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |
 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |
 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |
 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |
 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |   /
 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |  /
 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  一発ヤるには最高のシチュエーション










 |::|__[]_____[]_____[]_____[]____
 |::|________________________
 |::|;;;;;;;;;:::::::::::::...:''''' """ """""
 |::|             ___________        ..,,,__,,,..
 |::|            |  |    | ∥    |        \ /
 |::|            |  |    | ∥    |         []
 |::|            |  |    | ∥    |
 |::|            |  |    | ∥    |
 |:O=O ______  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__/□/l        l_____________
::|二二/'´⌒´´⌒´⌒/|
   /        //J
 /        //
 l⌒´⌒´⌒´⌒'l/
 L-----J


 カーテンを閉めて、ライトを消して・・・










       ____
     /⌒  ⌒\      ついにエロゲで培ってきた知識を    
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   試すときが来たお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /










            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \ 
         //, '/     ヽハ  、 ヽ はーい お客さん
         〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|  
         レ!小l( ●) (●)从 |、i| ベッドに横になって
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ   
             ヽ、  ゝ._)   j /    くださいねー
            ヘ,、 __, イ      
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |

彼女が手ほどきを・・・これで童貞卒業だお!













       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \
    /  <○>  <○>  \   あれ・・・?
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /
    /              \

     まだまだ童貞レベル










            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \ 
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  そこじゃないですよー
         〃 {_{ _ノ '  ヽ_リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ     
             ヽ、  ゝ._)   j / 
            ヘ,、 __, イ         

      一人前になったら彼女が教えてくれるお










       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \
    /  <○>  <○>  \  うまくいかないお・・・
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /
    /              \

     まだまだ童貞レベル










              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \    お客さん
          //, '/     ヽハ  、 ヽ   
          〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|   もしかして初めて?
          レ!小l(●) (ー)从 |、i|    
           レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    
             ヽ、  ゝ._)   j /     
             ,ヘ,、 __, イ     

   一人前になったら彼女がそう言ってくれるお











            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|  
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ 
             ヽ、  ゝ._)   j / 
            ヘ,、 __, イ 
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」"
         /::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
        ,.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/

女の子は裸になるために胸が大きくなるというのに










       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    mj |ー'´      |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ

俺達男ときたらヒゲが濃くなるだけだお










       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'     /

声なんかも急に変わってアニメ声じゃなくなったお










        ____
       /::::::::::  u\    この中から選べと申すか・・・?
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\  
    /:::::::::: ( ○)三(○)\ 
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  | ________
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ | |          |
    ノ::::::::::u         \ | |          |
  /:::::::::::::::::      u      | | 女の子リスト  |
 |::::::::::::: l  u             | |          |
 ヽ:::::::::::: -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |

     さあ 女の子を選ぶお











         ____
       /::::::::::  u\   珍獣図鑑の間違いだお・・・
      /:::::::::- 三. -\  
    /:::::::::: ( ○)三(○)\  ________
    |:::::::::::::::: ゙)(__人__)ル ゚。 ゚ | |          |
    ノ::::::::::u ゝ'゚      ≦  | |          |
  /:::::::::::::::::≧       三  | | 女の子リスト  |
 |::::::::::::: l  u -ァ,       ≧| |          |
 ヽ:::::::::::: -.イレ,、       >  | |_________|
  ヽ::::::::__ ,≦`Vヾ  ヾ ≧     | |  |

     もたもたしてるといい子がなくなるお










       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \
    /  <○>  <○>  \  えーと・・・
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /
    /              \

     まだまだ童貞レベル










    △△△△△△△
  ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
¶¶¶¶¶¶¶""""""¶¶¶¶¶¶¶¶""
000◯◯0 _,,,,, ▼,,,≡0◯
¶¶¶¶ ¶ ¶ 〃 _\ /≡≡|¶ ¶
¶¶¶¶ ¶ ¶   〈 (・)》 ((・)〉|¶ ¶
¶¶¶¶ ¶ ¶  "" ̄≡|≡≡|¶ ¶   
¶¶¶¶ ¶ ¶≡ / ... |||≡≡|¶ ¶  時間決まってるんだから
¶¶¶¶ ¶ ¶ 《    .ヽ 〉 ≡|¶ ¶   
¶¶¶¶ ¶ ¶  ゛ γ⌒~≡¶ ¶|   さっさと終わらせるわよ!
¶¶¶¶ ¶ ¶    ..L_」≡/¶ ¶
 ¶¶¶ ¶ |   .┗━┛ ¶ ¶
 ¶¶¶ ¶ \   ┃≡/ ¶ ¶
 ¶¶ ¶   ̄ ̄ ̄ ̄

   一人前になったら彼女が教えてくれるお










       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \
    /  <○>  <○>  \  女・・・?
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /
    /              \

     まだまだ童貞レベル











    △△△△△△△
  ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
¶¶¶¶¶¶¶""""""¶¶¶¶¶¶¶¶""
000◯◯0 _,,,,, ▼,,,≡0◯
¶¶¶¶ ¶ ¶ 〃 _\ /≡≡|¶ ¶
¶¶¶¶ ¶ ¶   〈 (・)》 ((・)〉|¶ ¶
¶¶¶¶ ¶ ¶  "" ̄≡|≡≡|¶ ¶   
¶¶¶¶ ¶ ¶≡ / ... |||≡≡|¶ ¶  今ならホカホカのパンティーが
¶¶¶¶ ¶ ¶ 《    .ヽ 〉 ≡|¶ ¶   
¶¶¶¶ ¶ ¶  ゛ γ⌒~≡¶ ¶|    もれなくついてくるッ!
¶¶¶¶ ¶ ¶    ..L_」≡/¶ ¶
 ¶¶¶ ¶ |   .┗━┛ ¶ ¶
 ¶¶¶ ¶ \   ┃≡/ ¶ ¶
 ¶¶ ¶   ̄ ̄

   一人前になったら彼女がそう言ってくれるお










   \  /
     X  /⌒⌒⌒⌒⌒⌒\  。
   / ∩. ( ( ( ( ( ( ( ( ( ( (  ヽ   〇
  / ( ⊂) ヽ r----------、  `、  +
      | |  レ  ノ   ヽ、_  \ ,i  
     トニィ / (●)  (●)   ヽl 
 。   .|  i |   (__人__)     |
     \  \   ` ⌒´     ,/
      \  ヽ        ノ  
    +    ン `ー---一 ' \            。
. 〇     ./ イ( /  /   \      +
        /  | Y  |  / 入  \
       (   | :、 |  / /  ヽ、 l      〇
+   。   .j  | :   | / ィ    |  |
        くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」  +
         ー 〕   \  〉(⌒ノ         o
     +    /  ヽ   |
  〇   o  /  / ',   |        。   +
        /  <    ',_  ヽ   +
        /   |    \  \
 +     /__」      ユ   >,      +
      「__,h_」     <_-,ィ_/   

          ダンス










       ____
     /_ノ  ヽ、_\
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |    (⌒)
  |     | |  |     |   ノ ~.レ-r┐、
  |     | |  |     |  ノ__  | .| | |
  \      `ー'´     /〈 ̄   `-Lλ_レレ
                  ̄`ー‐---‐‐´
      笑い










       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \
  |     |r┬-|     |
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・    ・ ||____________  |ま | ̄|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}-| る|  |
    |  r `(;;U;)   )__)  \ >゚))))彡ー―'. |_.|_|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|


           ワイン











                 ; __ 
                ; /  \ ;
               ;/ ノ |||| 、_\
             ; / (●) (●) \ ;  ,'´ ̄ ̄`',
           ,、,  | \ (__人__) /  | ;  !,! ハ ハ !
         ; ,-'⌒`ー-'´ヾ; |r┬-| |  / .  !l フ ム l
         ヽ、_,,,、-、/ミ,j `ー'´ー-イ-、 ; ∠  ハ ッ j
             ^~、 ̄r'´ ̄`''jヽ、  〃ヾ ヽ フ   /
 jヽjvi、人ノl__      ; /  ヽ´{ミ,_   ̄`'''-ヽ ; ` ̄ ̄
 )   ハ   7     /  / `'='´l  ̄i'-、_,,ン ;
 )   フ    て  ; /  /   !。 l  l ;
 7   ッ    (__ヽ、__l ___ .!。 l__l__,-=-,___
  )   !!     ( ,-=-, ∠ヾゞゝヽ ,-≡-,l  l-=二=-,
  ^⌒~^⌒^~⌒^└==┘   ̄ ̄ ̄ ヽ==ノヽ=ノ\__/

             食事










       ____
     /     \        もしもし、
   /::::::::::::::::    \ _
  /::::::::::::::::       || |    60分コースでお願いします
  |::::::::::::::::::::::::     ∩! ,ヽ _
  \::::::::::::::::       | ー ノ
   | :::::::::::::::    | i j  ̄ ̄ ̄|
   |  :::::::::::::    ゝ__/____i
   |  ::::::::::     /      /
  (__(__   ヽ⌒⌒⌒ヽ
  /  ,_/  ___ノ    /
  `ー'  `ー'       /

        会話










             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \     景気づけに
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    レーダーマン歌うお!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

        歌










      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\  でもそんなのはアレにはかなわないお
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /

 










            ____
  +        ./ /  \\  バイオリンみたいに奥が深くてね
        / (●)  (●)\    
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
      |      `-=ニ=-      |  
      \      `ー'´      / +
      /     ∩ノ ⊃  /
      (  \ / _ノ |  |
      .\ “  /__|  |
       . \ /___ /










               _. -‐…~ー-‐- 、
           _..-‐'".::.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.: : : .`^‐ 、
         .-'".:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:.: : : : :.__`-、
         ノ´.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : __`、
       r'.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:: : : : : ._〈
.       {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:..: : : : : j
       ゝ、.:.:.:.:.:.:_. -‐'´`',ニ=-、__.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: : :}
         )、.:.:.:}二`=、 '⌒..ニ二^~`ミ.:.::.:r,ニ,'i:;:;:;:;:;:;ソ
         `L_;;| r,r…〉  !'」......!  ミ.:.:|「`l l:;:;:;:;:;メ
             } '┴/         リノレ‐'ノ:;:;;r'′
            /l  (__ -         r<~'
.           /;:;:l   、_--‐・       |:;:;:;`'‐- 、
           /.;:;:;:;`ヽ  ゙゙゙゙   .-'   ト、:;:, -‐-、`-、
      _,,.. -/.;:;:;:;:;:;:;:;:`_=、…''' ´    / lli{..:...:...:...``゙'ー-、
  _r'"´..:...:...:.∠ -‐…''゙¨´..:..:.ヽ、      (_../^}...:...:...:...:...:...:..:...`、
 ノ、_...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:..`|l…---‐''´ /.:...:...:...:...:...:....:..:..:.`

   いきなり葉加瀬太郎レベルにはなれないものなんだお











       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \
    /  <○>  <○>  \  え・・・?
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /
    /              \

     まだまだ童貞レベル









    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::( ( ●) (●::(    本番は無しなんですよー
.      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )  
       ) ) )、    ̄ノくハ(    
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))    
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、  
       ,'   ノ    Y    Y 
       l: ( ......    .....  i
       lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ

 一人前になったら彼女が教えてくれるお










       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \
    /  <○>  <○>  \  (なんか損した気分だお・・・)
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /
    /              \

     まだまだ童貞レベル










    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::( ( ●) (●::(    それじゃ始めますねー
.      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )  
       ) ) )、    ̄ノくハ(    
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))    
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、  
       ,'   ノ    Y    Y 
       l: ( ......    .....  i
       lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ

 一人前になったら彼女がそう言ってくれるお


----------


これも意訳ってレベルじゃねぇぞ。
でもこの曲の歌詞を読んで、
直感的に「筆卸しだ!」って思っちゃったのよ。
意味としては他に考えられないけど、
いかんせんネイティブじゃないから細かい意味がわからない。
サビなんか本当に意味不明だ。
だから思い切って訳したらこんなのになった。

いい加減下ネタから脱却しないとな・・・。

閉じる

スポンサーサイト



テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

【2008/11/30 23:55 】
洋楽翻訳 | コメント(2) | トラックバック(0)

by Simon@KobeCity

これまた超懐かしい!
「キモノ・マイ・ハウス」のLP持っていますよ。
今日、帰宅したら探して聞きます。
しかし、スパークスときましたか(20年以上聞いてませんでした・・・と言うか存在を忘れていた!)。
守備範囲広いですね!

