FC2ブログ
ニコニコ版「やる夫でThe Who“Bell Boy”」


少し無理のある出来になったような気がする。
選曲も少々マニアックだし。
また怒られそうだ。

次でThe Whoシリーズを終わらせようと思うので、
リクエストの多かったあのアルバムをやってみようと思う。
でもハードル高いんだよなアレ。

やる夫AAで表現するThe Who“Bell Boy”の歌詞

スポンサーサイト



テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:音楽

【2009/02/27 13:01 】
洋楽翻訳 | コメント(1) | トラックバック(0)

承認待ちコメント by -


コメントを閉じる▲
やる夫AAで表現するThe Who“Bell Boy”の歌詞
The Who - Bell Boy





名盤「四重人格」からの選曲。
この歌はテンションが高くて好き。
この曲に限らず盛り上がる曲が多いので好きなアルバムだ。
映画もいいよね!




----------
The beach is a place where a man can feel
He's the only soul in the world that's real,
Well I see a face coming through the haze,
I remember him from those crazy days.

Ain't you the guy who used to set the paces
Riding up in front of a hundred faces,
I don't suppose you would remember me,
But I used to follow you back in '63.

I've got a good job
And I'm newly born.
You should see me dressed up in my uniform.
I work in hotel, all gilt and flash.
Remember the gaff where the doors we smashed?

Bell Boy! I got to get running now.
Bell Boy! Keep my lip buttoned down.
Bell Boy! Carry this baggage out.
Bell Boy! Always running at someone's bleedin' heel.
You know how I feel, always running at someone's heel.

Some nights I still sleep on the beach.
Remember when stars were in reach.
I wander in early to work,
Spend my day licking boots for my perks.

The beach is a place where a man can feel
He's the only soul in the world that's real.
Well I see a face coming through the haze,
I remember him from those crazy days.

Ain't you the guy who used to set the paces
Riding up in front of a hundred faces,
I don't suppose you would remember me,
But I used to follow you back in '63.

People often change
But when I look in your eyes,
You could learn a lot from
A life like mine.
The secret to me
Isn't flown like a flag
I carry it behind
This bleedin little badge
What says...

Bell Boy!
I gotta get running now.
Keep my lip buttoned down.
Carry this baggage out.
Always running at someones heel.
You know how I feel, always running at someones heel.

----------












            ___
           /-   -\
        / (●)  (●)\  
        | ::::: (_人_) ::::: |
        (^ヽ__  ̄ _/^)、
          |__ノ  ̄ ̄,  |、)|
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
海辺というのは
自分が世界で唯一の存在だと感じる場所だお









         ___
       /::::::::::::::::\
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\ 
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | 
     \:::::::::   |r┬-|   ,/
    ノ::::::::::::  `ー'´   \

オレは闇から覗く顔を見たんだお
オレはアイツを知ってるお・・・あの狂った日のことを!








    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,  さっさと新刊を出さないか!
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ 彡(○ )    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
  |   (○ ) 彡  |    ,r'        \  出すんだお!
.  |        入,__)  /_,ノ  ,,       ヽ, 
  |.     ゙'ー'´  r  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i 
.  |      ゙ヽ、__ノ  i.   ミミ( ○)    .|
   ヽ、       ノ\. \(_入_ノ      /
  /::ヽ、_   /ノ:::::|   ノ__,,/,____/ 
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|   ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|   |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|

アンタは歴戦の猛者だったじゃないかお








       / ̄ ̄\   今度のコスプレはこれで決まりだな
     .:─、 . ─ 、ヽ.\
    (●)|(● )|─ |         ____
     (__人__)─ ′  |           /      \   はいだお
      { ⌒´     |       /─    ─  \  
    . {         |       / (●)● (●)   \  
      {       /      | /三(__人__)三 \   |
      ヽ___ ノ、      \ヽ  `⌒´     /,/
     / |/\/ l ^ヽ      l━━ (t) ━━━┥
     | |      |  |    |_______ |

群集の前でノリノリだったじゃないかお









            ___
           /-   -\
        / (●)  (●)\   もう昔のことだお
        | ::::: (_人_) ::::: |
        (^ヽ__  ̄ _/^)、
          |__ノ  ̄ ̄,  |、)|
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
オレのことなんか覚えていないかもしれないお









       / ̄ ̄\   親の金で食うメシは美味いな
      /    _ノ  \
      |    ( ⌒)(⌒)            
      |     (__人__)            
     |      `。⌒ソミヾ ゚         
       |       イリ ),丿 ;   
       )      。} )ノ。      
    /⌒ヽ、    ノ'゜(    ∫ 
___|   | \_Y´  丶  ゚
| |   |    |   Y`⌒ヽ、 ; ゜  ∬ 
| |   |    | /゙\,ィ゙i=ョ=ョ=ョ=ョ 
| |    |   〆   /"  \ ____ /  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  └─‐┘ ̄ ̄ ̄

でもオレはあの時

アンタの背中を追っていたんだお!










