FC2ブログ
変態兄弟を訳してみよう
いまSparksの歌詞を訳している。
今までで一番難しい。
歌詞が意味不明なのだ。
しかもネイティブが使うような口語ばかり。
受験英語止まりの自分には辛すぎる。

しかしアホで下品で電波な歌詞ばっかりだな。
ますますSparksが好きになっちゃったよ。
あとは高すぎる捨て曲率をどうにかしてくれれば・・・。

スポンサーサイト



テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

【2009/06/30 19:28 】
音楽日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
よーこよーこ
今年のカープは地味に強い。
一方の横浜は一段と弱い。

横浜は第二の故郷(本籍的な意味で)なので、
横浜には頑張って欲しいものだ。
住んだことないけど。

あ、でもカープより上はダメよ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2009/06/27 15:58 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
な、ナンだってーーー!?
作ったチャパティとプーリは4枚ずつ、計8枚。
残ったチャパティとプーリは2枚ずつ、計4枚。
余りまくりだ。
これ以上カレーはきつい。

そこで思いついたのがパスタソース。
冷蔵庫にバジリコ&ガーリックが
トマトベースなのでピザ風になるのではないか。

予想は半分当たった。
確かにピザっぽい。
しかし、どちらかといえば
ピザ味のパン風。
おしい!

味もおしい!

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

【2009/06/25 19:07 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ナンでもないようなことが幸せだったと思う
20090624.jpg

チャパティを作った。
昨日作ったカレー対策である。

ナンではなくチャパティである。
ナンは発酵させて壷に貼りつけて焼くのだが、
チャパティにはそれらは必要ない。
小麦粉と塩と油があればチャパティを作ることができる。
家庭で作るなら断然チャパティだ。

途中まではうどん作りと変わらない。
生地に油をちょっと入れるのがチャパティ。
それを薄く伸ばして油をひかないフライパンで焼けばいい。

チャパティだけでは飽きるので、プーリも作った。
チャパティの生地を油で揚げればいいだけ。

チャパティは煎餅みたいだな。
プーリは食感いいなー。

ここまで本格的に作ってナンだが、
日本のカレーには合わない。
一瞬で飽きる。
インドカレー作るしかないのか。

テーマ:手作りパン - ジャンル:グルメ

【2009/06/25 10:15 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
カレーパスタは許されるべきか
パスタにカレーをかけるとどうなるか。
とても懐かしい味のパスタになる。
いや、スパゲッティと呼ぶべきだ。

子供の頃に食べたカレーのような、
子供の頃に食べたスパゲッティのような、
子供の頃に食べたお子様ランチのような、
とても懐かしい感じ。

なんだろう、
決して美味しいわけではないのだが、
そんなの構わなくなる味。
許される味。

カレーに宇宙を感じた。

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

【2009/06/24 14:05 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
君はもう炊けないのか
愛用の炊飯器の調子が最近悪い。
炊き上がった米に芯が残り、尚且つ水っぽくなってしまう。
水を少なめにして炊くことでこれを回避させているが、
水多目が好きな僕としては不本意である。
うっかり以前の水量にして泣きを見てしまうこともある。
失敗した米は雑炊&炒飯要員として永い眠りにつくことになる。

7年以上使っているのだから仕方の無いことなのだろう。
買い替え時なのかもしれない。
しかし僕はこの炊飯器を変えたくない。

僕は保温された米が大嫌いなので、
米は食事の度に炊くようにしている。
どんなに古くて不味い米でも炊きたてならブランド米を超えると思っている。
だから今の炊飯器のような3合炊きという小ささがいいのだ。

確かに最近の炊飯器は高性能だ。
美味しく炊けるのだろう。
しかし釜が大き過ぎる。
0,5合の米を炊けるのだろうか。

ミニサイズの炊飯器も探せばあるのだろう。
しかしまだこの炊飯器を使えるのであれば使っていきたい。



よし、二回目は失敗しなかった。
ちょっと硬いけどいっか。

テーマ:お米・雑穀・ごはん - ジャンル:グルメ

【2009/06/20 08:55 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
愛と憎しみの目分量
僕はレシピに忠実だ。
それはレシピ通りに作れば味が保障されるだろうという期待からだ。
そして初心者が料理に失敗する理由の多くは目分量にある。
手順や分量の誤差が結果に大きく響く点において、
料理と化学は似たようなものだ。
だからレシピには忠実でなくてはならない。
これが僕のスタンスである。

