FC2ブログ
ニコニコ版「遊戯王で“Behind Blue Eyes”」


“Relay”のニコニコ版を作ったものの、微妙な出来だったのでお蔵入り。
代わりに作ったのがこれ。
遊戯王知らないと分からないのが難点だが、
僕も知らないので大丈夫!

遊戯王AAで表現するThe Who“Behind Blue Eyes”の歌詞

スポンサーサイト



テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:音楽

【2009/02/05 00:21 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
遊戯王AAで表現するThe Who“Behind Blue Eyes”の歌詞
The Who - Behind Blue Eyes


デュエリストにとってブルーアイズといえばあのカードみたいだが、
The Whoファンにとってブルーアイズといえばこの曲だ。

リクエストにもあったのでやってみた。
タイトルだけで内容が分かるのってどうなんだろうね!




----------
No one knows what it's like to be the bad man
To be the sad man behind blue eyes
No one knows what it's like
To be hated, to be fated to telling only lies

But my dreams, they aren't as empty
As my conscience seems to be
I have hours, only lonely
My love is vengeance that's never free

No one knows what it's like
To feel these feelings like I do and I blame you!
No one bites back as hard on their anger
None of my pain and woe can show through

But my dreams, they aren't as empty
As my conscience seems to be
I have hours only lonely
My love is vengeance, that's never free

When my fist clenches, crack it open
Before I use it and lose my cool
When I smile, tell me some bad news
Before I laugh and act like a fool

And If I swallow anything evil
Put your finger down my throat
And If I shiver, please give me a blanket
Keep me warm, let me wear your coat

No one knows what it's like to be the bad man
To be the sad man behind blue eyes

----------













              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   ! 
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !    
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│ 
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | |   
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、  
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

誰も知らないだろう

悪人と呼ばれ

悲しい男と呼ばれ









                ,、-‐'/
             , ''": , '       , -、     λ
           .,、‐' ::::::  /     _,、‐''" :::/ー ,   | ,
         / ::  :::: / , -‐''"  ,::::::::/  /、  |.::.|
        / .   :::,、‐'''"  .......::::::::::::/'':/.. .,ヽ .|.:::.|
       , .:   ,、‐'"........::::::::::::::::  _,∠ -'"::,、ィヘ、-‐,:::.|
.      / .::  , ‐' ..:::,-、―- 、,、-‐'''"´''''ニ=―''''' "´// .::|
     / .::: / .::::::::ムィノフ///‐'''" ̄  ,-‐''"、‐'く//  .|
.    / .: , ' ..:::::: ://―'/‐-、'´      ー―‐`ニ=‐  |
    /  / / ̄ フ/ ,、-‐v'V'" )      =ニ二`ヽ  | .|
   /  .,  i~´_,、-‐''ト'`´∠テ' / ̄、 ̄ ̄ ̄ヽ=‐ヽヽ | l
   .l  l_,, ンv V`´. | .NV/ /..._,、-     |ニニl | | ,
   l   ーY´   :::::_|ヽソ/‐''"     /、 ノー―l | //
  l   :::::::  :::::::::::::lソ/       .///ト----| |//
  |   ::::: ..  ::::/   '´`''‐、__,、-‐ /'  人___/.//‐ニl、
  |  :::: /|  , '| /:::::_   ノ,-‐‐ 、  /:_/ー-- /.//7ヽ .ト、
  |  ::: / / / // ̄ フ`T ̄|  ...:::| |/ `ー--./ l./| .l:::::|/! |
  | .: / / / レ ,-''"`)ノヽ.ノ ..:::::::ノ |::、ヽ-- /ィヽ | l:::: ./!/ノ
  |  / / / ,--/ >/'''ヽニ=、-‐'"::::: ヽ::ー/ レ'´|..::/ レ
  | , .レ /  | /´ / /フ´)/::::::::::::: ヽ イヽ' ̄  ヽ'
  | ,   /)  !'  }| l./ /(:: ,,、 -/  /:: ,-''" ̄
  | |  .Hノ  ::::::::|.レ .レ _,,、-‐'''" /.. _,、/__,-、
  | /   H  ::::::ノT''''フー''-‐'' |  ./:::::/..    ヽ
  レ   y'  :::,ィ´ ーイ ̄ /|_ィ' ::/:::::::::::::::..../
  , ヘ>へ\/ 人tt--フー‐'"  __ フ 7フヽー‐''
..// ̄)-、 ) /`'''ー''"  ,、‐ィ´ / /ミ/´ __
/, フ// ,-イ- /     .∠ -<_ヽ'  <´ヽTヽヽ
  レ  レ ー''"           `ー‐---' ー'~

ブルーアイズの後ろにいた男のことなんて










              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   ! 
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !    
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│ 
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | |   
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、  
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