         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         /::::::::::、::::::::::::::/   て
       ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ 
       ノ//::::/ _ノ  .ヽ、ヽ  | 
       イ /: :从 (●)(●) レレ|
.        |ハ |  (__人__) ./ノ
          イ|   ` ⌒´  ノ 
           ヽ  ._   .ノ 
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

いい仕事見けて俺は生まれ変わったんだ









       彡巛ミ、
も ガ   川-ヘ- ||i
っ イ    |:|i_─, ||||
と ア    ||t''''´||||ト
輝 .が  /V|8、/8|/\
け .俺  ト, | ト゜ooイ / |/|
と に   | ', |, iミ Oミ| ,' .| |
囁     | ト| |三ミ;|/ | |
い    |;ミ||,|,|ー- |// |彡 
て    | || ||-─,|/ /ミ:|
い     | ヽn|ミ三| n/:ミ/
る    \{三}: : : :彡ト∧
      //|: : :::::.. : T  ',
      T~i: : : ::::::::. |二:」
       -t:::: : ::|\::. : : `、
        |ミ: :':::|  }::: : : : }
        ト」 |::|  \ : : : i
        |三:ヽ|  /: : /イ
          ト--: | /:::::/:::|
        `t-'イ {ー´:ノ:|
         ヽ ', ヾ:::::::入
          } ', ` ´ー′
         /≡:}
         ー-

見てくれよ・・・いいだろこの服










;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;,|:..;;.  ..   .....
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;,|:.. ..:,.. . ../|.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   :;,|:: ,  .; /  |  
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      :;,|;; : /....... |  
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;         :;,|: .;|;;;;,....  | 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     :::   ;:    ;:|:. .|;;;;,....  | 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  |     ,: ;::;      :  :;:|:.: |;;;;,....  | 
;;;|;;;;;;;;;   |     ,:;     ;:;:   : :;,:|,; .|;;;;; ; __|/
;;;|;;;;      | ;   ;    :      ,;:|;;. |;;;/ /__
;;;|;;;;    o|;;       :;:    ,   ,;:;|;., |;.. /  /
;;;|;;;;      |  ;; :   :    ;; ; ::  ,;:|;;. |,/.__/
;;;|;;      |   ::; ;       ;;   :;|,,/;;;;;;;;;...
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
金と名誉のためにこの店で働いてるんだ









      / ̄ ̄\      早く開場せんかい!
    /ノ( _ノ  \           
    | ⌒(( ●)(●)        
    .|     (__人__) /⌒l       
     |     ` ⌒´ノ |`'''|   
    / ⌒ヽ     }  |  |         __________
   /  へ  \   }__/ /             | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
 / / |      ノ   ノ           | | \      / | |
( _ ノ    |      \´       _    | |   \ ノ(  /   | |
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   |
       .|                        __ ノ _| |
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄|_ ̄_o o o__

そういえば一緒に会場のドアを壊したっけ?










         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         /::::::::::、::::::::::::::/   て
       ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ 
       ノ//::::/ _ノ  .ヽ、ヽ  | 
       イ /: :从 (●)(●) レレ|
.        |ハ |  (__人__) ./ノ
          イ|   ` ⌒´  ノ 
           ヽ  ._   .ノ 
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

指名が来た









         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         /::::::::::、::::::::::::::/   て
       ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ 
       ノ//::::/ _ノ  .ヽ、ヽ  | 
       イ /: :从 (●)(●) レレ|
.        |ハ |  (__人__) ./ノ
          イ|   ` ⌒´  ノ   
           ヽ  ._   .}     
            ヽ_/ } . ノ     
            /、 〈  く
           ハ ヽ Y`ー.、i
           { ヽ_ゾノ-‐1
           `¨´┬' . |

無駄話はこれで終わりだ









            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         /::::::::::、::::::::::::::/   て
       ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ 
       ノ//::::/ シ  .ヽ、ヽ  | 
       イ /: :从 (●)(●) レレ|
.        |ハ |  (__人__) ./ノ   
          イ|   ` ⌒´  ノ。   
           ヽ  .川  .}     
            ヽ_/ } . ノ 
           /⊂  \∩ノ ⊃
          (〆 ⊂ / _ノ | 
          .\ “  /_ /
            \ /__/

営業モードに入るぜ








  / ̄ ̄\                            
/   _ノ  \                             
|    ( ●)(●)                         
.|   ::* (__人__)                            
. |      ` ⌒´ノ           ;シミミヽ               
 |          }      __@_川i                
 ヽ     ノ    /´     `ヾi   
  /    く     /   リリリリリリリ\)    
  | ,、   \    l/:ミ(〇)::::::(〇)彡 
  |    \、..二⊃ l u:::*(__人__)*:: |   
  ! 、,   ,,)⌒ ー-⌒ヽ `ヽ二ノ  /  
  ( (、  (  \  \ \‐--‐イji| !    
  ,ゝ )ゝ ノ >ーノ‐u-J\ \_  ソリ ′  
  し′し´ し ´      `--=⊇      

雌豚共の相手する毎日なんだよ











               / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
            (__人__)      |   
            l` ⌒´    | 
            {         |
            {       /
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i

俺の気持ち分かるだろ・・・










          _______        
        /          \      
      __/             \     
    /.            、    |      
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |       
    l  lヽ      )>       /      
   /    ヽ\   `(__,(○) / /  
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \    
   |     |ヽ、二⌒)、          \ 

いつも誰かの言いなりだ










   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__) 
  |     ` ⌒´ノ 
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

ある晩 海辺で寝ていたんだ











  +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。
               。       。  *。, + 。. o ゚, 
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。
 ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚
。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +.
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  . 
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚ 
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。  
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。    
 .  .     . ,     。       .           . 
      。                 ゚   .         
 , .        .           ,       .     .

