FC2ブログ
ボルトとトランスフォーマー
昨日、映画を観た。
そこで、観た映画の感想を書くぞ。

(ネタバレ部分は隠してるよ!)
連れがCGアニメの「ボルト」を観たがっていたので、それにした。
もしかして劇場でディズニーを観るのは初めてかもしれない。

ボルトという役者の犬が、
劇中の世界が真実で自分もをヒーローだと思い込んでいる、
犬版トゥルーマンショーみたいな感じ。
いや、トゥルーマンショー観たことないんだけど。

海外のCGアニメのデザインが苦手なので慣れるのが大変だった。
あ、でもペニーのマネージャーは
スティングとケント・デリカットを混ぜたような顔で面白かったよ!

「ボルト」はよくできたアニメだと思う。
劇中劇の使い方が面白い。看板とか。
あと、ボルトは自分を無敵のヒーローだと思い込んでいるので、
前半のボルトの言動がいちいちイタいのだ。
「俺に本気を出させるな・・・」とか、
邪気眼バリバリである。
邪気眼犬とやさぐれ猫とオタク鼠という嫌過ぎる一行。
それがある時、自分がただの犬だと気付いた時に・・・。
え、あんま落ちこまないの?
さすがアメリカさん、パネェっす!

ただ、オチがどうも腑に落ちなかった。
偽者のヒーローから本物のヒーローへと変わるクライマックスは、
いかにもアメリカ的でいいんだけど。(スーパーボイスの伏線は上手いよね)
物語の最後、ボルトは飼い主共々役者の仕事を辞めている。
途中降板とか、役者としてどうなんだろう。
現実を受け入れ、役者として成長するものだと思っていたから肩透かし。
自分探し(笑)の結果、普通の犬になることを選んだというわけか。
実は本編よりエンディングの絵の方が好きだった。この絵で作ってくれよ!




「ボルト」を見終えた後、上映スケジュールを観ると
すぐに「トランスフォーマー・リベンジ」が始まることが判明。
観たくなったので二本目に突入。
この前テレビで観た前作が「前半クソ・後半傑作」という
なかなかの出来だったので期待。

僕はコンボイ(オプティマス・プライム)の玩具を持っていたので、
トランスフォーマーには思い入れがある。
だからロボットが出まくる展開は見ていて楽しい。
(だから前作の前半が退屈すぎた)

本作は前作以上に突っ込みどころ満載で楽しめた。
サム(主人公)の両親のシーンなんか明らかに不要だ。
特に母親がアホすぎる。くっだらねぇ。
あとエジプト国境警備兵にチョコレート工場のオッサンがいたり、
ギザのピラミッドが古代兵器だったり、
精鋭のはずの黒人兵士が大事な大事な戦闘でヘマしたりして笑える。


僕は映画を「娯楽性の高さ」で評価しているので、
「トランスフォーマー」はとても良かった。
映画に感動はいらない、メッセージもいらない、ただ楽しければいい。
こんな選び方してるからクソ映画ハンター呼ばわりされてるんだけど。



最近クソ映画に巡り合っていない。
前評判を気にするようになり、守りに入っているからだろう。
大学生の頃は本当にクソ映画ばかり引き当てていた。
「ヴィレッジ」を公開初日で観たときの衝撃は今でも忘れない・・・。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

【2009/08/06 09:01 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<新人さんいらっしゃい | ホーム | 豆腐から茄子へ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://amazingjourney.blog72.fc2.com/tb.php/342-aa3a9469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログランキング・にほんブログ村へ