誰も知らないだろう









!                                     ゝ
. |                                     
..l                                   |    
.!   |                          !、  l、.\ 
|   │                  \  \    ヽ、 .l、 \
|   .|    .|              ヽ、  `‐.、_ `‐.、  \  l、 
|  │    .|     |   l | ヽ、  ヽ、_   `ヽ、`‐.、 \ l、!、
! .   |  |  .| .| ! l  |  | | .! |::`:‐- 、. 二ニ=-`.‐\ \.\ l
.|   |.  | l |  | l .lヽ、l、 l、l. |. l::::;;∠ -‐''"´./\ヽ /^ヽ`‐、
. l、 .│.│| .l  | l..|二\! l、| |. |´|   i'⌒(/::::::::| l //ヘ |ヽ、.
. l、 l. l. |. |. |l  l. l |ヽ ( (>、i |、i、.!  ̄ ̄ ̄ ::::::::|.l//`ヽ, l  
  l、.| . l.|ヽl. |\ !、ll i-‐'" \| \:\       ::::::|/ ´‐ヽ/  |
.   l.|   l. ヽ! \!.| l::::::             :::::|!) > / |  | .l
    |   .!       l  !::  _,.. -‐'"´`ヽ     :::::::!‐-'´|. |  | .|
                !、   l !、-‐' "´~l    ::::::/ .l、 | | ,l |
                ヽ、  l、__ ,ノ ._  ::::/    l、| .| l .!
                  ヽ、. ` ─''"  .| |`` ‐-.、.__    l | | | l 
                   ヽ、      |(|     ``‐-、.l | | l .l
                 _ヽ、__,. ‐i´| |   |\
                | |` ‐- 、._|.|(|    .|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 |(|    __|_|    | 俺のことを
                  | |   ヽ   ̄  | 凡骨とか
                   |(|     |       |  いいやがって!
                 _|_|    |      \______

人からは憎まれ

運命には弄ばれ










           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /   
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /    
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'    
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l  
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/ ずっと俺のターン!
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::

嘘しかつくことができなかった男のことなんて










           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /   
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /    
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'    
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l  
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/ 海馬ランド建設中!
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::

だが俺の夢は決して空っぽなんかじゃない









             , -―-、,-―- 、
            /   / i     \    \          
          /  / // |l  i ヽ、 \   /  力  ス  ふ
         //  i i //  |l  |  ヽ、ヽヽ、/    ッ  ゴ  は
        ///  l  l{l   |ト、ヽ、  i  i ヽ    コ  イ   は
       /// / | /__ヾ、  リヾ_ヾ、! | | | 〉   イ  ぞ   は
       ヽ{i| | ||/ r‐ュヾ、_ヽr‐ュヽ //-、l /    イ  ┃   ┃
        ヾ r-ハ! ̄ ̄ く r  ̄ ̄ イi〉i// \   ぞ  ┃   ┃
         ヽヽ i   r===┐   |_/i/ /   ┃  ┃   ┃
          \ゞ  |, -‐‐-,,|   ,イ|l | /     ┃      
            ',ilヽ、ヽ、__/  / | i |  ヽ、  //      
             | l ト、 ー  / || |    \ ・・     /
             ヾ|- ゝ┬イ-‐‐‐|/      \    /
             _|::::::::::||::::::::::::::::|_       \/

たとえ俺の良心が空っぽだったとしても









             , -―-、,-―- 、
            /   / i     \    \          
          /  / // |l  i ヽ、 \   /  デ  オ   だ
         //  i i //  |l  |  ヽ、ヽヽ、/    ュ  レ  れ
        ///  l  l{l   |ト、ヽ、  i  i ヽ    エ  と   か
       /// / | /__ヾ、  リヾ_ヾ、! | | | 〉   ル  ┃   ┃
       ヽ{i| | ||/ r‐ュヾ、_ヽr‐ュヽ //-、l /     し  ┃   ┃
        ヾ r-ハ! ̄ ̄ く r  ̄ ̄ イi〉i// \    て  ┃   ┃
         ヽヽ i   r===┐   |_/i/ /    く  ┃   ┃
          \ゞ  |, -‐‐-,,|   ,イ|l | /     れ      
            ',ilヽ、ヽ、__/  / | i |  ヽ、   //     /
             | l ト、 ー  / || |    \  ・・    /
             ヾ|- ゝ┬イ-‐‐‐|/      \    /
             _|::::::::::||::::::::::::::::|_       \/