あの時 星に手が届きそうだったんだ











.  \
    \
.       \
.       \      _______
          \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|__
   |l  \::      | |    / ̄ ̄\   |、:..  | [], _ .|: [ニ]:
   |l'-,、イ\:   | |  / ノ  \ \ |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)
   |l  ´ヽ,ノ:   | |  |  (○)(○) | ,l、:::     ̄ ̄:::::::::::::
   |l    | :|    | |  |  (__人__) .i  l:::::
   |l.,\\| :|    | ,   |   ` ⌒´  |  ll::::   
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、|l:::: 
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::   
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::  
   |l    | :|    | |             |l::::   
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::   
   |l \\[]:|    | |              |l::::   
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::
   l}ィ::        |  `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::

早い時間に仕事を始めるんだ













            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         /::::::::::、::::::::::::::/   て
       ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ 
       ノ//::::/ シ  .ヽ、ヽ  | 
       イ /: :从 (●)(●) レレ|
.        |ハ |  (__人__) ./ノ   
          イ|   ` ⌒´  ノ。 シャンパンごちになりゃーっす
           ヽ  .川  .}     
            ヽ_/ } . ノ 
           /⊂  \∩ノ ⊃
          (〆 ⊂ / _ノ | 
          .\ “  /_ /
            \ /__/

給料のために媚売る日々だよ











            ___
           /-   -\
        / (●)  (●)\  
        | ::::: (_人_) ::::: |
        (^ヽ__  ̄ _/^)、
          |__ノ  ̄ ̄,  |、)|
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

海辺というのは
自分が世界で唯一の存在だと感じる場所だお











         ___
       /::::::::::::::::\
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\ 
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | 
     \:::::::::   |r┬-|   ,/
    ノ::::::::::::  `ー'´   \

オレは闇から覗く顔を見たんだお
オレはアイツを知ってるお・・・あの狂った日のことを!










              / ̄ ̄\   完売とはどういうことだ!  
     ____   /ノ L \ /\    
   /      \  |  ⌒ ( ●)(●)       
  /  _ノ  ヽ、_ \|     (__人__)   ,∩__  
/ o゚((●)) ((●))゚o|     ` ⌒´ノ   fつuu 
|     (__人__)    |         }.   |   |  
\    ` ⌒´    ヽ.        }___|   |  
 /  ̄\   / ̄ ̄ ̄ .ヽ     ノi     丿 
 |  ヽ、 \/  /(⌒)       ξ) ̄ ̄ ̄
     \ ./  / /         |

アンタは歴戦の猛者だったじゃないかお










           ,-―――‐v 、 今回もキマってるな
         / ̄(K) ̄ ̄\
       ∠ニニニニニニ> |      , vw v、
        ┌―‐i ┌― ┐ \|      ゝ::;;;;;ノ
         |( ●)|-|(●)|― |        |ニ|
         └―‐(└― ┘  |     / ̄ ̄ ̄ \   はいナリ
         (__人__)    |  / ─    ─  .\  
          {` ⌒´     |/  (●)  ( ●)   \
           {       / |      (__人__)     ..|
      ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ..,/_
     / ノ/ ̄ /|` ー ─ '/><  ` ー─ '  ┌、 ヽ  ...ヽ,
    /  L_    \ヽ/- ̄/            _l__( { r-、 .ト
       _,,二)     /,-.        ,⌒ヽ〔― ‐} Ll  | l) )
       >_,フ      / i  l        |   l }二 コ\   Li‐'
    __,,,i‐ノ     l   `ー'         `ー ' └―イ   ヽ |
                l                    i   ヽl

群集の前でノリノリだったじゃないかお











            ___
           /-   -\
        / (●)  (●)\   もう昔のことだお
        | ::::: (_人_) ::::: |
        (^ヽ__  ̄ _/^)、
          |__ノ  ̄ ̄,  |、)|
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

オレのことなんか覚えていないかもしれないお








   本日も自宅に異常はありませんでした!
        __            __
      / ◎ \        / ◎ \  .O―~,
      ヽニニニノ       ヽニニニノ   . || 鬱':|
      |(●) (●)      /(●) (●)\ ||―~'
   /ノ| (__人__) |   /^):::⌒(__人__)⌒:: ヽ
  /^/ .|  `⌒´ |   / / |    `⌒´    |
 (  ' ̄ ヽ   _/ヽ (  ' ̄\      _/
   ̄ ̄| = V // | |   ̄ ̄| = ̄ //  | |
     |   // | |     |   //   | |
    
でもオレはあの時
アンタの背中を追っていたんだお!











         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         /::::::::::、::::::::::::::/   て
       ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ 
       ノ//::::/ _ノ  .ヽ、ヽ  | 
       イ /: :从 (●)(●) レレ|
.        |ハ |  (__人__) ./ノ
          イ|   ` ⌒´  ノ 
           ヽ  ._   .ノ 
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

人間ってのは変わるもんなんだよ










       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \  やらない夫さん・・・
    /  <○>  <○>  \. 
    |    (__人__)    |  
    \    ` ⌒´    / 
    /             \

お前の眼を見ていると









        / ̄ ̄\.
      /      \.........:::::::::::.... .......
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' _ノ.
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.  
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.   
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ  
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/

お前は俺の生き様からたくさんのことを学んだように感じるね












    __ ||      ||
   /   | |_ゝヘ_| |  
  /     \_|| |_/    
  |     / ̄\ヘ,/     
  |    / <_> <||   
  |    |へ――‐ ^>ヘ    
 /  _/ζ  (__人__)::ゝ   若さゆえの過ち・・・
  ̄ |     ` ⌒´ノ        
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ        \
      | ^ ≧|| |  \         \
    /     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、 
     |     \

俺の黒歴史は簡単にはバレないさ









         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         /::::::::::、::::::::::::::/   て
       ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ 
       ノ//::::/ _ノ  .ヽ、ヽ  | 
       イ /: :从 (●)(●) レレ|
.        |ハ |  (__人__) ./ノ
          イ|   ` ⌒´  ノ   
           ヽ  ._   .}     
            ヽ_/ } . ノ     
            /、 〈  く
           ハ ヽ Y`ー.、i
           { ヽ_ゾノ-‐1
           `¨´┬' . |

