FC2ブログ
洋楽の歌詞をAAで表現 The Beatles編


今回はThe Beatles。
洋楽ネタをやるからには避けて通れない存在だ。

今までで一番訳しにくかったかもしれない。
既存の対訳に満足できなかったのが始めたきっかけだが、
The Beatlesともなると既存の対訳のレベルが高い高い。
しかも歌詞の趣旨を理解できない曲も結構あった。
(The Beatlesをあまり好きじゃないというのもあるけど)

しかし非常にくだらない作品になったので満足だ。
次はあの変態兄弟でいってみよう。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:日記

【2009/06/14 20:17 】
洋楽翻訳 | コメント(2) | トラックバック(0)

by みのむし

うp待ってました!こちらの動画で初めて聴いた曲が
かなりあった中で、Eleanor Rigbyの映画が1本作れ
そうな内容と暗澹とした雰囲気に惹かれました。
萩尾望都の『とってもしあわせモトちゃん』でパロディに
ネタが使われているのを見て、前々から気になっていた
曲でしたが、まさかここまで暗いとは。もっとポップ寄り
なのかな、と勝手に想像していたのでこの動画で視聴して
『!!?』となりました。

あとCheap TrickがカヴァーしているMagical Mystery Tour、
カヴァー盤はオリジナルにすごく忠実に演奏してたんだなぁと
改めて感激しました!(初代ガンダムネタで腹筋が割れるかと
思いました)あと、Across the Universeでさりげなくフレディが
出てくるところに愛を感じます。

by 順之助

有名すぎるThe Beatlesですが、
ポップなイメージが先行しているように感じます。
そういう意味も含めて彼らは過大評価されていると思います。
むしろサイケでダークな曲こそ彼らの真骨頂ではないかと。

“Eleanor Rigby”に映画的な世界観を感じられたというのは、
動画を作った自分の予想外とするところでした。
でもそいういう曲だから
映画「Yellow Submarine」に採用されたんでしょうね。

コメントを閉じる▲
<<僕は小宇宙を感じない | ホーム | レバーが先か、ニラが先か>>
コメント
うp待ってました!こちらの動画で初めて聴いた曲が
かなりあった中で、Eleanor Rigbyの映画が1本作れ
そうな内容と暗澹とした雰囲気に惹かれました。
萩尾望都の『とってもしあわせモトちゃん』でパロディに
ネタが使われているのを見て、前々から気になっていた
曲でしたが、まさかここまで暗いとは。もっとポップ寄り
なのかな、と勝手に想像していたのでこの動画で視聴して
『!!?』となりました。

あとCheap TrickがカヴァーしているMagical Mystery Tour、
カヴァー盤はオリジナルにすごく忠実に演奏してたんだなぁと
改めて感激しました!(初代ガンダムネタで腹筋が割れるかと
思いました)あと、Across the Universeでさりげなくフレディが
出てくるところに愛を感じます。
【2009/06/23 04:44】
| URL | みのむし #Tipl/IsA[ 編集] |
有名すぎるThe Beatlesですが、
ポップなイメージが先行しているように感じます。
そういう意味も含めて彼らは過大評価されていると思います。
むしろサイケでダークな曲こそ彼らの真骨頂ではないかと。

“Eleanor Rigby”に映画的な世界観を感じられたというのは、
動画を作った自分の予想外とするところでした。
でもそいういう曲だから
映画「Yellow Submarine」に採用されたんでしょうね。
【2009/06/23 09:00】
| URL | 順之助 #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://amazingjourney.blog72.fc2.com/tb.php/310-68defdbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログランキング・にほんブログ村へ