FC2ブログ
ライブ あ ライブ
近年、J-POPアーティストの歌唱力の劣化が指摘されている。
最近でいうと、ELTの持田香織や浜崎あゆみである。
確かにテレビで見たとき、昔と比べて声が出ていないと感じた。
特に高音域は苦しそうだ。

しかし、ライブでレコーディング時の声を完璧に再現、
もしくはそれを超えられる者は何人いるのだろうか。
殆どの歌手はCDと比べて劣化している。
もっちーもあゆも、
もともとライブではそこまで再現できず、
それに老化が加わった結果、
酷く聴こえたのではないだろうか。
もっちーは明らかに喉やられてるけどね。
僕がここまでJ-POPアーティストを擁護するのには理由がある。
海外アーティストのライブも結構ひどいからだ。

高音域を出しまくるメタルバンドのライブは安定しない。
演奏はいいんだけど・・・というライブは非常に多い。
HELLOWEENは今のボーカルに変わってからこの問題が生じている。
僕が行ったライブではちゃんと声が出てたから良かった。

安定しないボーカルなら、フレディ・マーキュリーを忘れてはいけない。
圧倒的なパフォーマンスと特異なビジュアルで不動の地位を築いたが、
彼のライブにおけるボーカルはヤバイ。本当にヤバイ。

まず高音域が出ない。フェイクが多いのだ。
例えば、“We are the champions”の「No time for losers」の
「for losers」の部分だけ1オクターブ下げて歌っている。
つまり「No(↑) time(↑) for(↓) losers(↓)」
よく聴いたらバックでロジャーが高音部分を代わりに歌っている。

次にコーラスがペラッペラ。
これはフレディーだけのせいではないが、
QUEENの魅力であるコーラスの厚さがライブでは再現出来ていない。
レコードとは別物と割り切って聴くしかない。
「Live Killers」を初めて聴いたとき、
あまりのショボさに愕然としたものだ。
別の意味で殺されたので、タイトルに偽りはなかったわけだ。

QUEENは大好きだけど、ライブは聴けたもんじゃない。
観るのは楽しいんだけどね。
酷いボーカルをパフォーマンスで誤魔化していたのかもしれない。

観客を冷や冷やさせるライブをしやがるアーティストは
世界中どこにでもいるものだ。
安心してライブを聴かせてくれる方が少数な気がする。
だから、あゆがああなってても問題ないと思っている。
(実は浜崎あゆみは結構好き。特に“M”が好き)

ちゃんとライブができないってのは大問題なんだけどね!



Queen - We are the champions


↑かなりマシな方。それでもサビが酷い。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2009/12/26 13:12 】
音楽日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<この街とこの車 | ホーム | 10000HIT>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://amazingjourney.blog72.fc2.com/tb.php/469-682d72fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログランキング・にほんブログ村へ