by 順之助

Sparksをご存知とは!
あまりのマイナーっぷりにニコニコでも閑古鳥が鳴いていました。
初期の変態ロックもいいですが、
僕は現在の変態テクノが好きです。
結構来日してるみたいなんでいつか生ヒゲを拝みたいものです。

コメントを閉じる▲
ニコニコ版「やる夫で“A Quick One, While He's Away”」


今回は大変だった。
今までの倍以上の長さの曲だったからだ。
でも五作目という節目を飾るに相応しい出来になったのではないだろうか。

投稿した作品に対するコメントも増えてきて嬉しい限りだ。
「こういう解釈もあるのか」というコメントをいただくと訳し甲斐がある。
そして、ついに「WHOをこわすな」というコメントもいただいた。
今までこのコメントが無かったのが不思議だ。
でもThe Whoの歌詞ってアホなのか捻くれたのしかないから、
こーゆー解釈もできてしまうのよねぇ。
そこがThe Whoの魅力だし、
コメントにもあったが「ネタには困らない」のだ。

といっても、このままThe Whoネタを続けてもだれるだけなので、
次回はThe Who以外を餌食にしようと思う。
その役目は僕の好きなバンドTOP2のうちの、
もう一つのバンドにやってもらうことにしましょう。



やる夫で「The Who“A Quick One, While He's Away”」

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:音楽

【2008/11/30 01:57 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
やる夫で「The Who“A Quick One, While He's Away”」
The Who - A Quick One, While He's Away


The Rolling Stonesの「Rock and Roll Circus」は最高だ。
The Whoファンの僕が言うのだから間違いない。

この映像でのThe Whoの空気読めてないっぷりが凄いのだ。
一曲しかできないからと持ち歌最長の曲を選んだり、
それがベストパフォーマンスといわれるくらい凄かったり、
後半でピートはデカい帽子被ってミック・ジャガーより目立ってるし、
ラストではピートとキースが騒いでミックが迷惑そうにしてるしで、
呼ばれた身分なのにThe Whoが好き放題やってるのだ
本作がお蔵入りになったのは、The Whoのせいだという説もあるくらいだ。

というわけで今回は「Rock and Roll Circus」にて
The Whoが演奏した“A Quick One, While He's Away”の歌詞を、
やる夫AAで表現してみたいと思う。
以前ジョジョ風に訳したが、
AAにするとまた違った面白さがあると思う。



----------
I. Her Man's Been Gone

Her man's been gone
For nigh a year
He was due home yesterday
But he ain't here

Her man's been gone
For nigh on a year
He was due home yesterday
But he ain't here

II. Crying Town

Down your street your crying is a well-known sound
Your street is very well known, throughout your town
Your town is very famous for the little girl
Whose cries can be heard all around the world

III. We Have A Remedy

Fa la la la la la
Fa la la la la
Fa la la la la la
Fa la la la la

We have a remedy
You'll appreciate
No need to be so sad
He's only late

We'll bring you flowers and things
Help pass your time
We'll give him eagle's wings
Then he can fly to you

Fa la la la la la
Fa la la la la
Fa la la la la la
Fa la la la la
Fa la la la la la
Fa la la la la la

We have a remedy
Fa la la la la la la
We have a remedy
Fa la la la la la la
We have a remedy
Fa la la la la la la
We have a remedy
Fa la la la la la la

(spoken)
We have a remedy.
We have!

Little girl guide, why don't you stop your crying?
Here comes Ivor the engine driver to make you feel much better

IV. Ivor The Engine Driver

My name is Ivor
I'm an engine driver

I know him well
I know why you feel blue
Just 'cause he's late
Don't mean he'll never get through

He told me he loves you
He ain't no liar, I ain't either
So let's have a smile for an old engine driver
So let's have a smile for an old engine driver

Please take a sweet
Come take a walk with me
We'll sort it out
Back at my place, maybe

It'll come right
You ain't no fool, I ain't either
So why not be nice to an old engine driver?
Better be nice to an old engine driver
Better be nice to an old engine driver

V. Soon Be Home

We'll soon be home
We'll soon be home
We'll soon
We'll soon, soon, soon be home

We'll soon be home
We'll soon be home
We'll soon
We'll soon, soon, soon be home

Come on, old horse

Soon be home
Soon be home
Soon
We'll soon, soon, soon be home

We'll soon
We'll soon, soon, soon be home

We'll soon be home
Soon be home ...

VI. You Are Forgiven

Dang, dang, dang, dang, dang, dang, dang, dang, dang

Cello, cello, cello, cello, cello, cello
Cello, cello, cello, cello, cello, cello
Cello, cello, cello, cello, cello, cello
Cello, cello, cello, cello, cello, cello


I can't believe it
Do my eyes deceive me?
Am I back in your arms?
Away from all harm?

It's like a dream to be with you again
Can't believe that I'm with you again

I missed you and I must admit
I kissed a few and once did sit
On Ivor the Engine Driver's lap
And later with him, had a nap

You are forgiven, you are forgiven, you are forgiven ...

You are forgiven

----------



      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    一年後には帰ってくるから
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  
 |        ̄      |  それまで待っていていて欲しいお
 \              /










             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ ' ヽ_ リ| l │ i|  
         レl小o゚⌒  ⌒゚o从 |、i|  
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ  昨日には
             ヽ、  ⌒´   j /    
            ヘ,、 __, イ     帰ってくるはずなのに・・・
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」"










      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\    ちゃんと一年たったら戻るから
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  
  |     |r┬-|       |  それまで待ってくれお!
  \     ` ー'´     /










             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ _ノ( \  ピキピキ
         //, '/     ヽ⌒ 、 ヽ
        〃 {.._{ \   /リ| l │ i|
         レ!小l( ○) (○)从 |、i|  
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ   昨日戻るつって
             ヽ、  ゝ._)   j / 
            ヘ,、 __, イ    戻ってきてねぇじゃねぇか!
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」"










.     ,.- 、
     i|三li:.. ,..-- 、       ,..-- 、
     i|三liミil三三|ヽ       .;|三三|i        _____
     i|三liミi|三三|iiii|;..     ;;i|三三|i==lニニニl=i|____
_二二二二lミi|三三|iiii|iil    ;;ii|三三|i ェェェェェェi|┌┌┌┌
==========i|三三|iiii|ii|    |iii|三三|i ェェェェェェi|┌┌┌┌
==========i|三三|iiii|ii|    |iii|三三|i ェェェェェェi|┌┌┌┌
==========i|三三|iiiiレ     キ.|三三|i ェェェェェェi|┌┌┌┌
==l⌒l=====i|三三レ'     .'i|三三|i ェェ.il==li ェi| ┌──
' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    街中に響く少女の泣き声がこの街の名物










/| ̄ ̄ ̄|  _____| ̄ ̄ ̄ ̄|     _____
|::::| [] [] []:|/| ロ ロ ロ |[] [] [] [] |      |         |\
|::::| [] [] []:|_| ロ ロ ロ |[] [] [] [] |    _|[]_[]_[] [] [] |::::|
|::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] |.___| lll lll lll |\:ロ:ロ:|::::|
|::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] |:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
|::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] |:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
|::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] |:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
|::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] |:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|

     あの子のおかげで街は有名になった

   世界中どこにいても泣き声が聞こえるそうだ










        ,. -ー冖'⌒'ー-、  おじょうさんぼくたちとあそんでい
       ,ノ         \  きませんかきっとたのしいとお
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ もいますよなあにかなしむこ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、 とはありません
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/ かれはただおく
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 / れているだけです   
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 / よあなたのよろこ
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、〃__/ ぶものもよういして
  人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\ いますぼくらといる
. /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    うちにじかんもたち
/   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃   ますからかれももど








ヽ、人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
、)
_) おじょうさーん! おじょ、じょーっ、ジョアアーッ!! ジョアーッ!!
 )
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         ジョアーーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、   オ、オジョォォォーッ!
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,|j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ!,
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ   |










                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i   待ちな、ネエちゃん
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i  
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::| もう泣くのはよしなよ
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l  
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!  俺が幸せな時間を
      |         }/  .::::::::::::::::::::/        
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/   過ごさせてやるぜ
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/           
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|            
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''










               / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
            (__人__)      |     俺の名はアイヴァー
            l` ⌒´    |     
            {         |      エンジニアをやってる
            {       /
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i










               / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
            (__人__)      |  アイツのことはよく知ってる
            l` ⌒´    | 
            {         |  君が悲しんでる理由もね…
            {       /
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i










               / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ─)( ─)  | 
             (__人__)     |   アイツは遅れてるだけだ
            l` ⌒´     | 
            {         |  君を捨てたわけじゃないさ   
            {       /
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i









                君を愛してるってアイツ言ってたっけ
       / ̄ ̄\    
      /       \  アイツは嘘言うようなヤツじゃない       
      |::::::        | 
     . |:::::::::::     | 俺も嘘つくわけねーじゃん    
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━










           / ̄ ̄\
         /   _ノ  .\      _,,  だから俺と
         | ( ●) (●) |     l;l  
        . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,  楽しいことしようぜ
          |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶   
        .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l    
        .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
           ヽ     ノ _   ヽ、   ;i, 
          ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
         ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
      ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
    ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
   _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ










       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  もうすこしで家だお・・・
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /











       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  もうすぐ・・・もうすぐ家だお・・・
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /










              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \   
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::)  
        / ||    ` ⌒|||   ,/  
        / / |\/ /  /l |  ̄
        / /__|  \/ / | |      もうすぐ・・・
       ヽ、//////) /  | |      
        /  ̄ ̄ /   | |      もうすぐなんだお・・・
     ____,/  )--- ヽ   ヽ つ  
    ⊂---― 'ー----'










             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、     
             / /" `ヽ ヽ  \   信じられないわ・・・
         //, '/     ヽハ  、 ヽ 
         〃 {_{ _ノ ' ヽ_ リ| l │ i|   私の目は確かなの?
         レl小o゚⌒  ⌒゚o从 |、i| 
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ 
             ヽ、  ⌒´   j /      
            ヘ,、 __, イ 
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1











              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                / /" `ヽ ヽ  \
            //, '/     ヽハ  、 ヽ  
            〃 {_{ _ノ  ヽ_ ,リ| l │i|  
            レ!小l( ○) (○)从 |、i|
             レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ  こうしてまた貴方と
       .⌒ヽ    ヽ、 丶_ノ   j /    
      (    )     ヘ,、 __, イ      抱き合うことが
        ヽ   r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
           {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1 できるなんて・・・
   ―=ニ三 / ̄ ̄ ̄\::ヽ/::::::::::: r" /      
         /        .'::::::::::::::::::::::::`:y ゝ      
.      /         l::::::::::::::::::::::::::,、、 |
       |           、::::::::::::::::::<V//〉'
      \          `::::::、::: ,'  /」 バフッ
       /              ̄`ー-‐" / y
    ―=ニ三      ー--..,__,. '_ー
                 /_ /:::::::::ヽ










             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、     
             / /" `ヽ ヽ  \  信じられないわ・・・
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ ' ヽ_ リ| l │ i|  また貴方と一緒だなんて
         レl小o゚⌒  ⌒゚o从 |、i| 
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ  夢みたいだわ・・・
             ヽ、  ⌒´   j /      
            ヘ,、 __, イ 
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1










              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   私ね、すっごく寂しくて
          //, '/     ヽハ  、 ヽ   
          〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|  何人かの男と
          レ!小l(●) (ー)从 |、i|    
           レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    寝ちゃったの♪
             ヽ、  ゝ._)   j /    
             ,ヘ,、 __, イ










              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \ 
          //, '/     ヽハ  、 ヽ   この前もね、
          〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
          レ!小l(ー) (ー)从 |、i|    アイヴァーってヒトと
           レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /     寝ちゃったのよ♪
             ,ヘ,、 __, イ










       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /










             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 約束を守らないなんて最低
              /  /" `ヽ ヽ  \
          //, ' /乂     ヽハ 、 ヽ でもいいわ
         /〃从{_{ \   /,リ| l │i|
           レ!小l,r‐、(●) (●)从| 、i|  許してあげる 
         Wri,ソ  .}⊃、_,、_, ⊂⊃/从i
           __,r/   ム  ゝ._)  /ノ リ人
      _/´ ´   ,.イ::::`、.,、 __, イriWりノ   
   ,r‐/  l   | イ:| ヘ:::::::ヽー | リiソ    
   !  、  '.  |  !:| !ヘ::::::::∨!\_´     
   ヽ  ヽ._,ゝ-'  `ヽ.|:.:.\::::「|::::::::`!    
   く::`ト-'、二ニ=- 、__):.:.:.:.ヽ:!|::::::::∧      
    `ヽ._    // ヽ:.:.:\`ヽ::/|ニヘ.   
        ト、     /   \:__ヽ:ノ.:.:!   }
                         