もちろんレシピで指定された材料が必ずしもあるとは限らない。
そこは代用品を用いたりと対応する。
しかし片手にレシピはある。
さすがに簡単な料理ではレシピぬきでやるが、
頻繁に作る麻婆豆腐ではレシピ頼みだった。

そろそろ麻婆豆腐をレシピ抜きで作ってもいいのではないか。
コピーからオリジナルへと羽ばたいてもいいのではないか。
目分量で、経験で、勘で作ってもいいのではないか。
単に計量が面倒になっただけなのではないか。

様々な想いを胸に抱いて麻婆豆腐をレシピ抜きで作った。
計量スプーン、計量カップ、デジタル計量はかり・・・。
今日はどれも使わない。自分の目で計る。
しかし不安なのでいつも以上に味見する。
その都度調味料を加える。素人が失敗するパターンに突入だ。

出来上がった麻婆豆腐はいつもと違っていた。
不味いのではない。違うのだ。
色も味もいつもと違う。
なんだろう、何が足りなかったのだろう。

まだ僕にレシピ離れは早かったのか。
自炊暦7年でもこの程度。
僕もまだまだ修行が足りないな。
極めたら極めたで困るか。

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

【2009/06/19 18:59 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
僕は小宇宙を感じない
今更ながらQUEENの「The Cosmos Rocks」を聴いた。
いや、 Queen + Paul Rodgersだっけ?
こんなの純粋なQUEEN名義にしたら暴動が起きる、そんな出来。
なんで「May, Taylor and Rodgers」とかにしなかったのかな。
QUEENの名前を出さないと売れないと分かってたんだろうな。
さすがインテリ集団QUEEN。

声はこの際仕方ない。
あのヒゲはもういないんだから。
しかし曲がヘボい。
僕の中でQUEENの作曲レベルは
フレディ>ブライアン≧ジョン>>>(越えられない壁)>>>ロジャー
となっている(80年代以降はロジャーも頑張ったんだけどね)。
そのロジャーが本作では大半の曲を書いている。
頼みのブライアンも劣化が激しい。
聴ける曲が1曲も無い。

音にもガッカリ。
普通のロックになっている。
「あの」QUEENの音じゃないのだ。大仰じゃないのだ。
お菓子に例えるならデコレーションケーキのような濃厚さが
QUEENの魅力なのに(ただし過剰摂取は胃もたれ必至)、
それが無くなっているのだ。
“No One But You”ではまだQUEENらしさが残っていたのに。

フレディがいないのだからQUEENらしい音に出来ないのは当然、
そう思う人は結構いると思う。
確かにフレディの影響も強いだろう。
しかしQUEENの前身バンドSMILEから既に
「あの」QUEENサウンドの原型はあったのだ。
SMILEから在籍しているのはブライアンとロジャー。
今QUEENに残っているのはブライアンとロジャー。
このアルバムでもQUEENらしい音にするのは難しくなかったはず。

あえてQUEENらしい音にしなかったのだろうか。
しかしそれならQUEENの名前で売らないはず。
今の面子で新しいことをやりたかったのだろうか。
しかしファンが求めているのは「あの頃の」QUEEN。
確かにQUEENらしくなかったとしても質が伴えばいいだけのこと。
だが「The Cosmos Rocks」は良質とはいえない。

これはQUEENのアルバムとしては駄作中の駄作だ。
あの「Hot Space」にも及ばない。
僕が一番嫌いな「A Kind Of Magic」のほうがまだいい。
18曲中、歌入りが2曲しかない「Flash Gordon」のほうがまだ聴き所がある。

あ、ポール・ロジャースのアルバムと考えればいいのか!
そう考えると今までの疑問も全て解消される。
QUEENのアルバムじゃないなら仕方ないな。
でもそれじゃ売れそうにないからQUEEN名義に。
伊達にロケット研究してた頭脳じゃないね。

この際、SMILEを再結成させたほうがいい気がする。
まだ需要はあるだろ。多分。
どうせジョンは復帰しないんだし、
空いたベースは暇そうなティムさん(元SMILE)を呼べばいい。
ついでだからボーカルはヒゲで高音もバッチリな桜井さんにしよう。
ギターも一人じゃ寂しいから同じ貴族風キャラのたかみーも入れとこう。
あとMC&メガネ要員として坂崎くんも追加。
あれ、これってTHE ALFEEじゃね?
アルフィーいいよね。