このクソみたいな格好で隠してるのさ













         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         /::::::::::、::::::::::::::/   て
       ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ 
       ノ//::::/ _ノ  .ヽ、ヽ  | 
       イ /: :从 (●)(●) レレ|
.        |ハ |  (__人__) ./ノ
          イ|   ` ⌒´  ノ 
           ヽ  ._   .ノ 
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

指名が来た









         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         /::::::::::、::::::::::::::/   て
       ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ 
       ノ//::::/ _ノ  .ヽ、ヽ  | 
       イ /: :从 (●)(●) レレ|
.        |ハ |  (__人__) ./ノ
          イ|   ` ⌒´  ノ   
           ヽ  ._   .}     
            ヽ_/ } . ノ     
            /、 〈  く
           ハ ヽ Y`ー.、i
           { ヽ_ゾノ-‐1
           `¨´┬' . |

無駄話はこれで終わりだ









            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         /::::::::::、::::::::::::::/   て
       ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ 
       ノ//::::/ シ  .ヽ、ヽ  | 
       イ /: :从 (●)(●) レレ|
.        |ハ |  (__人__) ./ノ   
          イ|   ` ⌒´  ノ。   
           ヽ  .川  .}     
            ヽ_/ } . ノ 
           /⊂  \∩ノ ⊃
          (〆 ⊂ / _ノ | 
          .\ “  /_ /
            \ /__/

営業モードに入るぜ








  / ̄ ̄\                            
/   _ノ  \                             
|    ( ●)(●)                         
.|   ::* (__人__)                            
. |      ` ⌒´ノ           ;シミミヽ               
 |          }      __@_川i                
 ヽ     ノ    /´     `ヾi   
  /    く     /   リリリリリリリ\)    
  | ,、   \    l/:ミ(〇)::::::(〇)彡 
  |    \、..二⊃ l u:::*(__人__)*:: |   
  ! 、,   ,,)⌒ ー-⌒ヽ `ヽ二ノ  /  
  ( (、  (  \  \ \‐--‐イji| !    
  ,ゝ )ゝ ノ >ーノ‐u-J\ \_  ソリ ′  
  し′し´ し ´      `--=⊇      

雌豚共の相手する毎日なんだよ











               / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
            (__人__)      |   
            l` ⌒´    | 
            {         |
            {       /
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i

俺の気持ち分かるだろ・・・










          _______        
        /          \      
      __/             \     
    /.            、    |      
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |       
    l  lヽ      )>       /      
   /    ヽ\   `(__,(○) / /  
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \    
   |     |ヽ、二⌒)、          \ 

いつも誰かの言いなりだ


----------

元モッズ現ホテルボーイの設定を、
元オタク現ホストに変更した。
でも本来の趣旨は損なわれていないと思う。
すげー現実的な歌詞だと改めて感じた。

キース・ムーンがなんともいえない歌い方するんだよなぁ。
あれはあれでいいんだろうな。

閉じる

テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

【2009/02/26 17:55 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
マーボーパスタ
20090222071226
麻婆豆腐をパスタにかけた。
意外と合う。
朝食には向いてないけど。
【2009/02/22 07:12 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
中華料理のリーサルウェポン
20090219.jpg

中国山椒(花椒)を買った。
これを麻婆豆腐に入れるのだ。

以前買った山椒は日本の山椒で、
中華料理に入れるには中国山椒のほうがいいだろうと思ったからだ。
けっこう高かった。

では作った麻婆豆腐に中国山椒を投入。
うーん、香るねぇ!
一気にチャイナ状態に。
すごいぞ中国山椒。
これだから調味料は侮れない。

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

【2009/02/19 15:41 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
貴族のための午後の紅茶
20090217-02.jpg

自家製ロイヤルミルクティー。
ミルクティーとロイヤルミルクティーの違い、
それはロイヤルミルクティーは牛乳のみで淹れた紅茶であること。
ロイヤル(王室)で飲まれるようなゴージャスな紅茶というわけだ。

これをやりたいだけに牛乳を買った。
だって普段牛乳飲まないし。

うーん、濃厚。
ルネッサーンス!

テーマ:ドリンク - ジャンル:グルメ

【2009/02/17 16:17 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
左が右を使う
FC2 トラックバックテーマ:「料理のエピソード」



みなさん料理で包丁使ってますか?
そんなの当たり前だって?
それではどんな包丁を使ってますか?

大抵の包丁は右側に刃紋があります。
それは右利き用であることを示します。
逆に付いていたら左利き用、両方ならどちらの手でも、ということになります。

20090217-01.jpg

そしてこれが僕の愛用の包丁。
8年近く使っています。
ご覧のように右利き用包丁です。
しかし僕は左利き。

今日は左利きの人間が右利き用の包丁を使うお話です。




左利きというのはマイノリティ(少数派)で、
左利き用なんてものもまた少数だ。
だから左利き用の道具の存在を知らないまま
右利きの道具を使い続けることが左利きの人間にはよくある。
代表的なものがハサミと包丁だ。

一人暮らしを始めてからずっと一本の包丁を使い続けてきた。
当時、左利き用包丁の存在など知るはずもなく
家にあった未使用の包丁を持っていった。

左利きが右利き用包丁を使えるのか。
単に切る、という動作なら難なく行える。
その点では使えるといえる。
しかし刃が逆向きなので、細かい作業ができないのだ。

千切り。
細く切れない。
桂剥き。
薄く切れない。
刃が逆向きのため、思うように作業ができない。
べ、別に不器用だからじゃないんだからねっ!