寂しいだけの時間を過ごしている









           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
_ .. -―- 、/⌒ヽ,. "              ヽ⌒ヽ-―- .. _
=ァ¨ ̄`  ゝ__ノ                     ヽノ ヽ ―- =
/    /⌒ヽ                    ヽノ   \ 
l   /ト、__,イ                    l  ヽ.    }
l  ,´ ./  / /  / ./           l   | .l .l ヽ,   l
ヽ {  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.∧ /
  ヾ、  l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./  !/
      l、| | l // ///|   l  / / //// / /  /
      l、l | /l///_/ l  ,///_|/_∠| / | /
      /⌒ヽ | \ `ー' ゝl/  / `ー' /|/⌒v'
      | l⌒l l|    ̄ ̄       ̄ ̄  .|/^_l.l   
      ヽゝ(ー| /|////  i〉///// ll ),l'ノ 
       lヽ_ /  |             /_/   
       .l/   |       -─    /   ,ノ!  
      /       |\         //,.-‐'" .|  
      ./   (;;)   |  `丶 、,,_ ,.. '´| /    ,.-─;
     (|   ,.-‐'" ̄ ̄|─────┤ _,.-‐'":::::::::/
     |/    (;;) |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/

俺の愛は決して遂げられることのない復讐のようだ










              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   ! 
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !    
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│ 
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | |   
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、  
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

誰も知らないだろう

俺の気持ちがどんなものかなんて









               ∧
                 / `:、
              /    `:、
     __         /     .`:、      _
     `‐、  ̄``.‐ 、/       ヽ,..-‐'"´ ̄ /
       `:、                     /
.        `:、  ,.l`.|\ .∧ /|ヘ   /
          ,.ゝ_// / ,:ヾ./ 〉〃!.l l._ ∠_
   --=='ニ´二. /.//‐-.〉/' -‐l_‐、_ヽ、 `` ‐- 、._
      <.、 . i´| | |:,.'⌒il/ i⌒ヽ`‐:ニ:三\,.‐'´
.       `‐.、ヽ| | |l. ◎!   l◎ ,l l_ノ  ,`ヾ!
          _,.`ゝ| | |.  ̄  `  ̄ ./ ,.‐'´
        ``‐、i∥!.、.  (_,)  / _,.>
           「!|.l|ヽ`i‐、._.,.‐i',.‐'´||
            _|_|_|__`|──‐|.__||_
       ,! ̄ 「   /:::::::::::::::::::l、  |  ̄.!、
      ./    l   /::::::::::::::::::::::::l、 l     `i、

すべてお前のせいだ










              ,.. -―- 、
            /        `ヽ.
         __,.イ_    、    ,  `ヽ,
       _ヽご二ニ二ヽー- ヾト、/!,イ,._ニ7
.      ヽ二ニ三二≧ ー= 、    _,..、 レ/
       \ー二/,ヘ! !弋tェr ` i´tェァ k'  なんで
         `ヾ i トf| l     .::>   iノ  俺は空気なんだよ!
           `ヾゝ-斗   r==ァ  〃
            >''´1ト、    ̄  /___
           〈   l L._ヽ..__ ィ  //          
          _rヽ  l l    ̄ ̄ i  //        
    _ r-<´   `ヽ`_≦====>-'ノー- 、 _.   
   /  ヽ \ \    //o ̄ ̄´     __ノノー 、 
.  /    ',  `ヽ`_ ー \\____.. -‐''_..ィ ´   ,' ヽ 

誰も自分の怒りを噛み殺すことはできないだろう









           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
_ .. -―- 、/⌒ヽ,. "              ヽ⌒ヽ-―- .. _
=ァ¨ ̄`  ゝ__ノ                     ヽノ ヽ ―- =
/    /⌒ヽ                    ヽノ   \ 
l   /ト、__,イ                    l  ヽ.    }
l  ,´ ./  / /  / ./           l   | .l .l ヽ,   l
ヽ {  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.∧ /
  ヾ、  l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./  !/
      l、| | l // ///|   l  / / //// / /  /
      l、l | /l///_/ l  ,///_|/_∠| / | /
      /⌒ヽ | \ `ー' ゝl/  / `ー' /|/⌒v'
      | l⌒l l|    ̄ ̄       ̄ ̄  .|/^_l.l  な、泣いてなんか 
      ヽゝ(ー| /|////  i〉///// ll ),l'ノ  ないんだからね!
       lヽ_ /  |             /_/   
       .l/   |       -─    /   ,ノ!  
      /       |\         //,.-‐'" .|  
      ./   (;;)   |  `丶 、,,_ ,.. '´| /    ,.-─;
     (|   ,.-‐'" ̄ ̄|─────┤ _,.-‐'":::::::::/
     |/    (;;) |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/

俺は痛みや悲しみを人に見せたりはしない











           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /   
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /    
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'    
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l  
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/ 海馬ランド建設中!
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::