SMILE - Earth


テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

【2009/06/18 11:25 】
音楽日記 | コメント(4) | トラックバック(0)

by みのむし

The Cosmos Rocksは表題になった曲のみ試聴してみましたが、
個人的にはQueenぽくないけどいい感じだなと思いました。
フレディが生きていたころのレベルを追おうとせず、かなり方向性を
変えて頑張ってるな~という印象です。
筋金入りのQueenファンの親は『こりゃもうQueenじゃなくてSmileだね』
と言ってました。そしてこのアルバムは買わないとも。

親の意見もなんとなくわかる(『Queenじゃない』という点に関して)
んですが、それでも長年Queenファンを続けてきてFlash Gordonや
Hot Spaceを買っちゃう寛容さがあるのに、どうしてCosmos Rocksは
ダメなんだろうかという疑問が浮かびました。

今度こっそりCheap Trickの新譜と一緒に買ってきて、通して聴いて
みようかと思います。アルバム全体で聴くとまた印象が違ってくると
思うので…大半がロジャー作曲というのも密かに気になってます。

by 順之助

それまでのQUEENのアルバムは、
どんなに評価が低くても名曲と呼ばれる曲が最低1曲ありました。
しかし「The Cosmos Rocks」には突出した曲がなく、
悪くはないものの平凡すぎる曲ばかりという印象でした。
「Hot Space」や「Flash Gordon」にはあって、
「The Cosmos Rocks」に無いものはこれだと思います。

僕はQUEENとThe Whoが同じくらい好きなのですが、
The Whoの新作「Enldess Wire」を聴いて
『まだここまでできるのか』と感じましたが、
「The Cosmos Rocks」を聴いて
『もうこの程度しかできないのか』と感じました。
どちらもオリジナルメンバーが2人しか残っておらず、
全盛期は遥か昔に過ぎているのにこの違いは何なのか。
やはり「The Cosmos Rocks」が没個性だからだと思いました。

by みのむし

平凡すぎる曲ばかりという印象は確かにそうかも
と思いなおしました。『Queenぽくないな』と感じた
のはそのせいかも。フレディの居た頃と比べると、
あの露悪的ともいえるギラギラ感や狂気がない。

その辺りがちょっと物足りなかったのですが、そもそも
曲の方向性がフレディの居た頃と全く異なっていて、
これまで自分があまり聴いてこなかったジャンルに
踏み込んでいるので巧く印象の違いや比較を言い
表すことができません。

by 順之助

1曲でもこのアルバムに
有無を言わせぬ出来の曲があればよかったんですけどね。
仰るとおり、QUEENの魅力であった音楽に対する
ある種の「狂気」が感じられないのも
この作品が平凡になってしまった理由なのでしょう。

その「狂気」が頂点に達していたのが「Innuendo」とは、
なんだが皮肉なものですね。

コメントを閉じる▲
洋楽の歌詞をAAで表現 The Beatles編


今回はThe Beatles。
洋楽ネタをやるからには避けて通れない存在だ。

今までで一番訳しにくかったかもしれない。
既存の対訳に満足できなかったのが始めたきっかけだが、
The Beatlesともなると既存の対訳のレベルが高い高い。
しかも歌詞の趣旨を理解できない曲も結構あった。
(The Beatlesをあまり好きじゃないというのもあるけど)

しかし非常にくだらない作品になったので満足だ。
次はあの変態兄弟でいってみよう。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:日記

【2009/06/14 20:17 】
洋楽翻訳 | コメント(2) | トラックバック(0)

by みのむし

うp待ってました!こちらの動画で初めて聴いた曲が
かなりあった中で、Eleanor Rigbyの映画が1本作れ
そうな内容と暗澹とした雰囲気に惹かれました。
萩尾望都の『とってもしあわせモトちゃん』でパロディに
ネタが使われているのを見て、前々から気になっていた
曲でしたが、まさかここまで暗いとは。もっとポップ寄り
なのかな、と勝手に想像していたのでこの動画で視聴して
『!!?』となりました。