左利き用包丁を買うべきか何度か考えたことがある。
しかし、左利き用包丁は高い。
気軽に買えるものではない。
そもそも左利き包丁を使えるのか自信がないのだ。

左利きが左利き用道具を使えない、というのは奇妙に思えるかもしれない。
しかし僕は左利き用のハサミを使えない。
ずっと右利き用のハサミを使ってきたので、
「左利きが右利き用ハサミを使う方法」を体得してしまったのだ。
(ハサミは本来紙を動かすものだが、僕はハサミを動かす)
右利き社会の弊害というべきか、
僕は左手で右利き用ハサミを使い続けている。

だから左利き用包丁を買ったところで、
それを僕が使えるのか自信がないのだ。
もしかしたらハサミと同様に、
「左利きが右利き用包丁を使う方法」を体得しているのかもしれない。
そんなこんなで8年間右利き用包丁を使い続けている。

今日もまた、
必要以上に皮を剥かれ、太く切られた野菜たちに囲まれて料理をする。
綺麗に切れなくてもいいじゃないか、
それが男の料理ってもんだ。
あ、でも左利き用包丁使ってみたいな。

閉じる

テーマ:キッチン雑貨 - ジャンル:ライフ

【2009/02/17 12:24 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
超・買出し
車があると買い物にも便利。
今までは自転車のかご一杯に食料品乗せて坂をこいでいた。
しかしこれからはそんな辛い思いはしなくていいんだ。

というわけで買う量が増えた。
以前はスーパーの袋2つ分だったのだが、
今日はなんと4つ分。
8040円也。
一人暮らしでこれは買いすぎたかな?

買い物も一段と楽しくなるね。
未だに駐車上手くいかないけど!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2009/02/15 19:36 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
紙降臨
車を貰った。
タダで!!

貰ったのはパジェロミニ。
年季の入った車だが、
ペーパードライバーの僕には丁度いい。

保険にも入ったことだし乗るか!
ってことで昨日初走行。
処女航海ってヤツかな!

今日の課題は駐車。
特にバックでの駐車だ。
卒検にてバックで縁石に乗り上げて一発不合格を決めた僕は、
なんとしても慣れなければいけないわけだ。



手ごろな店を見つけ、いざ駐車。
まずは駐車場に設置されている入場ゲートの通過。

しかし・・・駐車券まで遠くて届かないっ・・・!
初心者にありがちなミス・・・それを自分が・・・!
取ろうと身を乗り出したら・・・車が勝手に・・・さすがオートマ・・・!

自分の失敗をカイジ風に表現してみた。
失敗はそれだけで駐車は一発でできたよ!
帰宅時の駐車も少々時間がかかったものの成功。



いやぁ車っていいね。
外は雨のち雪だったけどぜんぜん寒くないんだから。
これが単車だったら地獄のツーリングだ。

さらばZEPHYR、君のことは忘れないよ。
べ、別に廃車にしたからって一生乗らないわけじゃないんだからね///

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2009/02/12 17:48 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
ここにもテイラー
NHKBSでデュラン・デュランやってる!
“The Reflex”くらいしか知らないけど、つい観てしまう。

ところで、
イギリスの有名ロックバンドに所属する
ロジャー・テイラーという名前のドラマー

を聞いて何人がQUEENじゃなくてデュラン・デュランを想像するのだろうか。

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

【2009/02/12 16:53 】
音楽日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ニコニコ版「遊戯王で“Behind Blue Eyes”」


“Relay”のニコニコ版を作ったものの、微妙な出来だったのでお蔵入り。
代わりに作ったのがこれ。
遊戯王知らないと分からないのが難点だが、
僕も知らないので大丈夫!

遊戯王AAで表現するThe Who“Behind Blue Eyes”の歌詞

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:音楽

【2009/02/05 00:21 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
遊戯王AAで表現するThe Who“Behind Blue Eyes”の歌詞
The Who - Behind Blue Eyes


デュエリストにとってブルーアイズといえばあのカードみたいだが、
The Whoファンにとってブルーアイズといえばこの曲だ。

リクエストにもあったのでやってみた。
タイトルだけで内容が分かるのってどうなんだろうね!




----------
No one knows what it's like to be the bad man
To be the sad man behind blue eyes
No one knows what it's like
To be hated, to be fated to telling only lies

But my dreams, they aren't as empty
As my conscience seems to be
I have hours, only lonely
My love is vengeance that's never free

No one knows what it's like
To feel these feelings like I do and I blame you!
No one bites back as hard on their anger
None of my pain and woe can show through

But my dreams, they aren't as empty
As my conscience seems to be
I have hours only lonely
My love is vengeance, that's never free

When my fist clenches, crack it open
Before I use it and lose my cool
When I smile, tell me some bad news
Before I laugh and act like a fool

And If I swallow anything evil
Put your finger down my throat
And If I shiver, please give me a blanket
Keep me warm, let me wear your coat

No one knows what it's like to be the bad man
To be the sad man behind blue eyes

----------













              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   ! 
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !    
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│ 
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | |   
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、  
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