             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
              /  /" `ヽ ヽ  \
          //, ' /乂     ヽハ 、 ヽ
         /〃从{_{ \   /,リ| l │i|  一年以上も
           レ!小l,r‐、(●) (●)从| 、i|   
         Wri,ソ  .}⊃、_,、_, ⊂⊃/从i 待たされたんだから
           __,r/   ム  ゝ._)  /ノ リ人  
      _/´ ´   ,.イ::::`、.,、 __, イriWりノ  このまま別れても
   ,r‐/  l   | イ:| ヘ:::::::ヽー | リiソ
   !  、  '.  |  !:| !ヘ::::::::∨!\_´     よかったのよ
   ヽ  ヽ._,ゝ-'  `ヽ.|:.:.\::::「|::::::::`!
   く::`ト-'、二ニ=- 、__):.:.:.:.ヽ:!|::::::::∧
    `ヽ._    // ヽ:.:.:\`ヽ::/|ニヘ.
        ト、     /   \:__ヽ:ノ.:.:!   }










             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
              /  /" `ヽ ヽ  \
          //, ' /乂     ヽハ 、 ヽ
         /〃从{_{ \   /,リ| l │i|  でもいいわ、
           レ!小l,r‐、(●) (●)从| 、i|   
         Wri,ソ  .}⊃、_,、_, ⊂⊃/从i 貴方を許します
           __,r/   ム  ゝ._)  /ノ リ人  
      _/´ ´   ,.イ::::`、.,、 __, イriWりノ  
   ,r‐/  l   | イ:| ヘ:::::::ヽー | リiソ
   !  、  '.  |  !:| !ヘ::::::::∨!\_´     
   ヽ  ヽ._,ゝ-'  `ヽ.|:.:.\::::「|::::::::`!
   く::`ト-'、二ニ=- 、__):.:.:.:.ヽ:!|::::::::∧
    `ヽ._    // ヽ:.:.:\`ヽ::/|ニヘ.
        ト、     /   \:__ヽ:ノ.:.:!   }










       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \
    /  <○>  <○>  \  いや・・・許してあげるのは
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /  むしろこちら側なんじゃ・・・
    /              \










             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    なに言ってんのよ!
              /  /" `ヽ ヽ  \
          //, ' /乂     ヽハ 、 ヽ 私は寂しかったのよ!
         /〃从{_{ \   /,リ| l │i|
           レ!小l,r‐、(●) (●)从| 、i| 男の貴方に 
         Wri,ソ  .}⊃、_,、_, ⊂⊃/从i
           __,r/   ム  ゝ._)  /ノ リ人 待つ女の辛さが
      _/´ ´   ,.イ::::`、.,、 __, イriWりノ   
   ,r‐/  l   | イ:| ヘ:::::::ヽー | リiソ   分かるというの!?
   !  、  '.  |  !:| !ヘ::::::::∨!\_´     
   ヽ  ヽ._,ゝ-'  `ヽ.|:.:.\::::「|::::::::`!  このくらいは 
   く::`ト-'、二ニ=- 、__):.:.:.:.ヽ:!|::::::::∧      
    `ヽ._    // ヽ:.:.:\`ヽ::/|ニヘ. いいにきまってるでしょ!
        ト、     /   \:__ヽ:ノ.:.:!   }










       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \
    /  <○>  <○>  \  大変だったのは
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /  こちらも同じでして・・・
    /              \










             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ _ノ( \  ピキピキ
         //, '/     ヽ⌒ 、 ヽ
        〃 {.._{ \   /リ| l │ i|
         レ!小l( ○) (○)从 |、i|  じゃあ別れる?
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ 










             ____
           /      \
          / ─    ─ \   それは勘弁してください
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |









              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \    それじゃ
          //, '/     ヽハ  、 ヽ
          〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|    許してもらうことに
          レ!小l(ー) (ー)从 |、i|
           レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ      感謝すること
             ヽ、  ゝ._)   j /
             ,ヘ,、 __, イ    










       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \
    /  <○>  <○>  \  許していただき
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /  ありがとうございます  
    /              \










                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
               / /" `ヽ ヽ  \  許してあげるなんて
            //, '/     ヽハ  、 ヽ   
            〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|  私って優しい女♪
            レ!小l(>) (<)从 |、i|
             レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
              ヽ、  ゝ._)   j / 
               ,ヘ,、 __, イ    











                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、        ゝ 〈   
 ト ノ         / /" `ヽ ヽ  \      iニ(()
 i  {         //, '/     ヽハ  、 ヽ     |  ヽ  
 i  i       〃 {_{ __,  , ‐- リ| l │ i|    i   }
 |   i       レ!小l( ●) (●)从 |、i|     {、  λ
 ト-┤.      レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ      ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     ´ ヽ、  ゝ._)   j /    ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__   ヘ,、 __, イ __ " \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
      
            めでたし めでたし♪



----------



後半部分が強引過ぎるけど、
僕はこーゆー意味なんだと解釈してる。
なんかスイーツ(笑)っぽい気がする。

でも遅刻はよくないよね!
万年遅刻魔の僕が言うのもなんだけど!

閉じる

テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

【2008/11/29 17:16 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
ニコニコ版「やる夫で“Mary Anne With The Shaky Hand”」


ニコニコ版も完成。
今までに比べ、分かりにくいかもしれない。
製作中に気づいたことだが、
同曲をコメントでリクエストした人がいた。
結果としてそれに応えた形になったが、
次のネタがバレてるみたいで複雑な気持ちだ。
でもオナホネタだとは予想もしまい!
・・・オナホネタだってわかるよね?

やる夫で「The Who“Mary Anne With The Shaky Hand”」

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:音楽

【2008/11/28 12:30 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
やる夫で「The Who“Mary Anne With The Shaky Hand”」
The Who- Mary Anne With the Shaky Hand


The Who「Sell Out」が大好きだ。
The Whoで一番好きなアルバムだ。
最高傑作は「Who's Next」だと思うけど、
「Sell Out」の楽しさには敵わない。
なんかこう、おもちゃ箱をひっくり返したような、
そんな遊び心に溢れてるんだよね。

というわけで今回は「Sell Out」収録の
“Mary Anne With The Shaky Hand”を訳してみよう。
やっぱりエロな歌詞なのでやる夫に登場してもらう。
初期のThe Whoってアホな曲満載でいいよね!



----------

I danced with Linda
I danced with Jean
I danced with Cindy
Then I suddenly see

Mary-Anne with the shaky hands
What they've done to her man
Those shaky hands

Mary is so pretty
The prettiest in the land
Guys come from every city
Just to shake her shaky hands

Linda can cook
Jean reads books
Cindy can sew
But I'd rather know

Mary-Anne with the shaky hands
What they've done to her man
Those shaky hands

----------


                  _
         ,.. -─‐- 、 r''7'´/‐=z._
.      , ‐' ´ ̄      `       _`ゝ  私の中で
     /'´                  `ヽ  シャッキリポンして!
.    /                        i
    i/       ,. -=‐ヽ!          |
   イ       ィ´     |. | l 、\ ヽ、.__ ゙、
    |       | '" ̄` ヽト、トゝ、三ニ、=-‐ィ
.    i      │,. -─ 、    , -‐- 、 ,゙_彡'
  {ヽJ     .ノ   (:U:}    {:U)   i |
  `ミ._,. ノノ,.イ.)   ー-ー'     { `ー‐' .l .|
   /   ̄ ヽ、._            >   |  |
.  { ./     ヽ    fニニニ7     ,! i i
   Y l  l   /| `‐、  ヽ、 _,/   .イ ! !
.   { |  |   ,' .!    ` ‐、._  ,. ‐ '´ l. | し1
    ヽ!、 |   !ノ         「  {   !、ヽノ
   ─ 'T´ ̄          !`T' ‐- 、三'
       i                |
        ヽ、             ノ
         ` ー------‐ ' ´

       リンダとヤったお










     /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !| f{矛:下 '    イ孑代フ イ } /
.        Vハ  |  r';;z j       r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄      ,   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ  """       "" 厶 ./  
             ', {.代ト、     ´   , イ | /  ・・・マグロでごめん
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │
             
            ジーンともヤったお











    /// /    イ l  | |  | |   ヽ ヽ ヽ、
ィニニ〔ゝノ ノ   / ヽ\ヽヽ  | l    |l  |l  ヽ
'´/ /| | /    /'´ ̄ヽゝニヽ-ヽヽ  │ | |  ヽヽ
イ/ / /| |    l-ャ─-,ニ、ミ‐`ヽ、ヽヽ / / /  l ヽヽ
/ / / l |   |  `ー='-ニゝヽ`   |/メ、/l  │ l | l
./  / / ヽ   l           ィ_=、 ヽl  ハ│|l
'  / /   ヽ  l          l、'rヽj`ァ' メ | / リ
  `,´l    lヽ ヽ         /ノ `'’,イ  /イ
  /| |   |  `丶ゝ    ー= ‐- 、   ,lノ  ,イノ
. /│|   |          `ニ '´   ノ , イ |  乳酸菌とれてるぅー
/  ! |   !  、           ィニィ´| |lハ
  | !   |   _`ト_、_     , イ    ! |ル'    ,イ
  ハ ヘ  |‐'  ̄,.ィ´ヘ` ー- イ  |    |l |    /│
ノ  ヘ ヘ   | <´ィ´ /介`ヽ\ |   ハ  l   / ノ      _,
ゞ、_ゝヽ  !  \ニ〃 ハ トニノノ j   / ハ ト、//,ィ _ ,.-ィ´
  ヾゝヽ.ヽ lー-、   1 |│|ヽハ 」  / _ハ_/ イィニィ'´    <
    ヾゝヽ. l^ーィ- 、|│ | ト、>-リ  イニィィー '^ヽ、
     ヾヽヽゝ   ̄! | | lヽヾ/  /        ヽ

         シンディともヤったお










            ____    
          /      \   
         /  _ w _\ __________ 。
       /    _____| |  ヘ__  ヘ__|
   /⌒|     ((_____| | Σ __(○)_(○)
  /   |. ι   (__人__)   | |  '' ,         | 
 |    l \      |   |    | |    △         |   。
 ヽ     -一ー_~、⌒)^),-、|    | |________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ~    | |  |

    そしたらあるとき突然目に入ったんだお










::::::::/           ヽ、   :: ::: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::/            lハ ::: : :: :::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
::::l           l  /ノリ ::: : :: ::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
:::|          /) / ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
::l          /イ/| . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
/          / ||/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7l::::::::::::::::::::
      i   /_,/i!/ マリー・アンヌ  / l::::::::::::::::
      l    人  / By TENGA /  /::::::::::::::::
     l   / /⌒ヽ       /  /::::::::::::::::
     l  /il  |   )      /  /::::::::::::::::
     ll l i! `ー、\___ / n/::::::::::::::::
     lヽ l    |\. \   /⌒〉::::::::::::::::

   マリー・アンヌの性能は










 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|  男達を魅了する!
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >                  
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o











      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\     マリーは最高だお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    こんな凄いのは他にないお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     / 









        ,, ―- 、_
      /        '' - ,,
    /             '' - ,,
   /                 ヽ
  i           / /ヽ    !
  ,i          ./ / ''―、   !
  i     ,、 n て'' ノノ    ヾ   !
  i    ノノノ ノ ノ ''´      !  /
 ?   j   ' ´    ノ (    ヽ |
 >-,,  /  ,,=━━・!' ,ノ━== ! ノ
 !・  ヽ |  ’ニンniii、 :::::i/ィ7iii=  i )  物売るって
 \(てi iヽ   ^' ~     -'  /}   レベルじゃねぇぞ!!
  `i_   、 \        i_    l_j   
   `┐ i    /(,,, ,n 〉   /\\   
  ̄ ̄へ    ! '   T''    l |  \
   |  ! i    ン=ェェi) i ソ )
   |  i´\! ,, -ェ`、_ン ノノ 〈
   |  |  \\,, `―''´//  |
   |  つ   !、_'''''''''''''  /   7

