FC2ブログ
A Night At The Galaxy Express
BS2で「銀河鉄道の夜」のアニメをやっている。
猫アニメのやつだ。
ジョバンニの声がクリリンのやつだ。
音楽がYMOの人のやつだ。

このアニメの最大の突っ込みどころは、
やはり登場人物が猫人間だということだろう。
ネコミミとか生易しいものではない、二足歩行の猫だ。
しかもすべてのキャラが猫人間ではなく、
一部、人間キャラが出ていることも謎だ。
(人間の世界とは違う舞台ということなのだろうか)

しかし、考えてみると、
このアニメは猫人間だったからこそ、
20年以上経った今でも問題なく観ることができるのだ。
80年代のアニメキャラは観ていて辛いものがある。
人間を出さないことにより普遍性を保つことができたわけだ。

僕は宮沢賢治が大好きで、
「銀河鉄道の夜」もお気に入りだ。
この作品にも彼の頭のおかしさが遺憾なく発揮されている。
そんな作品をアニメ化するとは無謀な試みにも思える。
なぜなら、これを観た子供が内容を理解できるとは到底思えないからだ。

なぜ、ジョバンニは銀河鉄道に乗っているのか?
なぜ、カムパネルラは銀河鉄道に乗っているのか?
なぜ、ジョバンニだけ銀河鉄道を降りたのか?
なぜ、カムパネルラは銀河鉄道を降りなかったのか?
なぜ、カムパネルラだけ他の乗客の降りる駅を降りなかったのか?
そもそも、銀河鉄道とは何だったのか?

これらの謎が解けたのは最近のこと。
だが、その「答え」が正しいのか分からない。
果たして、
この映画を観たチビッ子達は「答え」を見つけることができたのだろうか。

「銀河鉄道の夜」は、
とても抽象的で、
とても哲学的で、
とても宗教的な作品だ。

こんな作品を生み出した宮沢賢治は只者ではない。
単なる妹萌えの農業オタクではなかったということだ。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2009/08/13 09:53 】
日記全般 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ガガっとWORKS | ホーム | 西に温泉あれば行き、東にライダーあれば観る>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://amazingjourney.blog72.fc2.com/tb.php/346-36767523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログランキング・にほんブログ村へ