あとCheap TrickがカヴァーしているMagical Mystery Tour、
カヴァー盤はオリジナルにすごく忠実に演奏してたんだなぁと
改めて感激しました!(初代ガンダムネタで腹筋が割れるかと
思いました)あと、Across the Universeでさりげなくフレディが
出てくるところに愛を感じます。

by 順之助

有名すぎるThe Beatlesですが、
ポップなイメージが先行しているように感じます。
そういう意味も含めて彼らは過大評価されていると思います。
むしろサイケでダークな曲こそ彼らの真骨頂ではないかと。

“Eleanor Rigby”に映画的な世界観を感じられたというのは、
動画を作った自分の予想外とするところでした。
でもそいういう曲だから
映画「Yellow Submarine」に採用されたんでしょうね。

コメントを閉じる▲
レバーが先か、ニラが先か
鶏レバーは安い。
この前100g29円で売っていた。
もちろん買った。
今日はレバニラ炒めだ。

レバーは独特の臭みがあるから敬遠されがちである。
しかしちゃんと下処理をすれば問題ない。
牛乳や米のとぎ汁に漬けるといいらしいが僕は水。
どーせ下味付ける段階で薬味を入れるからだ。
そんなに神経質になることも無いと思う。

さらに鶏レバーのいいところは、
ハツ(心臓)が付いてくるところ。
レバー(肝臓)と違い筋肉の塊なので歯ごたえが良い。
1度で2度オイシイのが鶏レバーの魅力。
ただ、心臓なだけあって
レバー以上に血生臭いのが好みの分かれるところか。

安くて美味しいレバニラ炒め。
家で作ると更に安価でいいね。

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

【2009/06/13 18:07 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
和と洋の戦い
ミートソースがある。
パスタがない。
小麦粉がある。
どうしよう。

そうだ、おやきの具にしてみよう。
そして生まれたミートソースおやき。

味はピザまんに近い。
材料が近いだからだろう。
有りか無しかでいうと・・・有り?

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

【2009/06/09 23:04 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
こうすれば「けいおん!」はもっと面白くなる
ギタリストはギターを叩き折ってアンプに突き刺す
ドラマーはドラムを爆破させて自分も吹き飛ぶ
ベーシストはフェラチオ中に死ぬ
残りのメンバーは空気

テーマ:けいおん! - ジャンル:アニメ・コミック

【2009/06/09 18:00 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
お月様になったとさ
イギリスのテレビ番組が面白い。
モンティ・パイソンなんて最高だ。
そして「Top Gear」という車番組も最高だ。
国営放送とは思えない内容である。

The Whoのドラム、キース・ムーンはいろんな意味で凄い人で
ホテルのプールにロールスロイスを突っ込ませたという伝説がある。
その逸話に感動したOASIS(眉毛)が、
アルバムジャケットでそのシーンを再現したという。
だが「Top Gear」は番組内でそれをやってみせた。



ドリフみたいだって?
ドリフがThe Whoみたいなのさ!
しかし“The Seeker”とは渋いね。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:日記

【2009/06/09 12:46 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
月夜はおよしよ
中島みゆき。
いいですね。
暗い歌詞を怨念の篭った太い声で歌い上げる。
暗いといってもお先真っ暗じゃなくて、
かすかな希望が残されている感じがいい。
ほら、「空と君のあいだに」だって
まだ『僕』が『君』を笑わせられる可能性が残ってるんだし。

「地上の星」や「宙船」といった最近の曲もいいけど、
初期の「やまねこ」や「見返り美人」も最高だ。
この人の曲を聞くと女ってタイヘンだなって思う。



男もタイヘンだけどな!

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

【2009/06/05 21:53 】
音楽日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
サーターアンダギーさー
20090604.jpg

沖縄のドーナツ、サーターアンダギー。
砂糖と小麦粉と卵でできる簡単スイーツ(笑)。
砂糖1/3カップ:小麦粉1カップ:卵1個の比率で混ぜて、
低温の油でじっくり揚げるだけ。
揚げる時間が結構長いということ意外は特に難しいことも無い。

お菓子を買わなくなってどのくらい経つのだろう。
でもたまにカントリーマアム食べたくなるんだけど高いんだよなぁ。
このサーターアンダギーなんて原価いくらなんだよってハナシだ。

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

【2009/06/03 22:00 】
料理日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
ブログランキング・にほんブログ村へ