  野郎共がマリーを求めて国中からやって来るお










          /     |l| l| || |l!/ ̄ ̄==彡彡||| ヽヽ
          /  /〃l |HlA|l|! |.|l   ‐-、 彡ソリ、 ヽi
    ⊂=   // /l l| | |l! ,,,,,_└! リ   ,,,,__ ` 彡/|  |l
        〃.  ||l ||」"〃ro、      ゙ro、ヾ= シリ. |  l!  ‐つ
        /   |||」" ~  !;;;ノ     !;;;ノ   シ〈 l |. |
   ι  /   / l. l `ー- :::::::::::::... ー‐ '  ,. | .l | |
  __,,,,___/  /    \|     〈        /ノ. | | |
/´   \//   / 人    r ‐‐‐‐、    /7 | | | /  _,,,,,__
       Y/   /   へ、   `ー一''゙   // /. ルレ′/    ヽ
   ど   ゝ / / // |,f´゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ヽ_〃/  __/
   う   > ,,-‐''''゙゙゙゙""゙]:::::::::::::::::::::  :::::::: ト、''''‐、\   お
   で   l/ 十 十/ j777777777777777゙i l 十ヽ|   む
   す   |-‐'''''‐ゥ/   |イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|' `ヽ-= |    す
   か   |十 /ミl´    l L____,----‐'゙  ト、 |    び
   ?   |  l三l、  、ヽ、`ー-、ミミミミ ゝ-----'    lミ|    `
        | 十!、彡ニ=T\二ニンミミミミミミ,ニ=‐‐ニ、_ノミ八 
.       |   十  ノ    `゙゙゙゙゙゙▽゙゙゙ー''''''" |ヽ--''"  `、
.       /十   /    十 @ l 十    \十    \
      /  ‐‐''゙゙ 十       |   十      十

          リンダは料理ができるんだお










           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||   恋空泣ける・・・
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i
       ヽ::.:..:..:.::..∧/    ヽ  i _ .. -―
       ``ーニ´/ー-、   | _|
       _. -―  ̄  ト―.:「:.:l
                 ヽ:..__:L_|
                ヽ.__)ノ

     ジーンは本が読めるんだお










           ,ォェ、___     
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、  
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\   華麗なるレース刺繍よぉ
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  ////l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/
.   /.::::::::::::::::::::::|:::l ヽl_,、_r、,_,、r、l'|:::::', :::::::::::::/
  〈:::::::::::::::::::::::::l:::::\゙ ' | l / ' ,}::::/ :::::::::::ハ
.   \:::::::::::::::::::i、:::::::::\  仍} ,/:::::l`ヽ:::::::::::::',
     T :::::::::::/ \:::::::::::` - 、/::::::::l  ヽ:::::::::..ヽ

      シンディは縫い物ができるんだお










      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \   でもそんなんじゃダメなんだお  
   |    (__人__)    | 
   \    ` ⌒´    /
   /              \











         ____
       /_ノ ' ヽ_\
     /(≡)   (≡)\
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
    |     |r┬-|     |  ________
    \      `ー'´     / .| |          |
    ノ           \ | |          |
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |

      マリー・アンヌの性能は










 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|  男達を魅了する!
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >                  
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o


----------

歌詞が短いので曲中の「マリー・アンヌ」は何者なのか、よく分からない。
でもピート(鼻)のことだから風俗嬢かなんかだろう。
でも風俗嬢をAAで表現するのは困難なので、
マリー嬢にはオナホとして登場して頂いた。
んじゃ「Shaky Hands」って使用者のことか!
こーゆー解釈は如何でしょ?

なんか最近下ネタばっかだね。

閉じる

テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

【2008/11/28 10:00 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
ニコニコ版「やる夫で“The Kids Are Alright”」


歌詞が短く、繰り返しなので作業は楽だった。
一番大変だったのが間奏部分だったりする。
前作では大きなミスを犯してしまったが、コイツは大丈夫だろうか?

やる夫で学ぶ「The Who“The Kids Are Alright”の歌詞」

【2008/11/26 00:18 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
やる夫で学ぶ「The Who“The Kids Are Alright”の歌詞」
The Who - The Kids Are Alright


今回の来日で聴きたかった曲だ。
いい歌やわぁ。
歌詞もいいのよ、負け犬全開でさ。

というわけで“The Kids Are Alright”の歌詞を、
負け犬代表やる夫が分かりやすく説明してくれるぞ。



----------

I don't mind other guys dancing with my girl
That's fine, I know them all pretty well
But I know sometimes I must get out in the light
Better leave her behind with the kids, they're alright
The kids are alright

Sometimes, I feel I gotta get away
Bells chime, I know I gotta get away
And I know if I don't, I'll go out of my mind
Better leave her behind with the kids, they're alright
The kids are alright

I know if I go things would be a lot better for her
I had things planned, but her folks wouldn't let her

----------



      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \   気にしないお
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \










                        _ノ(
          / ̄ ̄\           _ ___  て
       ./u  _ノ  \      ,. :'´: :,. -―‐-ミ:ヽ、 (
  .     |    ( ●)(●)   /: : : :厶ィ': ´ ̄ ̄ヾ : :\
  .     |  u  (__人__)   /: : : : : :.!: :M: : : : : }、: ヽト、:.\
  .      |   .  ` ⌒´ノ  i: : :.!: : : レ‐' ` ̄⌒ ⌒" トヘ:ハ! 
        |         } ト--|: : :.!: : 、|.u ー‐'' ´ `'ー  }: :.ト
  .      ヽ        } .`ー‐!: : :!: : : :! z=≡   ≡z.{: :.ハ
          ヽ     ノ    ',: :.ハ :_Nとつ \\\ C VVリ   
      ((/ ∪     ^ヽ  .i: :弋こ \ヽ __,. u. }     
    /´         ヽ _|: ハ: : :}\  /   1  /
    /;::u γ `ヽ  _   ::ヽ />=くf⌒Y ` {_  _,ノイ|
    /:::  /;;:::... u    ::::u/:.|   ヽ ヘ,、  _「 |::!:::}
  (;:.  ( :::::.....    u  /: :.|  ,r‐┴く:ト、__i⌒!::|イヽ ,. -‐ 、
   .`、  `、:::...     ./: : :∨ / 、    }:::::!C|: :|:イ | :}/ 、  \
  ミ;:ヽ  u\ミ'  /: : :./:/ /  `ーv-J:::::!::::|: :|/ V  し、__,__}
 ミ :;:;::::\、、、)   /: : : : /:./    /i::|: : |:::::::::|: :| /   /
((  ミ ;::::,'::;JJJ  /: : : : :/:.人   ノ::::::|: : |:::::::::|: :|\  /!
  ミ ;;:::::l::;::;;;:::  /: : : : :./: : : :`ー<::::::::::|: : |:::::::::|: :|: : : ̄!: :∧

 俺の嫁が他の男とヤっていても・・・












       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \
    /  <○>  <○>  \   大丈夫だお
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /
    /              \









                         ___
                       /     \
  ヾ、        〃    /.'´ ̄ ̄`ーl       |
              /  〃"` :l ヽ   /  |
              / / /  ハ/ |(●) (●)  |
 ヾ  し 頭      |i │ l |リ ノ  | (__人__)  |
    そ が      |i| 从( >) | `⌒´   /
     う フ     .(| ⊂⊃ 、_ ,、_\    /
 =  だ  ッ   =   V j_  |_/ イ_..、--┴ヘ        !!
     よ ト        r'〃 ̄ ̄ ̄ ̄   __.-<\} ヾ、       
     お │        {:.|l  _.....--―T ̄ .._   |.      や
      っ         ハ:.ゞ_、´ソ:!   |     `T "j 表 繋 ら
      っ         r、:.:.:.:.:.:.:.:j   |/   ノ !  /  へ が な
 〃        ヾ、   {三:::::.:.:.:.イ    j     ! /= 出 っ い =
      !!      _.ノ´:.:.:::::::/    /     ! /   る た 夫
            r':.:..:.:.:.:.:.;r' `ニ´ /     '/._  な ま と
          /ゝ、_/!{   ∠     { \ `ヽん ま
          ! : : : /  ヾ /  \ヽ二二ン ト、 /.て     ヾ、
           ! : r'´   /      ヾ\  \ \〃     !!
          r┤  _イ    _.\    |. \   ヽ \
          ヘ_ゝ∠:_ノー<´:::::::::\  |:.  \   !   ヽ
             l::::::::::::::::::::::::ノ`7|    \ !  ハ
             l::::::::::::::::::;:イ、_/:::|       〉|!    |
                l:::::::::::::::f|≡!|::::::|    / !|    j

     あいつのことはよく知ってるから・・・










       / ̄ ̄ ̄\
     /  _ノ  ヽ、_ \
    / o゚((●)) ((●))゚o\   でも時々思うんだお
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /
    /              \











:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ   ヽ、_   .ヽ.:: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;o゚(●)) (( ●))゚o ..ヽ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'      i:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ / |::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\.|::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/  .ヽ::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;/ / \  ._丿|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄: :: .:|


外の世界に出て行かなきゃいけないって・・・










  / ̄ ̄\                            
/   _ノ  \                             
|    ( ●)(●)                         
.|   ::* (__人__)                            
. |      ` ⌒´ノ           ;シミミヽ               
 |          }      __@_川i                
 ヽ     ノ    /´     `ヾi       /  ̄ ̄ ̄\
  /    く     /   リリリリリリリ\)     /;    . . : : : :\ 
  | ,、   \    l/:ミ(〇)::::::(〇)彡   / ∪   . . : : : : : :\
  |    \、..二⊃ l u:::*(__人__)*:: |   |         . : : : : : : : :|
  ! 、,   ,,)⌒ ー-⌒ヽ `ヽ二ノ  /   \_    . : :〃: : : :,/
  ( (、  (  \  \ \‐--‐イji| !     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ
  ,ゝ )ゝ ノ >ーノ‐u-J\ \_  ソリ ′   / . . . . : : : :..: : : : : ,::|
  し′し´ し ´      `--=⊇       / . : :/`: : : :..::: ::..: : : : :i

 俺の嫁はあいつに任せるお・・・あいつなら大丈夫だお・・・











            / ̄ ̄\                 
          /  ヽ_  .\             
          ( ●)( ●)  |     ____  
          (__人__)      |     /      \ 
          l` ⌒´    |  / ─    ─   \  
         . {         |/  (●)  ( ●)  \ 
           {       / |      (__人__)      | 
      ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ,/__ 
     / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ヽ、
    /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト、
       _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
       >_,フ      /               }二 コ\  Li‐'
    __,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |
                l                   i   ヽl

            あいつはいいヤツなんだお










      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \   時々
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \










    ―― [] []
   | l ̄ | |
   |_| 匚. |
\\   | |
   \\ |_|  / ̄ ̄ ̄\      逃げ出したくなるんだお
     \\/ _ノ  ヽ、_ \     
 [] [] ,-, / o゚⌒   ⌒゚o \           
   // /    (__人__)     \    ,.r-、
 匚/ /      `⌒´       \  P{三)
    /              |\   \/\ノ
    /ヽ/^y           |  ヽ     /
\  (、、J  |           |   \_/
 \\    |           |
   \\ |            |
\    \/           7
从从   (            /
Σ  ヽ、  へ        ω/
Σ  /  ̄   \     \
Σ_ノ \、__ / \      ヽ
  \\  \ \   \    〉
 ̄\\\ ̄| \\  //  /
 ̄ ̄\\\ ̄\ \//  /
 ̄ ̄ ̄\\\ ̄|  // /
 ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄\二フ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄|_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\  \










       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \
    /  <○>  <○>  \   ベルが鳴ったお
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /
    /              \










  |┃            / ̄\
  |┃            |     |
  |┃            \_/
  |┃            _|_
  |┃    ガラッ     イ´   `ゝ、
  |┃ 三      / /     {{ \ ハァハァ…
  |┃       /_/、ヽ    ヽΥへ_
  |┃      [____|_|____|_|___]
  |┃ 三     |   ///(__人__)/// | 
  |┃   ハァ… \     ` ⌒´   ,/
  |┃        /ゝ     "`  ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
゙⊂二、,ノ──-‐'´|  ゚       ゚   .| l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |    (x)       |ヾ___ソ
  |┃      /  \     /   l

     出て行かなきゃいけないお










       / ̄ ̄ ̄\
     /  _ノ  ヽ、_ \
    / o゚((●)) ((●))゚o\   分かってるお
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /
    /              \