誰も知らないだろう

悪人と呼ばれ

悲しい男と呼ばれ









                ,、-‐'/
             , ''": , '       , -、     λ
           .,、‐' ::::::  /     _,、‐''" :::/ー ,   | ,
         / ::  :::: / , -‐''"  ,::::::::/  /、  |.::.|
        / .   :::,、‐'''"  .......::::::::::::/'':/.. .,ヽ .|.:::.|
       , .:   ,、‐'"........::::::::::::::::  _,∠ -'"::,、ィヘ、-‐,:::.|
.      / .::  , ‐' ..:::,-、―- 、,、-‐'''"´''''ニ=―''''' "´// .::|
     / .::: / .::::::::ムィノフ///‐'''" ̄  ,-‐''"、‐'く//  .|
.    / .: , ' ..:::::: ://―'/‐-、'´      ー―‐`ニ=‐  |
    /  / / ̄ フ/ ,、-‐v'V'" )      =ニ二`ヽ  | .|
   /  .,  i~´_,、-‐''ト'`´∠テ' / ̄、 ̄ ̄ ̄ヽ=‐ヽヽ | l
   .l  l_,, ンv V`´. | .NV/ /..._,、-     |ニニl | | ,
   l   ーY´   :::::_|ヽソ/‐''"     /、 ノー―l | //
  l   :::::::  :::::::::::::lソ/       .///ト----| |//
  |   ::::: ..  ::::/   '´`''‐、__,、-‐ /'  人___/.//‐ニl、
  |  :::: /|  , '| /:::::_   ノ,-‐‐ 、  /:_/ー-- /.//7ヽ .ト、
  |  ::: / / / // ̄ フ`T ̄|  ...:::| |/ `ー--./ l./| .l:::::|/! |
  | .: / / / レ ,-''"`)ノヽ.ノ ..:::::::ノ |::、ヽ-- /ィヽ | l:::: ./!/ノ
  |  / / / ,--/ >/'''ヽニ=、-‐'"::::: ヽ::ー/ レ'´|..::/ レ
  | , .レ /  | /´ / /フ´)/::::::::::::: ヽ イヽ' ̄  ヽ'
  | ,   /)  !'  }| l./ /(:: ,,、 -/  /:: ,-''" ̄
  | |  .Hノ  ::::::::|.レ .レ _,,、-‐'''" /.. _,、/__,-、
  | /   H  ::::::ノT''''フー''-‐'' |  ./:::::/..    ヽ
  レ   y'  :::,ィ´ ーイ ̄ /|_ィ' ::/:::::::::::::::..../
  , ヘ>へ\/ 人tt--フー‐'"  __ フ 7フヽー‐''
..// ̄)-、 ) /`'''ー''"  ,、‐ィ´ / /ミ/´ __
/, フ// ,-イ- /     .∠ -<_ヽ'  <´ヽTヽヽ
  レ  レ ー''"           `ー‐---' ー'~

ブルーアイズの後ろにいた男のことなんて










              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   ! 
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !    
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│ 
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | |   
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、  
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

誰も知らないだろう









!                                     ゝ
. |                                     
..l                                   |    
.!   |                          !、  l、.\ 
|   │                  \  \    ヽ、 .l、 \
|   .|    .|              ヽ、  `‐.、_ `‐.、  \  l、 
|  │    .|     |   l | ヽ、  ヽ、_   `ヽ、`‐.、 \ l、!、
! .   |  |  .| .| ! l  |  | | .! |::`:‐- 、. 二ニ=-`.‐\ \.\ l
.|   |.  | l |  | l .lヽ、l、 l、l. |. l::::;;∠ -‐''"´./\ヽ /^ヽ`‐、
. l、 .│.│| .l  | l..|二\! l、| |. |´|   i'⌒(/::::::::| l //ヘ |ヽ、.
. l、 l. l. |. |. |l  l. l |ヽ ( (>、i |、i、.!  ̄ ̄ ̄ ::::::::|.l//`ヽ, l  
  l、.| . l.|ヽl. |\ !、ll i-‐'" \| \:\       ::::::|/ ´‐ヽ/  |
.   l.|   l. ヽ! \!.| l::::::             :::::|!) > / |  | .l
    |   .!       l  !::  _,.. -‐'"´`ヽ     :::::::!‐-'´|. |  | .|
                !、   l !、-‐' "´~l    ::::::/ .l、 | | ,l |
                ヽ、  l、__ ,ノ ._  ::::/    l、| .| l .!
                  ヽ、. ` ─''"  .| |`` ‐-.、.__    l | | | l 
                   ヽ、      |(|     ``‐-、.l | | l .l
                 _ヽ、__,. ‐i´| |   |\
                | |` ‐- 、._|.|(|    .|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 |(|    __|_|    | 俺のことを
                  | |   ヽ   ̄  | 凡骨とか
                   |(|     |       |  いいやがって!
                 _|_|    |      \______

人からは憎まれ

運命には弄ばれ










           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /   
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /    
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'    
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l  
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/ ずっと俺のターン!
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::

嘘しかつくことができなかった男のことなんて










           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /   
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /    
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'    
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l  
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/ 海馬ランド建設中!
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::

だが俺の夢は決して空っぽなんかじゃない









             , -―-、,-―- 、
            /   / i     \    \          
          /  / // |l  i ヽ、 \   /  力  ス  ふ
         //  i i //  |l  |  ヽ、ヽヽ、/    ッ  ゴ  は
        ///  l  l{l   |ト、ヽ、  i  i ヽ    コ  イ   は
       /// / | /__ヾ、  リヾ_ヾ、! | | | 〉   イ  ぞ   は
       ヽ{i| | ||/ r‐ュヾ、_ヽr‐ュヽ //-、l /    イ  ┃   ┃
        ヾ r-ハ! ̄ ̄ く r  ̄ ̄ イi〉i// \   ぞ  ┃   ┃
         ヽヽ i   r===┐   |_/i/ /   ┃  ┃   ┃
          \ゞ  |, -‐‐-,,|   ,イ|l | /     ┃      
            ',ilヽ、ヽ、__/  / | i |  ヽ、  //      
             | l ト、 ー  / || |    \ ・・     /
             ヾ|- ゝ┬イ-‐‐‐|/      \    /
             _|::::::::::||::::::::::::::::|_       \/