だが俺の夢は決して空っぽなんかじゃない









             , -―-、,-―- 、
            /   / i     \    \          
          /  / // |l  i ヽ、 \   /  力  ス  ふ
         //  i i //  |l  |  ヽ、ヽヽ、/    ッ  ゴ  は
        ///  l  l{l   |ト、ヽ、  i  i ヽ    コ  イ   は
       /// / | /__ヾ、  リヾ_ヾ、! | | | 〉   イ  ぞ   は
       ヽ{i| | ||/ r‐ュヾ、_ヽr‐ュヽ //-、l /    イ  ┃   ┃
        ヾ r-ハ! ̄ ̄ く r  ̄ ̄ イi〉i// \   ぞ  ┃   ┃
         ヽヽ i   r===┐   |_/i/ /   ┃  ┃   ┃
          \ゞ  |, -‐‐-,,|   ,イ|l | /     ┃      
            ',ilヽ、ヽ、__/  / | i |  ヽ、  //      
             | l ト、 ー  / || |    \ ・・     /
             ヾ|- ゝ┬イ-‐‐‐|/      \    /
             _|::::::::::||::::::::::::::::|_       \/

たとえ俺の良心が空っぽだったとしても









             , -―-、,-―- 、
            /   / i     \    \          
          /  / // |l  i ヽ、 \   /  デ  オ   だ
         //  i i //  |l  |  ヽ、ヽヽ、/    ュ  レ  れ
        ///  l  l{l   |ト、ヽ、  i  i ヽ    エ  と   か
       /// / | /__ヾ、  リヾ_ヾ、! | | | 〉   ル  ┃   ┃
       ヽ{i| | ||/ r‐ュヾ、_ヽr‐ュヽ //-、l /     し  ┃   ┃
        ヾ r-ハ! ̄ ̄ く r  ̄ ̄ イi〉i// \    て  ┃   ┃
         ヽヽ i   r===┐   |_/i/ /    く  ┃   ┃
          \ゞ  |, -‐‐-,,|   ,イ|l | /     れ      
            ',ilヽ、ヽ、__/  / | i |  ヽ、   //     /
             | l ト、 ー  / || |    \  ・・    /
             ヾ|- ゝ┬イ-‐‐‐|/      \    /
             _|::::::::::||::::::::::::::::|_       \/

寂しいだけの時間を過ごしている









           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
_ .. -―- 、/⌒ヽ,. "              ヽ⌒ヽ-―- .. _
=ァ¨ ̄`  ゝ__ノ                     ヽノ ヽ ―- =
/    /⌒ヽ                    ヽノ   \ 
l   /ト、__,イ                    l  ヽ.    }
l  ,´ ./  / /  / ./           l   | .l .l ヽ,   l
ヽ {  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.∧ /
  ヾ、  l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./  !/
      l、| | l // ///|   l  / / //// / /  /
      l、l | /l///_/ l  ,///_|/_∠| / | /
      /⌒ヽ | \ `ー' ゝl/  / `ー' /|/⌒v'
      | l⌒l l|    ̄ ̄       ̄ ̄  .|/^_l.l   
      ヽゝ(ー| /|////  i〉///// ll ),l'ノ 
       lヽ_ /  |             /_/   
       .l/   |       -─    /   ,ノ!  
      /       |\         //,.-‐'" .|  
      ./   (;;)   |  `丶 、,,_ ,.. '´| /    ,.-─;
     (|   ,.-‐'" ̄ ̄|─────┤ _,.-‐'":::::::::/
     |/    (;;) |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/

俺の愛は決して遂げられることのない復讐のようだ










ドロー!モンスターカード!!
     *       □_
        +.    | E) *
        _, ._  / /
       _( ゚Д゚)/ .ノ   *
     /     /  +
    ⊂_//   /*     +

俺がこぶしを握っていたら

それをこじ開けてくれ











俺が冷静さを失って殴ってしまわないうちに

俺が笑っていたら
悪い知らせを伝えてくれ
俺が狂喜して馬鹿になってしまわないうちに

もし俺の心に邪心が芽生えたら
お前の手で解き放ってくれ(マインドクラッシュ)

もし俺が震えていたら毛布をかけてくれないか
お前のコートで俺を暖めてくれ

誰も知らないだろう
悪人と呼ばれ
悲しい男と呼ばれ
ブルーアイズの後ろにいた男のことなんて


----------

彼の立ち位置に合っている訳になったんじゃないかと思う。
しかしいい歌詞だねぇ。
歌詞の意味を知らぬまま聴くのは勿体無い。
AAをつけるのも勿体無いのかもしれない。

実は遊戯王知らないんだよね!
友達に逐一聞きながら作ったのだ。
多分あってるはず。

閉じる

テーマ:洋楽歌詞対訳 - ジャンル:音楽

【2009/02/05 00:18 】
洋楽翻訳 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
ブログランキング・にほんブログ村へ