 (( (ヽ三/)        (ヽ三/) ))
  .  (((i )   ___   ( i)))
  / /  /⌒  ⌒\   ヽ \
  (  く  /( 。)  (゜) \   > ) そうしないと 
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /   頭がおかしくなってしまうお
    ヽ|     |r┬-|     |/
      \     `ー'U´     /










  / ̄ ̄\                            
/   _ノ  \                             
|    ( ●)(●)                         
.|   ::* (__人__)                            
. |      ` ⌒´ノ           ;シミミヽ               
 |          }      __@_川i                
 ヽ     ノ    /´     `ヾi       /  ̄ ̄ ̄\
  /    く     /   リリリリリリリ\)     /;    . . : : : :\ 
  | ,、   \    l/:ミ(〇)::::::(〇)彡   / ∪   . . : : : : : :\
  |    \、..二⊃ l u:::*(__人__)*:: |   |         . : : : : : : : :|
  ! 、,   ,,)⌒ ー-⌒ヽ `ヽ二ノ  /   \_    . : :〃: : : :,/
  ( (、  (  \  \ \‐--‐イji| !     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ
  ,ゝ )ゝ ノ >ーノ‐u-J\ \_  ソリ ′   / . . . . : : : :..: : : : : ,::|
  し′し´ し ´      `--=⊇       / . : :/`: : : :..::: ::..: : : : :i

 俺の嫁はあいつに任せるお・・・あいつなら大丈夫だお・・・











            / ̄ ̄\                 
          /  ヽ_  .\             
          ( ●)( ●)  |     ____  
          (__人__)      |     /      \ 
          l` ⌒´    |  / ─    ─   \  
         . {         |/  (●)  ( ●)  \ 
           {       / |      (__人__)      | 
      ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ,/__ 
     / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ヽ、
    /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト、
       _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
       >_,フ      /               }二 コ\  Li‐'
    __,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |
                l                   i   ヽl

            あいつはいいヤツなんだお









  俺が出て行ったほうが
  彼女にとってはいいんだお             ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |    嫁 は く れ て や る   │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ










     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   色々考えたけど
|       (__人__) l;;,´|   彼女の環境じゃどうしようもないお
/      ∩ ノ)━・'/   
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


----------

歌詞が非常に短いので中途半端になってしまった。
とにかく主人公はヘタレだということを分かっていただければ。

もしかしたら今までの中で一番下品かもしれない。
・・・The Whoだからいっか!

閉じる

テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

【2008/11/25 22:13 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
ニコニコ版「やる夫で“I'm A Boy”」


ニコニコ版“やる夫でPcturesOf Lily”」では、
コメントにて
「くだらねぇwwww」
「あほwwww」
「へんなもん作るなww」
といった賞賛を頂くことができた。

そこでやる夫で学ぶ「The Who“I'm A Boy”の歌詞」もニコニコ動画にしてみた。
今度はどんな罵声が飛び出すか楽しみである。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:音楽

【2008/11/24 17:34 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
簡単にあめ色タマネギを作る方法
タマネギを弱火で長時間炒めて作る「あめ色タマネギ」。
コイツはめんどくさいし失敗しがちである。
そこで、僕なりに考えたコツを紹介するぞ。



①タマネギを小さく刻む
20081123-01.jpg

炒める体積を減らすためである。
写真では中タマネギ3個をウィンウィンした
気合を入れすぎてペースト状になってしまったが気にしない。


②刻んだタマネギに少量の塩を加えてしばらく放置
キャベツをしんなりさせる原理と同じ。
受験生には「浸透圧」といったほうが偏差値が上がるかな!
あまり塩を入れないように注意。
10分もすれば水分が出てくる。
化学ってスゲェ!


③レンジでチン
火を通して水分を飛ばす目的だからラップはいらない。
まんべんなくするために途中で混ぜると良い。
これで下準備はOK。


④サラダ油を熱したフライパンで弱火で炒める
焦げないように細心の注意を払うべし。
小さめのフライパンのほうが向いている。
常にヘラで混ぜていないといけないのは通常と変わらないが、
下準備のおかげで炒める時間が短縮されるので我慢。
ここは“Town-0 Phase-5”の鼻唄でも歌って軽快に炒めよう。


⑤完成
20081123-03.jpg

立派なうん・・・あめ色タマネギが完成した。
ひとり平沢ショーが盛り上がったので20分は炒めたが、
もっと短くてもいい気がする。
もし焦げている部分があったら苦いので取り除こう。
完成後に気づいたが、オーブンならもっと楽そうだ。



一応調理時間を短縮できているのでコツと呼べると思う。
通常なら1時間は炒めないといけないみたいだし。
あめ色たまねぎは大量に作って冷凍保存してもいいぞ。

今回作ったあめ色タマネギは全てカレーに使用した。
あめ色タマネギさえ用意できればコクのあるカレーも簡単だ。
もやしと鶏ムネ肉を大量に使用した安価カレー、
しかしあめ色タマネギのおかげで一段階上の味に!
カレーうめー!!

閉じる

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

【2008/11/23 15:44 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ニコニコ版「やる夫で“Pictures Of Lily”」


以前やったネタをニコニコ動画にしてみた。
これでこの曲の変態っぷりをフルに伝えることができるだろう。

The Whoは他にも変態ソングがあるので機会があればやってみたいと思う。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:音楽

【2008/11/21 13:19 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
ブラックオカラ
20081121112017
おからは節約生活の強い味方。
人参と玉葱で卯の花を作ったぞ。

レシピには薄口醤油ってあったけど、
んなもんないから濃口醤油で作った。

するとどうでしょう、
黒い卯の花ができたではありませんか!
これはこれで悪くないぞ。

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

【2008/11/21 11:20 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
南瓜衣装
20081120.jpg

十年前に買ったライブアルバムに付いていたハロウィンTシャツ。
ずっとタンスの奥に封印していた。
しかし最近ロックTシャツを着るようになったので、
このTシャツにも袖を通したわけだ。
今年のライブでも着たっけな。

このTシャツで学校に行くこともある。
どーせみんなHELLOWEENなんて知らんだろーから気楽に着れる。
しかしクラスメイトの口から意外な言葉が飛び出してきた。
「お、ハロウィンのTシャツなんか着てるのか」
な、なにー!?

「ハロウィン知ってるの?」
「そんぐらい知ってるさ」
「へぇ、もっと知名度ないもんだと思ってた」
「馬鹿にすんなよ、お祭りのことだろ」
やっぱそっちかー!!

「これはバンドのほうだよ」
「知らねーよ!」
うん、そうだよね。
いつだったかThe WhoのTシャツに向かって
「これ誰?」って言われた気がするよ。

っていうか11月半ばでHALLOWEENのTシャツなんか着れるかい!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2008/11/20 18:57 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
宴のあと
The Who二日目、
武道館ライブ。

基本的に前日と同じ。
開始前SEの選曲も、
ボウイの“ジーン・ジニー”が終わってからライブが始まるというタイミングも。

セットリストもほぼ同じ。
でもこの日の客は正直なもので、
“Eminence Front”が始まったら周りは座り始めた。
わかる、わかるよ。
80年代の曲やるならその曲じゃなくてあの曲だろ、と。

セットリストで唯一違った点、
それは“My Generation”から始まるメドレーだ。
さいたまでは“My Generation”から
どーでもいい“My Generation Blues”へと繋がって、
最後は初来日時のように“Old Red Wine”の後半部分で締めた。
しかし武道館では最後が“Neked Eye”だった。
しかもフルコーラス。
渋!なんすかその違いの分かる男的なチョイスは。
周りの客ポカーンだよ。
それやるくらいなら“Pure And Easy”やっとくれよ。

あと気になるのはロジャーじいさん(64)の動き。
あのマイクぶんぶんが進化して動きのパターンが増えていた。
その半面、マイクがゆっくり。
二日みてるとそれがよく分かる。
前はもっと早くなかったか?
もしや、音速を超えて逆にゆっくりに見えているだけなのか?!
あ、あと“Love Reign O'er Me”の歌いだしのタイミング、思いっきり間違ってた。

そんなこんなで一日目よりも厳しい評価。

全体の感想としては、選曲がよくないということ。
贅沢極まりないのは承知だが、
初心者泣かせの選曲なのは事実。
だからあの曲は外しちゃ駄目だって!

こうなったら次の来日に期待だ。
次…あるのか!?
【2008/11/18 10:02 】
日記全般 | コメント(2) | トラックバック(0)

by Simon@KobeCity

ライブの感想ありがとうございます。
しかし、なかなか手厳しいコメントですね!
次回(あってほしい!)来日したら、仕事より優先で絶対ライブ行きます。
私と同世代と思われる大阪城ホールに行ってこられた方のブログがありました。
http://blog.goo.ne.jp/musicwatch
コレを拝見して、無理しても行けばよかったと更に後悔してしまいました。ここ数日は毎晩WHOのDVD観ながらスコッチ飲んでます。
やっぱり生WHOが観たかったなあ~!!!

by 順之助

好きだからこそ辛口ですコンニチハ。
日本での知名度がまだまだだというのに、
ヒット曲中心のセットリストにしなかったのは大減点です。
あれじゃ後追いファンが付いていけません。

とかなんとか文句垂れても次があればまた行きます。
The Whoの映画が公開されるみたいなんでそれも観たいです。
トミーのミュージカルがまた来てくれないかと思ってます。
やっぱりThe Whoは最高です。

コメントを閉じる▲
ここでまつ
20081117183432
二階席。
でも前だし真ん中だからいいや。

まだかなー!
【2008/11/17 18:34 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
ぶどーかん
20081117175435
武道館の隣が靖国だったのか。

よし、首相にの代わりに参拝しちゃえ!

って参拝時間過ぎてるし。
仕方ないから開場まで会場近くに座って待つことに。
今日も楽しみだな!
【2008/11/17 17:54 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
言葉にできない
20081116200151
彼等の登場は至って普通。
よっこらしょと楽器を構えてあの曲を始める。
いつもと同じ。

一曲ごとの感想は野暮なのでしない。
でもセットリストは予想外のものだった。
“The Seeker”が二曲目なのは驚いた。
“Relay”なんかは最高の演奏だった。
個人的ハイライト。
“Sister Disco”は一瞬気付かなかった大穴だ。

でも…“Eminence Front”は…やっちゃ駄目だろ…
客が一気に冷めてたぞ。
あと“Substitute”をなぜやらない!?
このブログの立場がないではないか。

二度目ということで
欲張って辛口にってしまうが、
素晴らしい内容であったことは確かだ。
ロジャーは絶好調だった。
四年前より声出てね?

こりゃ明日も楽しみだわ。
セットリストの変更はあるのか?
【2008/11/16 20:01 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
会場
20081116163248
近!

でもベース側かよ!
ジョンが生きてたら特等席だったのになぁ
【2008/11/16 16:32 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
さいたまさいたま
20081116161941
とうちゃく。

軍用コート着てこなくてよかったー!
ターゲットマークのTシャツ着てこなくてよかったー!
細身の三ツボタンスーツ着てこなくてよかったー!
コスプレしてしまうところだった。

とりあえずパンフレットとポスターを購入。
ポスターかっこいいぞ!
【2008/11/16 16:19 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
はいたー!
今日は待ちに待ったライブだというのに気分が晴れない。
朝に食べたチロルチョコきなこ味が、
右奥歯に大ダメージを与えたからだ。

あれー?
無敵の歯の持ち主じゃなかったっけー?

よい子のみんなはThe Whoを聴いた後は歯磨きしようね!
【2008/11/16 10:03 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
十月の忘れ物
20081115104334
近所の畑にて発見。
日本の山奥にコレは浮きまくり。

さて、東京さ行くべか。
【2008/11/15 10:43 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
The Whoの“A Quick One”をジョジョ風に訳してみた
The Whoのベーシスト、ジョン・エントウィッスルは、
「ジョジョの奇妙な冒険」の第五部の登場人物である
ブローノ・ブチャラティとそっくりだ。
あ、信じてないだろ!
以下、二人の共通点を挙げる。

①イケメン
②おかっぱ
③独特のファッションセンス
④初登場時20歳
⑤メンバー中最も実力がある
⑥驚異的な指(フィンガー)の持ち主
⑦変態
⑧周りも変態
⑨壮絶な最期

JohnSultry.jpg

bucha046.jpg

どうだ、似てるだろう。
というわけでBUMPファンにはお馴染み“A Quick One”を
ジョジョ風に訳してみたぞ。

意訳?いいやッ!超訳だねッ!