たとえ俺の良心が空っぽだったとしても









             , -―-、,-―- 、
            /   / i     \    \          
          /  / // |l  i ヽ、 \   /  デ  オ   だ
         //  i i //  |l  |  ヽ、ヽヽ、/    ュ  レ  れ
        ///  l  l{l   |ト、ヽ、  i  i ヽ    エ  と   か
       /// / | /__ヾ、  リヾ_ヾ、! | | | 〉   ル  ┃   ┃
       ヽ{i| | ||/ r‐ュヾ、_ヽr‐ュヽ //-、l /     し  ┃   ┃
        ヾ r-ハ! ̄ ̄ く r  ̄ ̄ イi〉i// \    て  ┃   ┃
         ヽヽ i   r===┐   |_/i/ /    く  ┃   ┃
          \ゞ  |, -‐‐-,,|   ,イ|l | /     れ      
            ',ilヽ、ヽ、__/  / | i |  ヽ、   //     /
             | l ト、 ー  / || |    \  ・・    /
             ヾ|- ゝ┬イ-‐‐‐|/      \    /
             _|::::::::::||::::::::::::::::|_       \/

寂しいだけの時間を過ごしている









           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
_ .. -―- 、/⌒ヽ,. "              ヽ⌒ヽ-―- .. _
=ァ¨ ̄`  ゝ__ノ                     ヽノ ヽ ―- =
/    /⌒ヽ                    ヽノ   \ 
l   /ト、__,イ                    l  ヽ.    }
l  ,´ ./  / /  / ./           l   | .l .l ヽ,   l
ヽ {  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.∧ /
  ヾ、  l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./  !/
      l、| | l // ///|   l  / / //// / /  /
      l、l | /l///_/ l  ,///_|/_∠| / | /
      /⌒ヽ | \ `ー' ゝl/  / `ー' /|/⌒v'
      | l⌒l l|    ̄ ̄       ̄ ̄  .|/^_l.l   
      ヽゝ(ー| /|////  i〉///// ll ),l'ノ 
       lヽ_ /  |             /_/   
       .l/   |       -─    /   ,ノ!  
      /       |\         //,.-‐'" .|  
      ./   (;;)   |  `丶 、,,_ ,.. '´| /    ,.-─;
     (|   ,.-‐'" ̄ ̄|─────┤ _,.-‐'":::::::::/
     |/    (;;) |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/

俺の愛は決して遂げられることのない復讐のようだ










              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   ! 
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !    
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│ 
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | |   
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、  
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

誰も知らないだろう

俺の気持ちがどんなものかなんて









               ∧
                 / `:、
              /    `:、
     __         /     .`:、      _
     `‐、  ̄``.‐ 、/       ヽ,..-‐'"´ ̄ /
       `:、                     /
.        `:、  ,.l`.|\ .∧ /|ヘ   /
          ,.ゝ_// / ,:ヾ./ 〉〃!.l l._ ∠_
   --=='ニ´二. /.//‐-.〉/' -‐l_‐、_ヽ、 `` ‐- 、._
      <.、 . i´| | |:,.'⌒il/ i⌒ヽ`‐:ニ:三\,.‐'´
.       `‐.、ヽ| | |l. ◎!   l◎ ,l l_ノ  ,`ヾ!
          _,.`ゝ| | |.  ̄  `  ̄ ./ ,.‐'´
        ``‐、i∥!.、.  (_,)  / _,.>
           「!|.l|ヽ`i‐、._.,.‐i',.‐'´||
            _|_|_|__`|──‐|.__||_
       ,! ̄ 「   /:::::::::::::::::::l、  |  ̄.!、
      ./    l   /::::::::::::::::::::::::l、 l     `i、

すべてお前のせいだ










              ,.. -―- 、
            /        `ヽ.
         __,.イ_    、    ,  `ヽ,
       _ヽご二ニ二ヽー- ヾト、/!,イ,._ニ7
.      ヽ二ニ三二≧ ー= 、    _,..、 レ/
       \ー二/,ヘ! !弋tェr ` i´tェァ k'  なんで
         `ヾ i トf| l     .::>   iノ  俺は空気なんだよ!
           `ヾゝ-斗   r==ァ  〃
            >''´1ト、    ̄  /___
           〈   l L._ヽ..__ ィ  //          
          _rヽ  l l    ̄ ̄ i  //        
    _ r-<´   `ヽ`_≦====>-'ノー- 、 _.   
   /  ヽ \ \    //o ̄ ̄´     __ノノー 、 
.  /    ',  `ヽ`_ ー \\____.. -‐''_..ィ ´   ,' ヽ 