The Who - A Quick One, While He's Away


----------

I. Her Man's Been Gone

Her man's been gone
For nearly a year
He was due home yesterday
But he ain't here

Her man's been gone
For nigh on a year
He was due home yesterday
But he ain't here

II. Crying Town

Down your street your crying is a well-known sound
Your street is very well known, throughout your town
Your town is very famous for the little girl
Whose cries can be heard all around the world

III. We Have A Remedy

Fa la la la la la
Fa la la la la
Fa la la la la la
Fa la la la la

We have a remedy
You'll appreciate
No need to be so sad
He's only late

We'll bring you flowers and things
Help pass your time
We'll give him eagle's wings
Then he can fly to you

Fa la la la la la
Fa la la la la
Fa la la la la la
Fa la la la la
Fa la la la la la
Fa la la la la la

We have a remedy
Fa la la la la la la
We have a remedy
Fa la la la la la la
We have a remedy
Fa la la la la la la
We have a remedy
Fa la la la la la la

(spoken)
We have a remedy. We have
Little girl, why don't you stop your crying?
I'm gonna made you feel alright.

IV. Ivor The Engine Driver

My name is Ivor
I'm an engine driver

I know him well
I know why you feel blue
Just 'cause he's late
Don't mean he'll never get through

He told me he loves you
He ain't no liar, I ain't either
So let's have a smile for an old engine driver
So let's have a smile for an old engine driver

Please take a sweet
Come take a walk with me
We'll sort it out
Back at my place, maybe

It'll come right
You ain't no fool, I ain't either
So why not be nice to an old engine driver?
Better be nice to an old engine driver
Better be nice to an old engine driver

V. Soon Be Home

We'll soon be home
We'll soon be home
We'll soon
We'll soon, soon, soon be home

We'll soon be home
We'll soon be home
We'll soon
We'll soon, soon, soon be home

Soon be home
Soon be home
Soon
We'll soon, soon, soon be home

We'll soon
We'll soon, soon, soon be home

We'll soon be home
Soon be home ...

VI. You Are Forgiven

Dang, dang, dang, dang, dang, dang, dang, dang, dang

Cello, cello, cello, cello, cello, cello
Cello, cello, cello, cello, cello, cello
Cello, cello, cello, cello, cello, cello
Cello, cello, cello, cello, cello, cello


I can't believe it
Do my eyes deceive me?
Am I back in your arms?
Away from all harm?

It's like a dream to be with you again
Can't believe that I'm with you again

I missed you and I must admit
I kissed a few and once did sit
On Ivor the Engine Driver's lap
And later with him, had a nap

You are forgiven, you are forgiven, you are forgiven ...
You are forgiven

----------

第一部 恋人は帰らない

彼女の恋人は一年近く帰ってこなかった・・・
独身と既婚者の中間の生命体となり
永遠に町の中をさまようのだ
そして会いたいと思っても会えなかったので
―そのうち彼女は考えるのをやめた



第二部 嘆く町

…この町は…いわゆる有名のレッテルをはられている…
少女の泣き声が必要以上にひろまり
いまだ泣き声が聞こえるというヤツもいる…
泣くだけで能なしなんで、気合を入れてやった少女はもう2度と通りへ来ねえ
世界中どこにいても
この町が話題になるなんてのはしょっちゅうよ



第三部 推薦良薬

ファララララララ~
我がドイツの医学薬学は世界一ィィィ!
できんことはないイイィーーーーーーーッ!!
な…泣き叫ぶんじゃあないッ!ドイツ軍人は泣き叫ばないッ!
ヤツはちょっと遅れるだけだァアアアア!

きけーっ。そこのかべに花がかざってあるだろう。とどくか。それをやる!
そうこうしてりゃ時間も過ぎるゥウウウウ!
ヤツに鷲の勲章をやろう
そうすれば地獄から舞い戻れるぜ

良薬だァアアアア!!
ファララララララ~
良薬だァアアアア!!
ファララララララ~

我がドイツには良薬があるのだァアアアア!
少女よ、泣くのをやめいいイイィーッ!
すぐに良い気分にさせてくれるわァアアアア!!



第四部 機関紙アイヴァー ―その青春―

わしは機関士の化身 名はアイヴァー!!
わしは百時間の残業から目覚めた男

わしはその男を熟知せねばならない宿命にあるッ!
お嬢さんが落ち込んどることもよォく知っとる
彼が遅れるのは確実!
そう、コーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!
彼が君を見捨てたという意味じゃあない

彼は君を愛しておると言っておった、嘘じゃあない
機関士アイヴァーが愛し合うことにおいて、
あやつなんかとは年季がちがうということを、これからおもいしらせてやる

「相手が遅れたとき、そいつはすでに敗北している」
これが機関士アイヴァーのやり方
老いてますます、健在というところかな
わしの前ではいい子にしとくんじゃぞ
わしの前ではいい子にしとくんじゃぞ
もうすぐ家につくぞ



第五部 家路

もうすぐ家だ・・・
もうすぐ家だ・・・
もうすぐ・・・
もうすぐ家なんだ・・・

もうすぐ家だ・・・
もうすぐ家だ・・・
もうすぐ・・・
もうすぐ家なんだ・・・

着いたッ! 第五部完!



第六部 あなたを許します

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

チェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロ
チェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロ
チェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロ
チェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロチェロレロレロレロレロレロレロレロ

アイキャンビリーブイット(しんじられないわ)
この味は!………夢みたいな『味』だわ……
気にしないで………そうなるべきだったところに………戻るだけなんだわ
元に戻るだけ…………

ワタシは「正しい」と思ったからヤったのよ 後悔はない…
こんな世界とはいえ、ワタシは自分の「信じられる道」を歩いていたい!

『あなたを待つ』……『男と寝る』
「両方」やらなくっちゃあならないってのが、「女」のつらいところだわ。
覚悟はいいか?ワタシはできてる

ユアフォーギブン(あなたをゆるします)

----------



何部にも分かれた壮大な組曲の割には歌詞はビッチだったりする。
タイトルも“A Quick One(さっと一発)”だし。

ジョジョって何にでも合うね。
何にでも合わせられる強引さがいい。
でもジョジョにThe Whoネタが出てこないのは寂しい。
玉美のザ・ロック(錠前)?
Tho WhoのはThe Rock(岩)だっつーに。

閉じる

テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

【2008/11/15 08:59 】
洋楽翻訳 | コメント(2) | トラックバック(0)

by グリーンデイ

最後はチャンチャン
でおわらないとw

ほんでチャンチャンのまえは

you're all forgiven

ですよ、ファンタジーやメルヘンじゃあるまいし・・・


by 順之助

なんでこんな訳思いついたんでしょーねー。
今思うと「?」なネタですよ。

チャンチャン♪

コメントを閉じる▲
Nirvanaの“Smells Like Teen Spirit”をメンズナックル風に訳してみた
Nirvana - Smells Like Teen Spirit


屈折した少年の歌を作らせたらピート(鼻)に敵う者はいないけど、
コベイン君もなかなかの若者だったと思うんだ。
NrvanaってLeeds時代のThe Whoっぽいとか言ったら
涅槃教の信者に怒られそうだ。

というわけで、
若さの衝動の産物というべき“Smells Like Teen Spirit”を
同じく若さの衝動といえる「メンズナックル」風に訳してみたぞ。
ほら、カート・コバーンの嫁もビッチだし合ってるじゃん。

意訳?いいえ超訳です。



----------

Load up on guns
Bring your friends
Its fun to lose
And to pretend
Shes overboard
Myself assured
I know I know
A dirty word

Hello (x 16)

With the lights out its less dangerous
Here we are now
Entertain us
I feel stupid and contagious
Here we are now
Entertain us
A mulatto
An albino
A mosquito
My libido
Yea

Im worse at what I do best
And for this gift I feel blessed
Our little group has always been
And always will until the end

Hello, hello, hello, how low
Hello, hello, hello, how low
Hello, hello, hello...

With the lights out its less dangerous
Here we are now
Entertain us
I feel stupid and contagious
Here we are now
Entertain us
A mulatto
An albino
A mosquito
My libido
Yea

And I forget
Just what it takes
And yet I guess it makes me smile
I found it hard
Its hard to find
Oh well, whatever, nevermind

Hello, hello, hello, how low
Hello, hello, hello, how low
Hello, hello, hello...

With the lights out its less dangerous
Here we are now
Entertain us
I feel stupid and contagious
Here we are now
Entertain us
A mulatto
An albino
A mosquito
My libido
Yea

----------

伊達ワル装填完了
ストリートは一直線に俺の虜
負けるフリは俺の伊達ワルレジェンドのはじまり
あの女が俺にもっと輝けと囁いている
孔雀は堕天使の象徴ということを俺は知っている

チィーッス チィーッス チィーッス どうすか?
チィーッス チィーッス チィーッス どうすか?
チィーッス チィーッス チィーッス

明かりを消せば秘めた野生を解放する
シーンの最前線で俺たちを楽しませる覚悟はあるか?
ステューピッドな罠がオマエを篭絡するぜ
シーンの最前線で俺たちを楽しませる覚悟はあるか?
アマレットに舞い、クレイジーに酔う
一つだけ言える心理がある。「男は白子を食え」
蚊すらも刺し殺すワイルドさ!
レアでモダンなリビドー感を完全マスター

得意だけど、苦手。それが孤高のファンタジスタ
それが俺を包む泰然自若の心地良さ
伊達ワル界ではこれが常識
最後までストリートという劇場で舞い続ける

チィーッス チィーッス チィーッス どうすか?
チィーッス チィーッス チィーッス どうすか?
チィーッス チィーッス チィーッス

明かりを消せば秘めた野生を解放する
シーンの最前線で俺たちを楽しませる覚悟はあるか?
ステューピッドな罠がオマエを篭絡するぜ
シーンの最前線で俺たちを楽しませる覚悟はあるか?
アマレットに舞い、クレイジーに酔う
一つだけ言える心理がある。「男は白子を食え」
蚊すらも刺し殺すワイルドさ!
レアでモダンなリビドー感を完全マスター

味わったものを忘れる、それがマッド・ロックの休息
華麗なる俺様イズムは探索困難
漆黒に選ばれし男の体制への逆襲

チィーッス チィーッス チィーッス どうすか?
チィーッス チィーッス チィーッス どうすか?
チィーッス チィーッス チィーッス

明かりを消せば秘めた野生を解放する
シーンの最前線で俺たちを楽しませる覚悟はあるか?
ステューピッドな罠がオマエを篭絡するぜ
シーンの最前線で俺たちを楽しませる覚悟はあるか?
アマレットに舞い、クレイジーに酔う
一つだけ言える心理がある。「男は白子を食え」
蚊すらも刺し殺すワイルドさ!
レアでモダンなリビドー感を完全マスター

----------

すごい。
本当にすごいよメンズナックル。
もう原形を留めていない。
でも「Teen Spirit」ってデオドラントの名前らしいから
ファッション誌と混ぜたのは間違っていなかったと思う。

この雑誌ってアレなコピーで有名だけど、
内容自体は結構普通だったりする。
「ファッションは個性を出すもんだ」ということを伝えようとしたら
あーゆーアレすぎるコピーになったんだと思う。

僕もガイアに囁いてほしいです。

閉じる

テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

【2008/11/14 11:13 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
QUEENの“Bohemian Rhapsody”を邪気眼風に訳してみた
Queen - Bohemian Rhapsody


え、QUEENの新作が出てんの?
知らなかったー。
ファン歴10年の僕の眼を欺くとは流石QUEEN。
といってもフレディはおろかジョンもいないQUEENに興味ないな。
え、Tho Whoもオリジナルメンバーは半分じゃないかって?
ヴォーカルがオリジナルか否かは大事っしょ!

ところで、QUEENの最高傑作といえば
言わずもがな“Bohemian Rhapsody”である。
しかしこの曲、大層ドラマティックであるため
6分という時間に詰め込まれた歌詞世界は
常人には理解しがたいものとなっている。
っていうかオペラ・パートって中二病っぽくね?

というわけで勇敢にも“Bohemian Rhapsody”を
厨の代名詞「邪気眼」風に訳してみたぞ。
意訳?いいえ超訳です。



----------

Is this the real life ?
Is this just fantasy ?
Caught in a landslide
No escape from reality
Open your eyes
Look up to the skies and see
I'm just a poor boy, I need no sympathy
Because I'm easy come, easy go
A little high, little low
Anyway the wind blows, doesn't really matter to me, to me

Mama, just killed a man
Put a gun against his head
Pulled my trigger, now he's dead
Mama, life had just begun
But now I've gone and thrown it all away
Mama, ooo
Didn't mean to make you cry
If I'm not back again this time tomorrow
Carry on, carry on, as if nothing really matters

Too late, my time has come
Sends shivers down my spine
Body's aching all the time
Goodbye everybody - I've got to go
Gotta leave you all behind and face the truth
Mama, ooo - (anyway the wind blows)
I don't want to die
I sometimes wish I'd never been born at all

I see a little silhouetto of a man
Scaramouch, scaramouch will you do the fandango
Thunderbolt and lightning - very very frightening me
Gallileo, Gallileo,
Gallileo, Gallileo,
Gallileo Figaro - magnifico

But I'm just a poor boy and nobody loves me
He's just a poor boy from a poor family
Spare him his life from this monstrosity
Easy come easy go - will you let me go
Bismillah! No - we will not let you go - let him go
Bismillah! We will not let you go - let him go
Bismillah! We will not let you go - let me go
Will not let you go - let me go (never)
Never let you go - let me go
Never let me go - ooo
No, no, no, no, no, no, no -
Oh mama mia, mama mia, mama mia let me go
Beelzebub has a devil put aside for me
For me
For me

So you think you can stone me and spit in my eye
So you think you can love me and leave me to die
Oh baby - can't do this to me baby
Just gotta get out - just gotta get right outta here

Ooh yeah, ooh yeah
Nothing really matters
Anyone can see
Nothing really matters - nothing really matters to me

Anyway the wind blows...

----------

これは現実?
それとも幻想?
大地は崩壊し
現実から逃げることなどできない
邪気眼を発動し
    そら
天を、宙を見渡すのだ
この痛み・・・邪気眼を持たぬ者にはわからんだろう・・・
なぜなら俺は流浪の民
多少のことには動じない
風が泣いている・・・だが俺には関係のないことだ



ママ・・・人を殺したよ
エターナルフォースブリザード
相手は死んだ
ママ・・・人生始まったばかりだというのに
俺は・・・俺は台無しにしてしまったんだ!
ママ・・・
悲しませようと思ってしたんじゃない・・・体が勝手に・・・
っふ・・・明日俺が帰ってこなくても
俺のことは忘れて生き続けてくれ・・・

手遅れだ・・・俺の番がやってきた・・・
はは・・・見てくれよ・・・俺が震えてんだぜ
体が邪気眼に耐えられそうにない・・・
サヨナラみんな・・・俺もう行かなくちゃ
ついに真実と向き合う時が来たんだ
ママ・・・(風が泣いている)
俺・・・死にたくないよ!
俺・・・生まれてこなきゃよかったのかなぁ?



男の影・・・こんな時にまで・・・しつこい奴等だ
スカラムーシュ スカラムーシュ     ファンダンゴ ダンス
道化師、道化師よ・・・俺に舞曲を踊ってくれないか?
空が泣いている・・・ああそうさ、恐いのさ!
ガリレオ・・・ガリレオ・・・
ガリレオ・・・ガリレオ・・・
               マグニフィコ
ガリレオ・・・フィガロ・・・貴き人よ!

     ディスティニー  
でも俺の運命は残酷なんだ
「怪我もして無いのに腕に包帯巻いて何してんの?」
俺は流浪の民、死にたくなかったら俺から離れろ!
 ビスミーラ
『神に誓って!駄目だ、お前を行かせるわけにはいかない』
『彼を行かせてあげましょう』
 ビスミーラ
『神に誓って!お前を行かせるわけにはいかない』
『彼を行かせてあげましょう』
 ビスミーラ
『神に誓って!お前を行かせるわけにはいかない』
行かせてくれ・・・
「邪気眼見せろよ!邪気眼!」
・・・ふん・・・小うるさい奴等だ・・・失せな
「邪気眼見せろよ!邪気眼!」
貴様ら・・・許さん・・・
っは・・・し、静まれ・・・俺の腕よ・・・怒りを静めろ!!
ダメだ、イヤだ、ダメだ、イヤだ、ダメだ、イヤだ、ダメだ
ママ、ああママ、助けてよママ
ベルゼブブ
悪魔の王よ、我が為に悪魔を取り除き給え
我が為に
我が為に!!



晩御飯は後で食べるって言ったじゃんか!
片付けられたら朝までお腹減ったままじゃないか!
そりゃないぜ母ちゃん
家出だ!こんな家出て行ってやる!・・・え、明日カレー?



・・・っふ
この程度か・・・
こんな攻撃、誰でも避けられるぞ
この程度では・・・邪気眼を使うまでもないな・・・

風が泣いている・・・

----------



邪気眼君の日常を20世紀最高の曲で表現してみたぞ。
みんな一度はこんな妄想したことあるよね。

ちなみにオペラパートは
邪気眼君が、心配するクラスメートを尻目に自分に酔ってたところ
最後は不良共に絡まれるという設定である。

こんな無茶苦茶な訳ができるのも、
原詞が抽象的で解釈の余地が多分にあるからである。

名曲は色褪せることなく、
むしろこーやってイジられるのだ。

閉じる

テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

【2008/11/13 21:03 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
ようこそニポン
今日がThe Who日本ツアーの初日だ。
何やるんだろ?
でもセットリストをネットで調べることはしないぞ。
当日まで楽しみにするのだ。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2008/11/13 06:49 】
音楽日記 | コメント(2) | トラックバック(0)

by Simon@KobeCity

お久しぶりです!
私は長い間ライブには行ってません。
フーの今回の来日ライブを私の分まで満喫してください。感想楽しみに待ってますので、エントリーしてくださいね。
ちなみに、ドラマーはリンゴ・スターの息子でしたっけ?

by 順之助

お久しぶりです!
ライブが楽しみで授業中脳内ライブが開催されています。
ライブの感想も勿論する予定でございます。

仰る通り、ドラマーはリンゴちゃんの息子ザック君です。
君付けしてるけど「My Generation」と同い年なんですよね。

コメントを閉じる▲
やる夫で学ぶ「The Who“Pictures Of Lily”の歌詞」
The Who - Pictures Of Lily(リリィのおもかげ)


The Whoの初期の名曲“Pictures Of Lily”。
世界初のオナニーソングと言われてるこの曲、
要はオナニー対象に恋をするという歌詞なのだ。

これって今で言う「二次元嫁」じゃね?
というわけでやる夫風に訳してみた。
っていうか意訳ですらない。
そこで一度やってみたかった「やる夫で学ぶシリーズ」にしてみた。
下ネタ満載だから注意してね!



----------

I used to wake up in the morning
I used to feel so bad
I got so sick of having sleepless nights
I went and told my dad

He said, "Son now here's some little something"
And stuck them on my wall
And now my nights ain't quite so lonely
In fact I, I don't feel bad at all

Pictures of Lily made my life so wonderful
Pictures of Lily helped me sleep at night
Pitcures of Lily solved my childhood problems
Pictures of Lily helped me feel alright

Pictures of Lily
Lily, oh Lily
Lily, oh Lily
Pictures of Lily

And then one day things weren't quite so fine
I fell in love with Lily
I asked my dad where Lily I could find
He said, "Son, now don't be silly"

"She's been dead since 1929"
Oh, how I cried that night
If only I'd been born in Lily's time
It would have been alright

Pictures of Lily made my life so wonderful
Pictures of Lily helped me sleep at night

For me and Lily are together in my dreams
And I ask you, "Hey mister, have you ever seen"
"Pictures of Lily?"

----------


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  いつも夢精しちゃうんだお…
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /

   







       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  こんな夜が続くから不眠症だお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /









       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だから親父に相談するお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /










   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  夢精対策にはやっぱりオナニーだろ
  |     ` ⌒´ノ   常識的に考えて…
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、  ←親父    \










                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|   
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l  
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/        
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/         
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/          
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/  そこでお前のために
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|  オカズを用意してやろう
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''









       ___
     / ⌒  ⌒\  これで夜もぜんぜん寂しくないお!!
    / (⌒)  (⌒) \  
  /   ///(__人__)/// \  
  |   u.   `Y⌒y'´     |
  \       ゙ー ′   ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
  / rー'ゝ       〆ヽ
 /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
 | ヽ〆        |´ |










       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ほんとうに最高だお・・・
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     / 










゚ | ・   i *゚・+゚   ` i  o.+  *。 |
 *o ゚ |+|   。*゚ `  。 | *゚・+゚ } o  |*
 o○+ | ∨       o + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___   。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚   最高だお!!
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o
    >                  <










         ____
       /_ノ ' ヽ_\
     /(≡)   (≡)\
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   リリィたんハァハァ
    |     |r┬-|     |  ________
    \      `ー'´     / .| |          |
    ノ           \ | |          |
  /´                 | |  リリィの絵  |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |










      / ̄ ̄ ̄ \
    /   ―   ―\    __,~ -,_ リリィたんのおかげで
__ /   ( ー)  (ー) \   |\`ー~' \ ぐっすり眠れるお
 ( |      (__人__)    |   \| ̄ ̄ ̄|
\ヽ\__  `ー ´__/ \@   ̄ ̄ ̄
  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
   ヽ               \
    \               \












    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\   リリィたんのおかげで
    |┃  |r┬-|     |⌒) 思春期の悩みも解決だお
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)









          ____        _ _ _ _ _ _ _ _ _
       /_ノ  ヽ、_\      ( リリィたんのおかげで
.     / (● ) (● )\   ( すごくいい気分なんだお・・・
    ///////(__人__)///\   ◯  最高の嫁だお////
    |               | 。O   ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄
     \           /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

 








       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   リリィたん・・・
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     / 










       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   リリィたんハァハァ
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     / 










       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   リリィたん・・・
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     / 









゚ | ・   i *゚・+゚   ` i  o.+  *。 |
 *o ゚ |+|   。*゚ `  。 | *゚・+゚ } o  |*
 o○+ | ∨       o + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___   。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚   リリィたん!!
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o
    >                  <











<ここから間奏>


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   パオーン 
| ・ U      |   パオーン
| |ι        |つ
U||  ̄ ̄ ||
   ̄      ̄










/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   パオーン 
| ・ U      |   パオオーン
| |ι        |つ
U||  ̄ ̄ ||
   ̄      ̄










どかーん!
(⌒⌒⌒)
 ||

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   発射だぞう
| ・ U      |
| |ι        |つ
U||  ̄ ̄ ||
   ̄      ̄

<間奏ここまで>












        / ̄ ̄ ̄\  やばいことに気づいたお・・・
     / ─    ─ \
    /  <○>  <○>  \.
    |    (__人__)    |
    \    ` ⌒´    /
    /              \









         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \   リリィたんに恋しちゃったお!
    /   ///(__人__)/// \  
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |










      
    / ̄ ̄\   息子よ・・・
  / ∪    \      ____       どうやったら
  |::::::        |   /      \     リリィたんに
 . |:::::::::::  ∪  |  / ⌒   ⌒  \   会えるのかお?
   |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \  
 .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     | 
 .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/ 
    ヽ::::::::::  ノ   |           \
    /:::::::::::: く    | |         |  |
-――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)










      ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙t,
     彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r''ソ~ヾ:;;;;;;゙i,
     t;;;;;;;リ~`゙ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    i,;;;;;;!
     ゙i,;;;;t    ヾ-‐''"~´_,,.ィ"゙  ヾ;;f^!  
     ト.;;;;;》  =ニー-彡ニ''"~´,,...,,.  レ')l. 
     t゙ヾ;l   __,, .. ,,_   ,.テ:ro=r''"゙ !.f'l.   
      ヽ.ヽ ー=rtσフ= ;  ('"^'=''′  リノ
    ,,.. -‐ゝ.>、 `゙゙゙゙´ ,'  ヽ   . : :! /
 ~´ : : : : : `ヽ:.    ,rf :. . :.: j 、 . : : ト、.、
 : : : : : : : : : : ヽ、  /. .゙ー:、_,.r'゙: :ヽ. : :/ ヽ\、  ←親父
  :f: r: : : : : : : : !丶  r-、=一=''チ^  ,/   !:: : :`丶、_
  : /: : : : : : : : :! ヽ、  ゙ ''' ''¨´  /   ,i: : : l!: : : : :`ヽ、   
 〃: :j: : : : : : : ゙i   `ヽ、..,,__,, :ィ"::   ,ノ:: : : : : : : : : : : :\
 ノ: : : : : : : : : : :丶   : : ::::::::: : : :   /: : : : : : : : : : : : : : : :\