誰も自分の怒りを噛み殺すことはできないだろう









           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
_ .. -―- 、/⌒ヽ,. "              ヽ⌒ヽ-―- .. _
=ァ¨ ̄`  ゝ__ノ                     ヽノ ヽ ―- =
/    /⌒ヽ                    ヽノ   \ 
l   /ト、__,イ                    l  ヽ.    }
l  ,´ ./  / /  / ./           l   | .l .l ヽ,   l
ヽ {  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.∧ /
  ヾ、  l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./  !/
      l、| | l // ///|   l  / / //// / /  /
      l、l | /l///_/ l  ,///_|/_∠| / | /
      /⌒ヽ | \ `ー' ゝl/  / `ー' /|/⌒v'
      | l⌒l l|    ̄ ̄       ̄ ̄  .|/^_l.l  な、泣いてなんか 
      ヽゝ(ー| /|////  i〉///// ll ),l'ノ  ないんだからね!
       lヽ_ /  |             /_/   
       .l/   |       -─    /   ,ノ!  
      /       |\         //,.-‐'" .|  
      ./   (;;)   |  `丶 、,,_ ,.. '´| /    ,.-─;
     (|   ,.-‐'" ̄ ̄|─────┤ _,.-‐'":::::::::/
     |/    (;;) |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/

俺は痛みや悲しみを人に見せたりはしない











           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /   
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /    
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'    
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l  
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/ 海馬ランド建設中!
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::

だが俺の夢は決して空っぽなんかじゃない









             , -―-、,-―- 、
            /   / i     \    \          
          /  / // |l  i ヽ、 \   /  力  ス  ふ
         //  i i //  |l  |  ヽ、ヽヽ、/    ッ  ゴ  は
        ///  l  l{l   |ト、ヽ、  i  i ヽ    コ  イ   は
       /// / | /__ヾ、  リヾ_ヾ、! | | | 〉   イ  ぞ   は
       ヽ{i| | ||/ r‐ュヾ、_ヽr‐ュヽ //-、l /    イ  ┃   ┃
        ヾ r-ハ! ̄ ̄ く r  ̄ ̄ イi〉i// \   ぞ  ┃   ┃
         ヽヽ i   r===┐   |_/i/ /   ┃  ┃   ┃
          \ゞ  |, -‐‐-,,|   ,イ|l | /     ┃      
            ',ilヽ、ヽ、__/  / | i |  ヽ、  //      
             | l ト、 ー  / || |    \ ・・     /
             ヾ|- ゝ┬イ-‐‐‐|/      \    /
             _|::::::::::||::::::::::::::::|_       \/

たとえ俺の良心が空っぽだったとしても









             , -―-、,-―- 、
            /   / i     \    \          
          /  / // |l  i ヽ、 \   /  デ  オ   だ
         //  i i //  |l  |  ヽ、ヽヽ、/    ュ  レ  れ
        ///  l  l{l   |ト、ヽ、  i  i ヽ    エ  と   か
       /// / | /__ヾ、  リヾ_ヾ、! | | | 〉   ル  ┃   ┃
       ヽ{i| | ||/ r‐ュヾ、_ヽr‐ュヽ //-、l /     し  ┃   ┃
        ヾ r-ハ! ̄ ̄ く r  ̄ ̄ イi〉i// \    て  ┃   ┃
         ヽヽ i   r===┐   |_/i/ /    く  ┃   ┃
          \ゞ  |, -‐‐-,,|   ,イ|l | /     れ      
            ',ilヽ、ヽ、__/  / | i |  ヽ、   //     /
             | l ト、 ー  / || |    \  ・・    /
             ヾ|- ゝ┬イ-‐‐‐|/      \    /
             _|::::::::::||::::::::::::::::|_       \/

寂しいだけの時間を過ごしている









           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
_ .. -―- 、/⌒ヽ,. "              ヽ⌒ヽ-―- .. _
=ァ¨ ̄`  ゝ__ノ                     ヽノ ヽ ―- =
/    /⌒ヽ                    ヽノ   \ 
l   /ト、__,イ                    l  ヽ.    }
l  ,´ ./  / /  / ./           l   | .l .l ヽ,   l
ヽ {  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.∧ /
  ヾ、  l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./  !/
      l、| | l // ///|   l  / / //// / /  /
      l、l | /l///_/ l  ,///_|/_∠| / | /
      /⌒ヽ | \ `ー' ゝl/  / `ー' /|/⌒v'
      | l⌒l l|    ̄ ̄       ̄ ̄  .|/^_l.l   
      ヽゝ(ー| /|////  i〉///// ll ),l'ノ 
       lヽ_ /  |             /_/   
       .l/   |       -─    /   ,ノ!  
      /       |\         //,.-‐'" .|  
      ./   (;;)   |  `丶 、,,_ ,.. '´| /    ,.-─;
     (|   ,.-‐'" ̄ ̄|─────┤ _,.-‐'":::::::::/
     |/    (;;) |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/

俺の愛は決して遂げられることのない復讐のようだ










ドロー!モンスターカード!!
     *       □_
        +.    | E) *
        _, ._  / /
       _( ゚Д゚)/ .ノ   *
     /     /  +
    ⊂_//   /*     +

俺がこぶしを握っていたら

それをこじ開けてくれ











俺が冷静さを失って殴ってしまわないうちに

俺が笑っていたら
悪い知らせを伝えてくれ
俺が狂喜して馬鹿になってしまわないうちに

もし俺の心に邪心が芽生えたら
お前の手で解き放ってくれ(マインドクラッシュ)

もし俺が震えていたら毛布をかけてくれないか
お前のコートで俺を暖めてくれ

誰も知らないだろう
悪人と呼ばれ
悲しい男と呼ばれ
ブルーアイズの後ろにいた男のことなんて


----------

彼の立ち位置に合っている訳になったんじゃないかと思う。
しかしいい歌詞だねぇ。
歌詞の意味を知らぬまま聴くのは勿体無い。
AAをつけるのも勿体無いのかもしれない。

実は遊戯王知らないんだよね!
友達に逐一聞きながら作ったのだ。
多分あってるはず。

閉じる

テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

【2009/02/05 00:18 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
ブログランキング・にほんブログ村へ