        お前は何を言っているんだ











       / ̄ ̄\     彼女はこの世界にはいないんだよ 
      /       \   常識的に考えて・・・
      |::::::        |   
     . |:::::::::::     |   
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━











    ―― [] []
   | l ̄ | |
   |_| 匚. |
\\   | |
   \\ |_|  / ̄ ̄ ̄\     リリィたんのいない世界なんて
     \\/ _ノ  ヽ、_ \    耐えられないお!!  
 [] [] ,-, / o゚⌒   ⌒゚o \           
   // /    (__人__)     \    ,.r-、
 匚/ /      `⌒´       \  P{三)
    /              |\   \/\ノ
    /ヽ/^y           |  ヽ     /
\  (、、J  |           |   \_/
 \\    |           |
   \\ |            |
\    \/           7
从从   (            /
Σ  ヽ、  へ        ω/
Σ  /  ̄   \     \
Σ_ノ \、__ / \      ヽ
  \\  \ \   \    〉
 ̄\\\ ̄| \\  //  /
 ̄ ̄\\\ ̄\ \//  /
 ̄ ̄ ̄\\\ ̄|  // /
 ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄\二フ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄|_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\  \










          ____
  +      ./ /  \\  リリィたんのいる世界に生まれてたら
       / (●)  (●)\  みんなうまくいってたのにお・・・
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \   
    |      `-=ニ=-      | 
    \      `ー'´      / +
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
    .\ “  /__|  |
     . \ /___ /










         ____
       /_ノ ' ヽ_\
     /(≡)   (≡)\
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   リリィたんハァハァ
    |     |r┬-|     |  ________
    \      `ー'´     / .| |          |
    ノ           \ | |          |
  /´                 | |  リリィの絵  |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |










      / ̄ ̄ ̄ \
    /   ―   ―\    __,~ -,_ リリィたんのおかげで
__ /   ( ー)  (ー) \   |\`ー~' \ ぐっすり眠れるお
 ( |      (__人__)    |   \| ̄ ̄ ̄|
\ヽ\__  `ー ´__/ \@   ̄ ̄ ̄
  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
   ヽ               \
    \               \










       夢の中では                  ,.へ
  ___   リリィたんと一緒なんだお        ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     夢 の 中 へ         │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ











              ___
            / ⌒  ⌒\
           / (⌒)  (⌒)\  喪前らリリィたんに
         /   ///(__人__)///\ 会った事あるのかお?
          |  u.    `Y─┴──┴──┐
           \,,     :|            |
           /⌒ヽ(^う リリィは俺の嫁 |
            `ァー─イ.            |
           /    :|_________|
             /      /
          /      ⌒ヽ
      ___/  / ̄ ̄`)  ノ
     (__r___ノ     (.__つ










       ___
     /_ノ   ヽ_\       リリィたん!!
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /




----------

ファンの方、ごめんなさい。
でも僕も来日公演二日連続で行くくらいThe Whoが大大大好きだから許してね。

ここで伝えたかったのは、
こんな変態ソングを40年以上前に発表したバンドがいるということだ。
すごいぜThe Who、あんたら最高だ。
70年代のThe Whoもいいけど、
珍曲を連発した初期のThe Whoも大好きだぜ。

ちなみに原詞のリリィは実在の人物らしいぞ!
いいのか、こんな歌にして!?

閉じる

テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

【2008/11/13 00:01 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
ねぇ、ウィンウィンして・・・
FC2 トラックバックテーマ:「もらって嬉しいプレゼントは何ですか?」



僕は貰える物なら何でも喜ぶ貧乏性だが、
特に嬉しいものは調理器具。
過去にもらって一番嬉しかった調理器具は、

20071225.jpg

フードプロセッサーである。
なにこれ便利すぎ。
もぉこいつ無しじゃ料理できない。

僕はこいつを「ウィンウィン」という愛称で呼んでおり、
フードプロセッサーで刻むことを「ウィンウィンする」と言っている。
そこ、卑猥とか言わない。

「まず、この豚肉をウィンウィンします」
「彼女ぉ、俺と一緒に秋刀魚ウィンウィンしねぇ?」
「ゲッワイ エン ウィンウィン」
こりゃ流行るかもしれん。

さぁ良い子のみんなもLet'sウィンウィン!

【2008/11/12 10:36 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
朝からオムライス
最近オムライスネタの記事を書いてない。
しかし作っていないわけではない。
作ってはいるんだが・・・
綺麗にできなくなったのだ。

味に別状はないが、
卵が破れているオムライスは失敗というべきだ。
そして何よりケチャップでお絵かき出来ないのが悲しい。

どうしてこうなったのだろうか。
理由を考えてみる。
①技術低下
②器具の老朽化
③バターではなくマーガリン

①はありそうだ。
まだ綺麗に作るコツをつかんでいないのかもしれない。
②もありうる。
綺麗に卵がフライパンからはがれないのだ。
テフロン加工っぽいフライパンを使用しているが、
安物を3年も使えば焦げ付くだろう。
③は少し考えにくい。
っていうかコストの都合上これを原因にしたくない。

とか考えながら、
オムライスを食べて胃がもたれる水曜日の朝。

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

【2008/11/12 10:07 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
奴等に伝えろ!
The Whoのライブまで一週間を切った。
もう、ドッキドキものだ。
ファンなら「あの曲とこの曲はやるんだろうな」
とか妄想セットリストを考えちゃうもの。

そこで僕なりに今回の来日でやりそうな曲を考えてみた。
ちなみに挙げた順番は発表年順である。
(さすがに演奏順までは考えられなかった)



----------

・I Can't Explain
過去40年(!)のデータから、
この曲が95%の確率でライブ一曲目であることが判明した。
残りの5%は“Heaven And Hell”だが、
ベース神ジョンが仏になったのでまずやらないだろう。
なお数字は適当である。

・Anyway, Anyhow, Anywhere
前回の来日でもやってたんだしやるんじゃね?
フィードバックが聴ければそれでいいんです。

・My Generation
60年代のThe Whoを象徴する曲であり、
ライブでも非常に盛り上がるのでやらないわけがない。
やらなかったら暴動が起きる。

・The Kids Are Alright
なぜか近年やるようになった。
もうKidsじゃないってぇのに。
で、でも嬉しいんだからねっ!

・Substitute
この曲も外せない。
この曲はベースが肝だからジョンがいないと寂しいな。
でも聴きたいぞ。

・Magic Bus
ワンパターンな曲だが、それがライブには合うみたい。
でもLeedsみたいに8分間延々続けられたら、
別の意味で泣く。

・Pinball Wizard
あまりにもありがたい曲なので、
演奏中は拝み続けなければならない。
もちろん嘘である。

・Amazing Journey/Sparks
前回の来日で演奏された。
「え、この曲やるの!?うそー」
と嬉しい悲鳴を上げたものだ。
彼らなら今回もやってくれるはずだ。

・See Me Feel Me
ありがたい曲その2。
新世界の神を崇める気持ちで。
前回の来日では最後の曲だったが、
今回も最後の曲になりそう。

・The Seeker
穴曲その1。
一部のベスト盤でしか手にはいらないレア曲にもかかわらず、
近年よく演奏されている。

・Baba O'Riley
僕はこの曲が聴きたいんだ!
途中のピート(鼻)のパートを合唱できなければ肩身が狭くなる。

・Behind Blue Eyes
人気の高い曲なのでおそらくやるだろう。

・Won’t Get Fooled Again
この曲も外せないよね。
後半のシンセソロで手拍子するのがファンのお約束。

・Relay
穴曲その2。
現在BOXセットか微妙な編集盤でしか入手できないが、
近年ライブではよく演奏される。
通ぶるならこの曲だぜ!

・Pure and Easy
ファンなら知って当然的な曲。
この曲は是非とも生で聴いてみたい。

・The Real Me
これは盛り上がるぞ。
大好きだから是非やってほしい。

・5´15
途中のベースソロは無いんですかそうですか。

・Love Reign O’er Me
冒頭のシンセを聴くだけでエディ・ヴェダー氏も昇天。

・Who are You
もう彼らのテーマ曲だよね。
ふっふ、ふっふ。

・You Better You Bet
80年代代表。

・Mike Post Theme
新作代表。
正直ライブが盛り上がるか否かは、
「新作の比率をどれだけ下げるか」によるだろう。

----------

以上、
これはやるんじゃないかという21曲を挙げてみた。
もちろん単独公演なのでもっと曲数は多いだろう。

あの曲もやってほしいなー。
この曲もやってほしいなー。
ライブ行く前ってすごい楽しいよね。

閉じる

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2008/11/11 10:42 】
音楽日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
QUEENの“Somebody To Love”をスイーツ(笑)風に訳してみた
Queen - Somebody To Love(愛にすべてを)


QUEENの“Somebody To Love(愛にすべてを)”という曲がある。
彼ららしいドラマティックな曲なのだが、
実は「私に愛する人を見つけてくれ」
ということを5分もかけて歌ってるだけの他力本願ソングなのだ。

あれ、なんかスイーツ(笑)っぽくね?
というわけで訳してみた。



--------------

Can anybody find me somebody to love?
Each morning I get up I die a little
Can barely stand on my feet
Take a look in the mirror and cry
Lord what youre doing to me
I have spent all my years in believing you
But I just cant get no relief,
Lord!
Somebody, somebody
Can anybody find me somebody to love?

I work hard every day of my life
I work till I ache my bones
At the end I take home my hard earned pay all on my own -
I get down on my knees
And I start to pray
Till the tears run down from my eyes
Lord - somebody - somebody
Can anybody find me - somebody to love?

Everyday - I try and I try and I try -
But everybody wants to put me down
They say Im goin crazy
They say I got a lot of water in my brain
Got no common sense
I got nobody left to believe
Yeah - yeah yeah yeah

Oh lord
Somebody - somebody
Can anybody find me somebody to love?

Got no feel, I got no rhythm
I just keep losing my beat
Im ok, Im alright
Aint gonna face no defeat
I just gotta get out of this prison cell
Someday Im gonna be free, lord!

Find me somebody to love
Can anybody find me somebody to love?

--------------

ねえ、イケメン紹介してくんない?
いつも寝起きサイアク
立つのもフラフラ
鏡に向かって頑張れ私!(涙)
神サマ、私をどうすんの
ずっと信じてきたけど
これからは自立した大人の女性ってわけね!
誰かさぁ、誰かさぁ
私にイケメン紹介してくんない?

思い切って残業☆
骨が痛くなるまで働いてデキる女性を演出!
給料日はがんばった自分へのご褒美に
神サマへお祈りしちゃえ♪
だけど涙が出ちゃう、女の子だもん
神サマ・・・誰かさぁ、誰かさぁ
私にイケメン紹介してくんない?

毎日私は馬車馬ガール☆
小悪魔的待遇な私
みんなに「変わってるね」とか
「頭の中はスイーツで一杯だね」とか言われるけど
自分らしさの演出ってやつかな!
でも誰も信じれないんだ・・・

ああ、神サマ
誰かさぁ、誰かさぁ
私にイケメン紹介してくんない?

マグロって言われるし
スピリチュアルじゃなくなってる
おちこんだりもしたけれど、私はげんきです
女磨きをして
いつか愛されガールになってやるんだ、神サマ!

イケメン見つけてきてよ
誰か私に行けメン紹介してくんない?

--------------


もう意訳ってレベルじゃねぇぞ。
所々スイーツ(笑)とは関係ない部分もあるし。
でも他力本願なオリジナルの世界観を活かせたのではないだろうか。

え、意味不明だって?
洋楽の歌詞って大抵意味不明じゃね?

閉じる

テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

【2008/11/10 16:14 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
ほらすぐそこに
あ、The Whoのライブ来週じゃん。
うわー、どうしよ。
最近フランス・ギャルと平沢進とHELLOWEENばっか聴いてたな。

とりあえず「A QUICK ONE」聴いとこう。
絶対ライブでやらないけどな!
でも好きなんだもん。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2008/11/09 14:22 】
音楽日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
ブログランキング・にほんブログ村へ